• 「適度な運動」の効果を高めるには「脳への衝撃」が必要?

    ウォーキングやジョギングによって脳に物理的な軽い衝撃が繰り返されることで、脳の働きが改善する可能性が報告された。国立障害者リハビリテーションセンター病院の澤田泰宏氏らの研究によるもので、「iScience」1月31日オンライン版に掲載された。

    適度な運動は、身体疾患はもちろんアルツハイマー病やうつ状態などの精神疾患の予防にも有効。ただし、運動がなぜ精神面に好影響を及ぼすのかはよく分かっていない。澤田氏らは、運動により生じる脳への適度な物理的衝撃が、運動効果の一部に関与しているとの仮説を立て、以下の実験を行った。

    うつに関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    まず、実験動物(マウス、ラット)を2群に分け、1群には1日に30分間、20m/分の速度で運動させ、もう1群は運動をさせない対照群とした。20m/分という負荷はラットの場合、適度な運動強度であることが先行研究で報告されている。

    これを7日間続け、最後の運動から3時間後に前頭前皮質(大脳の一部)に高用量のセロトニン(脳内の神経伝達物質の1つ)を投与して幻覚を引き起こし、幻覚によって生じる首を振る動作の回数を計測した。すると、運動をさせた群は運動をさせていなかった群に比べて、首振りの回数が有意に少なかった(P=0.027)。

    この実験では運動をさせた群のマウスに加速度計をつけ、頭部にかかる衝撃を計測した。その結果、人間が時速7km程度の軽いジョギングをしているときに頭にかかる衝撃と同レベルの約1Gの力がかかっていることが分かった。

    そこで次に、運動させないマウスに麻酔をかけ、頭部へ上下方向に1Gの力を1秒間に2回、機械的に与えるという実験を行った。前記の実験と同様、1日に30分7日間続けた後セロトニンを投与したところ、対照群よりも首振り回数が有意に少なく(P=0.035)、頭部へ物理的な衝撃をかけたことで運動をしたのと同じような効果が脳にもたらされたと考えられた。

    続いてマウスの脳を解剖したところ、運動をさせていたマウスでは、前頭前皮質の神経細胞でセロトニン2A受容体が、細胞の表面から細胞内へと移動(内在化)し、セロトニンに対する応答性が低下していることがわかった。また、頭部に1Gの力を与えたときのラットの脳の様子をMRIで確認すると、脳内の間質液が1 μm/秒で流動していた。そこでこの状態を、培養細胞を用いた実験で再現したところ、やはりセロトニン2A受容体の内在化が起こった。

    最後に、マウスの前頭前皮質にハイドロゲルを注入して、脳内間質液の流動を阻害するという実験を行った。その結果、頭部に1Gの力を1日30分7日間与えたマウスでも、セロトニン投与後の首振り運動が抑制されず、セロトニンA2受容体の内在化も起きないことが確認された。

    これら一連の結果を踏まえ、研究グループでは「運動がもたらす効果の少なくとも一部には、頭部にかかる適度な衝撃が関与している」とまとめている。またこの知見が将来的には、加齢や下肢の障害のために身体活動を十分行えない人にも健康維持・増進効果をもたらす可能性もあるとしている。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先リンク先2
    HealthDay News 2020年2月25日
    Copyright c 2020 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • 脳内の神経ネットワークで空腹が「最高の調味料」に?

    生きていくために欠かせない本能的な行動の中でも最たるものが、摂食――食事をとること。摂食行動は「味覚」によって支えられていて、栄養が豊富な食物はおいしいと感じ、有害な食物はまずいと感じる。しかも味覚は時と場合によって変化し、特に空腹時と満腹時の差が大きい。

    このような味覚の変化はヒトに限らず動物や昆虫にも認められる。そのメカニズムはよくわかっていなかったが、AgRP神経という神経細胞を起点とするネットワークが調節していることが報告された。大学共同利用機関法人自然科学研究機構生理学研究所の中島健一朗氏の研究によるもので、詳細は「Nature Communications」10月8日オンライン版に掲載された。

    味覚に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    お近くの治験情報を全国から検索できます。

    研究グループではまず、味のついた液体をマウスが何回舐めるかというリックテストと呼ばれる実験を、マウスが通常環境にいる時と絶食させた時に実施。その結果、通常なら舐める回数が減る甘味の薄い液体でも絶食中の空腹時には回数があまり減らないこと、および、通常ならあまり舐めない苦味のある液体でも空腹時にはよく舐めることを確認した。

