• 6割以上の人が目薬の点眼に失敗している――国内の緑内障患者で調査

     目薬(点眼薬)をしっかりさせていない人が6割以上に及ぶ可能性を示すデータが報告された。山梨大学医学部眼科の柏木賢治氏らが、緑内障患者を対象に行った研究の結果であり、詳細は「PLOS ONE」に5月24日掲載された。

     緑内障は国内の視覚障害の原因の第1位であり、高齢者の増加とともにその患者数が増えている。緑内障による視覚障害を防ぐ最大のポイントは、眼圧降下薬をきちんと点眼し続けることで、誤った方法での点眼では眼圧コントロールが不十分になったり、副作用が現れやすくなる。しかし、緑内障患者がきちんと点眼できているか否かを検討した報告は少ない。

    緑内障に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

     柏木氏らは、2017年3月~2018年10月に同大学附属病院眼科を受診した成人緑内障患者を対象として、点眼薬を正しく使用できているか否かを検討した。研究登録基準は、過去6カ月以上にわたり眼圧降下薬を自分自身で点眼していることと、視力の悪い方の目の矯正視力が20/200(0.1)以上あって、点眼薬ボトルの先端の確認に支障がないこと。除外基準は、重度の眼瞼下垂や上腕・手指の障害など点眼の妨げとなる疾患や身体障害があること。

     前記の条件を満たす患者は103人(男性55人)で、平均年齢は69.2±8.7歳であり、大半(96人)は点眼操作を右手で行っていた。患者来院時に、ヒアルロン酸点眼薬をふだんどおりの方法で点眼してもらい、その状況を2人の理学療法士が確認。また、横からの写真を撮影して頸椎伸展角度を測定し、点眼時に頭をどのくらい上に向けているかを評価した。そのほかに、点眼動作の正確さに関連する可能性のある、指で物をつまむ力の強さ、上肢の運動機能(DASHスコア)、全身の運動機能(SARAスコア)なども評価した。

     103人中63人(61.2%)が点眼を失敗したと判定された。失敗の中で最も多かったのは眼球結膜以外への点眼で、失敗原因の76.2%を占めていた。失敗原因の2位は、眼表面や皮膚などに点眼ボトルの先端が接触すること(22.2%)、3位は2滴以上の点眼(11.1%)だった。なお、右眼/左眼、右利き/左利きで比較した場合、有意差はなかった。

     点眼に成功した群と失敗した群を比較すると、失敗群は成功群より高齢で(70.9±8.3対66.4±8.9歳、P=0.014)、指でつまむ力が弱く(2.86±1.53対3.73±2.11kg、P=0.023)、頸椎伸展角度が浅くて頭をあまり上にあげていなかった(50.1±11.9対55.2±8.1度、P=0.024)。また、DASHスコア(16.6±15.2対10.5±10.5、P=0.040)やSARAスコア(3.12±3.00対1.85±2.25、P=0.018)が高いという有意差が存在した(DASHとSARAは点数が高いことが機能低下を表す)。また、失敗群は矯正視力が悪く、視野が狭い傾向にあったが、群間差は有意でなかった。

     このほか、クオリティー・オブ・ビジョン(視機能に関連する生活の質。QOV)をNEI VFQ-25という指標(眼の痛み、手元の見やすさ、遠方の見やすさ、運転に関する機能、色覚、視野、メンタルヘルスなどの評価)で検討した結果、すべての項目について、失敗群は成功群よりも有意に低下していることが明らかになった。

     多変量ロジスティック回帰分析の結果、点眼の失敗に有意に関連する因子として、視力、視野、DASHスコア、SARAスコアが抽出された。このほかに、DASHスコアが高い(上肢の運動機能が低い)ほど、QOVが低いという有意な相関も示された。

     著者らは、「点眼の失敗には、本研究で検討した項目以外にもさまざまなリスク因子がある。例えば認知機能の低下もそれに該当する。点眼が正しく行われていない場合、薬効が低下するだけでなく、副作用のリスクが上昇し、医療コストは増大する」とまとめている。その上で、「患者が正しく点眼できているかを評価し、正しくできていない場合はその患者の視機能と全身状態を勘案して、改善方法を探る必要がある」と付け加えている。

    糖尿病のセルフチェックに関する詳しい解説はこちら

    糖尿病でいちばん恐ろしいのが、全身に現れる様々な合併症。深刻化を食い止め、合併症を発症しないためには、早期発見・早期治療がカギとなります。今回は糖尿病が疑われる症状から、その危険性を簡単にセルフチェックする方法をご紹介します。

    糖尿病のセルフチェックに関連する基本情報

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2021年6月28日
    Copyright c 2021 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • 糖尿病患者は緑内障になりやすい?――JPHC研究

     糖尿病患者は眼圧が高いことが、国立がん研究センターなどの多目的コホート(JPHC)研究グループの日本人を対象とする研究から明らかになった。結果の詳細は「Scientific Reports」3月24日オンライン版に掲載された。

     眼圧とは、眼球の内側から外側に向かう圧力(眼球の硬さ)のことで、眼球のかたちを保つためには一定の眼圧が必要。しかし、眼圧が高い状態が長く続くと視神経が障害されて、徐々に視野が狭くなる。視神経は再生しないため、一度失われた視野は回復しない。緑内障は、わが国の失明原因のトップを占めている。欧米からは、糖尿病が高眼圧症や緑内障のリスク因子であることが報告されているが、日本人を対象とした大規模な研究はこれまで行われていなかった。

