多くの人が悩んでいる「アトピー」という病気は、なんとなくのイメージはあっても病気についての詳しい情報まで網羅している人は限られています。いつ、どのような形でアトピーと関わることになるかわかりません。まずは、アトピーの基本的なことから理解していきましょう。
  1. アトピーとは何か?
  2. アトピーの症状
  3. アトピーの治療
  4. まとめ

アトピーとは何か?

アトピー(アトピー性皮膚炎・アトピー性湿疹)とは、アレルギー反応に関係する症状のうち、皮膚の炎症を伴うものです。大人よりも、赤ちゃんや子供によく見られる症状であり、しかし成長とともに完治することも多い症状でもあります。

アトピーの原因
次にアトピーの原因について解説しますが、実はアトピーの発症原因は未だに明確になっていません。さまざまな要因がアトピーの発症原因であると考えられており、主に以下のような内容です。

  • 食べ物によるアレルギー反応
  • ダニやハウスダストなどによるアレルギー反応
  • ストレスによる影響
  • 皮膚の常在菌による影響
  • 石鹸などによる皮膚のバリア機能低下による影響
  • 乾燥肌
  • 有害な化学物質による影響
  • 遺伝的要因

基本的に、何らかの物質に対するアレルギー反応などの刺激により、皮膚に症状が現れるようになります。中には非常に身近な物が多く、医学に精通していない人では原因物質の特定は難しいです。医療機関で「アレルギーテスト」などの検査を受けることで原因物質を特定する必要があります。

アトピーの臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

アトピーの症状

次に、アトピーの症状について解説します。年齢や季節によって細かい症状は異なりますが、特徴としては「左右対称」に症状が現れることが多いです。小さいお子さんの場合は額や頬など顔の一部に症状が現れることが多いです。

ある程度大きくなったお子さんの場合、どちらかと言えば首周りやひじ、ひざの裏側に症状が現れることが多いです。大人になると、手が届きやすい部位(かきむしってしまうから)に症状が現れやすく、具体的には顔、首、胸や背中など幅広い部位に症状が現れます。

かゆみ
主な症状は「かゆみ」です。病変部にかゆみを伴うので、その部位をかきむしってしまうことが多いです。それにより、後述の症状をもたらす原因になる可能性があります。

肌の乾燥
皮膚の水分量が少なくなり、カサカサとした皮膚になります。

赤く腫れる
発症部位が赤く腫れ上がってしまいます。別の言い方では「紅斑(こうはん)」とも言います。

フケのような物が落ちる
「鱗屑(りんせつ)」と言いますが、「フケ」のようなカサカサとしたものが皮膚から落ちてきます。

びらんが生じる
皮膚の浅い部分に症状が現れると、その部位の皮膚がはがれ落ち、ジクジクとただれた状態になってしまうことがあります。

かさぶた・皮膚が厚くなる
かきむしってしまうと、次第にその部位にかさぶた(痂皮)が生じます。さらに、かきむしることを繰り返してしまうと、その部位が徐々に厚く、硬くなり、ごわごわとした状態になってしまうことがあります。

アトピーの臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

アトピーの治療

最後に、アトピーの治療について解説します。

自然に治ることもある
前述の通り、アトピー性皮膚炎は自然に完治することもあります。小さなお子さんがアトピーを発症した場合、その原因が「肌のバリア機能の成長が不十分」であることに由来している可能性があります。

この場合だと、お子さんが成長するに従って肌のバリア機能も整えられていき、アトピーの原因となる物質に対する十分な対策を持つようになります。これにより、医学的な対策をすることなく、成長に伴って皮膚が頑丈になることでアトピーに打ち克つようになるのです。

薬物療法
アトピー治療の基本となるのは「薬物療法」です。皮膚の湿疹に対してステロイド外用薬や免疫抑制薬、さらにかゆみに対する治療として抗ヒスタミン薬を使用します。重度のアトピーの場合、外用薬だけでなく飲み薬も使用することがあります。