    次に、神経細胞の活動を光刺激でコントロールするオプトジェネティクスと呼ばれる手法を用いて脳内のAgRP神経を刺激し、満腹のマウスが脳の中では空腹を感じる状態にしたところ、実際に空腹である時と同様に味覚が変化することがわかった。さらに、この変化は外側視床下部という部分につながっているAgRP神経を刺激したときにだけ起こることもわかった。なお、AgRPはアグーチ関連ペプチドの略で、脳内の視床下部弓状核という部位に存在する神経はAgRPを有し食欲を高めるように働く。

    研究グループは上記のほか、AgRP神経の下流にあたる外側視床下部の神経が脳内のさまざまな部位と接続していることに注目し検討を続けた。その結果、不安中枢を抑制すると、空腹時同様に甘味の薄い液体でも舐める回数があまり減らないこと、しかし苦味への反応は変化しないことがわかった。また、嫌悪に関する応答部位を抑制すると、苦味のある液体でも舐める回数があまり減らないものの、甘味への反応は変化しないこともわかった。これらの結果、甘味と苦味は脳の中で別々の経路をたどり情報伝達されていることが明らかになった。

    これらの結果を踏まえ、中島氏は「空腹時の味覚の変化は、視床下部AgRP神経を起点とした神経ネットワークにより調節されることがわかった。この味覚調節システムの元来の役割は、飢餓が身近な野生環境において、糖など栄養価の高い食物を普段以上に好むように嗜好を変化させ、多少悪くなった食物でも妥協して食べるようにすることと思われる」と述べ、「この神経ネットワークが不安・嫌悪などの感情に関わる脳部位の活動を制御することから、空腹や満腹により味の感じ方が変化する現象の神経基盤であると考えられる」とまとめている。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先リンク先2
    HealthDay News 2019年10月21日
    Copyright c 2019 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • 幸福感が強い人の脳は“ゆらぎ”が少ない――感情処理力と関連か?

    幸福感と脳活動の関連が報告された。自分が幸福だと強く感じている人は、大脳右楔前部という部分の安静時活動性が低いという。京都大学こころの未来研究センターの佐藤弥氏らの研究によるもので、詳細は「Scientific Reports」8月20日オンライン版に掲載された。

    佐藤氏らの研究グループは、大脳右楔前部の灰白質容積と主観的な幸福感が正相関することを既に報告しているが、右楔前部の活動性との関連は明らかでなかった。近年、脳内の低周波変動(低周波ゆらぎ)の振幅が自発的な神経活動の強度を反映すると報告されており、安静時に低周波ゆらぎとして観察される右楔前部の活動性が、主観的な幸福感と関係している可能性が考えられる。そこで佐藤氏らは、主観的幸福感と右楔前部の活動性との関連を検討した。

    脳活動に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    お近くの治験情報を全国から検索できます。

    研究対象はボランティア51人(平均年齢22.5±4.5歳、女性26人)。主観的幸福感は日本語版SHS(Subjective Happiness Scale)を用いてスコア化した。右楔前部の活動性は、被験者を5分かけて脳をリラックスさせた状態で、fMRI(磁気共鳴機能画像法)にて評価した。

    検討の結果、SHSスコアが高い(主観的な幸福感が強い)人ほど右楔前部の活動性が低い(低周波ゆらぎが少ない)という、有意な負の相関が確認された(r=-0.52、P<0.001)。楔前部の活動性は、否定的な自己意識や心の迷いと関係があることが先行研究で示されている。この知見と今回の検討結果を合わせて考察すると、否定的な自己意識や心に迷いを生じる働きが弱いことが、幸福感の基盤となっていることが示唆される。

    研究グループはさらに、右楔前部と右扁桃体の機能的なつながりに着目。両者の機能的結合が強い人ほどSHSスコアが高いという、有意な相関を認めた(r=0.48、P<0.001)。右偏桃体は感情の処理に関わる領域であることから、感情を適切に処理することで幸福感が生まれる可能性が考えられる。

    これら一連の結果について著者らは、「主観的幸福感と対応する脳活動および脳内ネットワークを初めて明らかにしたもの」としている。そして「楔前部の活動性が瞑想によって低下するといった知見もあることから、科学的データに裏打ちされた“幸福増進プログラム”の作成も期待される」と将来の展望を述べている。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先リンク先2
    HealthDay News 2019年9月9日
    Copyright c 2019 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。