    緑内障に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

     今回発表された研究の対象者は、茨城県筑西市の住民を対象に行った眼科検診受診者のうち、血液検査や眼圧のデータがあり、緑内障の既往や眼科手術歴のない6,786人。このうち734人が糖尿病を有していた。

     年齢、性別、BMI、高血圧、喫煙習慣、飲酒量で調整後、糖尿病の有無で眼圧を比較すると、非糖尿病群(全体の89.2%)の13.9mmHgに対し、糖尿病群(10.8%)は14.4mmHgと有意に高値だった。また、HbA1c6.0%を基準に二分した場合も、6.0%未満の群(76.7%)は13.9mmHg、6.0%以上の群(23.3%)は14.2mmHgで有意差が認められた。血糖値の高低で二分した場合も同様に、空腹時110mg/dL未満または非空腹時140mg/dL未満の群(86.1%)は13.8mmHg、空腹時110mg/dL以上または非空腹時140mg/dL以上の群(13.9%)は14.4mmHgで有意差が認められた(全てP<0.001)。

     眼圧が21mmHgを上回るものを高眼圧症と定義すると、非糖尿病群の1.9%、糖尿病群の3.1%が高眼圧症に該当し、糖尿病群で有意に多く見られた(P=0.01)。年齢ほか前記の因子で調整の上、糖尿病の有無やHbA1cおよび血糖値の高低で高眼圧症の頻度を比較すると、糖尿病がある場合に高眼圧症であるオッズ比(OR)は1.75、HbA1c6%以上ではOR1.47、空腹時110mg/dL以上または非空腹時140mg/dL以上ではOR1.80と、いずれも有病率が有意に高いことが分かった(全てP<0.05)。

     なお、糖尿病患者では一般に角膜が厚いことが知られている。それが眼圧に影響を及ぼす可能性もあるため、角膜の厚さを調整因子に追加して検討したが、結果はほぼ同様だった。

     以上より、研究グループでは「欧米のメタアナリシスと同様に、日本人でも糖尿病や高HbA1c、高血糖では高眼圧症の有病率が高いことが分かった。角膜の厚さを調整してもこの関連を認めたことから、角膜の厚さに関わらず、血糖値が高いことで眼圧が上昇する可能性が示唆される」とまとめている。高血糖で高眼圧になる機序については「因果関係を明らかにするには前向きコホート研究が必要」と述べた上で、「血糖値が高いことで、眼の中を循環する水の出口が詰まりやすくなり、眼圧が上がる可能性が考えられる」としている。

    糖尿病のセルフチェックに関する詳しい解説はこちら

    糖尿病でいちばん恐ろしいのが、全身に現れる様々な合併症。深刻化を食い止め、合併症を発症しないためには、早期発見・早期治療がカギとなります。今回は糖尿病が疑われる症状から、その危険性を簡単にセルフチェックする方法をご紹介します。

    糖尿病のセルフチェックに関連する基本情報

    参考情報:リンク先1リンク先2
    HealthDay News 2020年5月11日
    Copyright c 2020 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • 「1日に温かいお茶を一杯以上」で緑内障リスク低下の可能性

    日常的に温かいお茶を飲む習慣があると、中高年の代表的な眼の疾患である緑内障になりにくい可能性があることを示した小規模研究の結果が「British Journal of Ophthalmology」2017年12月14日オンライン版に掲載された。

    米国国民健康栄養調査(NHANES)のデータを分析したところ、毎日温かいお茶を一杯以上飲む習慣のある人では、そうした習慣のない人と比べて緑内障を発症するリスクが低いことが明らかになったという。

    米国眼科学会(AAO)によると、緑内障は眼圧の上昇などによって視神経に障害が起こり、視野が狭くなったり部分的に見えなくなったりする眼の疾患で、高齢者では失明の主な原因となっている。

    米カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)のAnne Coleman氏らは今回、2005~2006年に実施されたNHANESのデータのうち40歳以上の男女のデータを用いてコーヒーやお茶、ソフトドリンク類を飲む頻度と緑内障リスクとの関連について検討した。コーヒーやお茶については「ホット」または「アイス」、「カフェイン入り」または「デカフェ(カフェインを取り除いたもの)」に分類したが、お茶の種類(紅茶や緑茶など)についてはデータがなかったため考慮されなかった。

    緑内障に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    お近くの治験情報を全国から検索できます。

    今回の研究の基準を満たしていた男女1,678人のうち84人(5.1%)に緑内障があった。年齢、性、BMI、民族、喫煙習慣、糖尿病で調整して解析した結果、毎日温かいお茶を飲んでいる人は、飲んでいない人と比べて緑内障リスクが74%低いことが分かった。

    ただ、冷たいお茶やデカフェのお茶を飲んでいる人では、緑内障リスクの低下は認められなかった。
    また、コーヒーやソフトドリンクと緑内障リスクとの間にも関連は認められなかった。

    Coleman氏らによると、お茶には抗炎症作用や抗酸化作用を持つ成分が含まれているとされている。
    ただ、同氏らは「日常的にお茶を飲むこと以外の生活習慣が緑内障リスクに影響した可能性は否定できないため、今後より大規模な研究で検証する必要がある」としている。

    また、同氏は「緑内障の予防には既に有効性が証明されている対策を取るべきだ」と強調し、「眼が見えることは当たり前だと思わずに、定期的に眼科検診を受けてほしい」と呼び掛けている。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2017年12月14日
    Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。