スキンケア
アトピーの治療法としては「スキンケア」も重要なポイントになります。基本的に、皮膚への刺激などの悪影響が認められなければ軽度重度問わず実行されます。内容としては、肌の保湿と、入浴(シャワー含む)による皮膚の清潔の維持を継続します。

環境の整備
アトピーの原因として考えられているものの中には、ハウスダストなどの生活環境に深く関わっているものがあります。また、食事など生活習慣そのものに関係しているものも含まれます。

こうしたアレルギー関連の原因がある場合は、これを生活から取り除かなければアトピーを完治させることは難しいです。医療機関でアレルギーテストを行い、何に対してアレルギー反応を起こしているかを明確にします。何がアレルギー反応を引き起こし、アトピーを悪化させているか理解できたら、それを生活から取り除きます。

まとめ

医療機関のホームページなどでアトピー関連の写真が掲載されていることもあります。そういった写真を目にすると痛々しいと感じるものですが、自分や知人がいつアトピーに関係するようになるかわかりません。

その際に、素早く正しい対応を行うことが、アトピーに対する正しい付き合い方となります。場合によっては完治が難しいこともありますが、根気よく治療を続ければ症状に対して苦しめられる程度も少なく抑えられます。自身や家族、知人がアトピーの症状疑わしいと判断したら、早めに医療機関を受診するようにしてください。

アトピーのセルフチェックに関する詳しい解説はこちら

アトピーとは?アトピー性皮膚炎・アトピー性湿疹に関する基本情報を掲載しています。ハウスダストやアレルギー反応が原因として考えられます。アレルギーテストを受けることで特定することも非常に重要です。
アトピー性皮膚炎・湿疹をセルフチェックするには?危険度をチェックしてみよう!

参考サイト:リンク先
SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
体験談

あなたの体験談を他の患者さんが必要としています。
アトピーとは、アレルギー反応に関係する症状のうち、皮膚の炎症を伴うものです。大人よりも、赤ちゃんや子供によく見られる症状であり、しかし成長とともに完治することも多い症状でもあります。

そんなアトピーで悩んでいる患者さんの為にあなたの体験談を共有しませんか?

SearchMyTrialでは、疾患啓発の活動を通じてより多くの方に疾患の理解を深めて頂く事を目指しています。是非、ご協力ください。

応募フォーム

投稿される内容について
投稿される内容は、SMT側の判断により、一部修正・変更・追加・削除等を行ったうえで利用させていただく場合があります。

投稿にあたってのご注意
・投稿いただく内容は、必ず、投稿者ご本人が体験した内容である事。
・ネットで掲載された内容など(第三者の著作権、その他の知的財産権、プライバシー、名誉その他の権利を侵害するもの)を自分の体験談として投稿し、採用された場合に、第三者から権利侵害等の申し立てがされることがあります。その際には、投稿者の責任で解決頂くこととなりますので、ご注意ください。
・投稿いただいた方の個人情報に関しては、当社個人情報規定に則り、厳重に管理します。

その他
・採用者には、1000円分のアマゾンカードをお支払い致します。その際、氏名、メールアドレス等に不備がございますと、こちらからの連絡作業が行えず、お支払いすることが出来ず、無効になる恐れもありますので、必ずお間違えないようご記載下さい。
・SMTは、投稿いただいた内容を、そのまま、または翻案、変更、改変、加工、追加等を加えたうえで、ホームページに利用致します。採用者の氏名等を表示しないで、イニシャルを使用致します。
・採用の際にはこちらからご連絡致します。一般の選考結果に関するお問い合わせはお受けできませんので、ご了承ください。
・投稿規約に違反していることが判明した場合には、投稿の採用を取り消す場合があります。

Privacy Policy利用規約に同意します。

試験一覧

アトピーに関する臨床試験

0