• 降圧薬の中でCa拮抗薬のみ男性の夜間頻尿と有意に関連

     降圧薬として多くの患者に使われているカルシウム(Ca)拮抗薬が、男性の夜間頻尿に関連しているとするデータが報告された。自治医科大学附属さいたま医療センター泌尿器科の鷲野聡氏らの研究によるもので、詳細は「Journal of Clinical Medicine」に4月9日掲載された。

     睡眠中に尿意で目覚めてしまう夜間頻尿は、生活の質(QOL)を低下させ、時に抑うつを来すこともある。夜間頻尿の発症には複数の原因が関与しており、高血圧や降圧薬の服用も一因である可能性が、先行研究から示唆されている。ただし、その関連の詳細は不明。鷲野氏らは、高血圧または降圧薬の服用と夜間頻尿との関連を明らかにするために、同センターの患者データを用いて横断的研究を実施した。

    頻尿に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

     2018年1月~2019年12月の泌尿器科入院患者のうち、国際前立腺症状スコア(IPSS)に回答していた40歳以上の男性から、排尿に影響を及ぼし得る因子(前立腺がん、膀胱がん、膀胱炎、過去6カ月以内の前立腺手術歴など)と透析患者を除外した418人(平均年齢69.4±7.6歳)を解析対象とした。

     夜間頻尿の有無と重症度はIPSSの評価法に則して、排尿のために目覚める回数で判定。2回以上の場合を「臨床的に重要な夜間頻尿」と定義した。主要評価項目は、降圧薬の使用、または血圧高値(日中の血圧が140/90mmHg以上)が夜間頻尿と関連しているか否かであり、副次評価項目として、降圧薬のタイプとの関連を検討した。なお、解析対象患者の入院目的は、前立腺全摘除術60%、前立腺生検21%、腎臓がん手術7%など。

     全体の57%に当たる240人が降圧薬を服用していた。降圧薬のタイプは、Ca拮抗薬71%(降圧薬服用者に占める割合)、アンジオテンシン受容体拮抗薬(ARB)59%、アンジオテンシン変換酵素阻害薬13%、β遮断薬13%、α遮断薬13%、サイアザイド系利尿薬8%。単剤処方が107人、2剤併用が94人で、39人は3剤が併用されていた。日中の血圧高値は27%に認められた。IPSSスコアは合計の平均が8.23±6.88、夜間頻尿スコアが1.58±1.11であり、臨床的に重要な夜間頻尿は45.5%に認められた。

     主要評価項目のうち、まず日中の血圧高値の有無で夜間排尿回数を比較した結果を見ると、降圧薬を服用しているか否かにかかわらず有意な関連は見られなかった(血圧高値あり群の排尿回数1.46±0.98回、なし群1.63±1.16回、P=0.14)。一方、降圧薬服用の有無で比較すると、降圧薬服用群で夜間の排尿回数が有意に多いことが分かった(降圧薬服用群1.75±1.12回、非服用群1.35±1.08回、P=0.0003)。

     次に、副次評価項目である降圧薬のタイプ別に関連を解析。すると、Ca拮抗薬を服用している患者でのみ、夜間排尿回数の有意な増加が認められた。具体的には、降圧薬非服用群の1.35±1.08回に対してCa拮抗薬以外の降圧薬服用群は1.48±0.98回(P=0.91)で有意差はなく、一方で、Ca拮抗薬単剤服用群は1.77±1.07(P=0.014)、Ca拮抗薬を含む併用療法群は1.90±1.19回(P<0.0001)であり、いずれも夜間排尿回数が有意に多かった。また、年齢層別の解析から、比較的若年(40~65歳)の患者で、Ca拮抗薬による夜間排尿回数増加への影響が強いことが分かった。

     夜間の排尿回数と関連する因子を単変量解析で検討すると、年齢(r=0.27、P<0.0001)、および、IPSS1~6(夜間排尿回数以外)の合計スコア(r=0.25、P<0.0001)、HbA1c(r=0.13、P=0.006)との間に正の相関が認められた。BMIやeGFRとの間には、有意な関連がなかった。

     臨床的に重要な夜間頻尿に関連する因子を多変量解析で検討したところ、年齢〔オッズ比(OR)1.06〕、IPSS1〜6の合計スコア(OR1.05)とともに、Ca拮抗薬の服用(OR2.68)が抽出され(いずれもP<0.0001)、Ca拮抗薬の服用は臨床的に重要な夜間頻尿の独立したリスク因子である可能性が示唆された。

     著者らは本研究の限界点として、検討対象が泌尿器疾患患者であること、Ca拮抗薬やARB以外の降圧薬服用者が少ないこと、レトロスペクティブな解析であることなどを挙げている。その上で、「Ca拮抗薬は夜間頻尿に関連する唯一の降圧薬であり、血圧高値そのものは夜間頻尿との関連が認められない。男性高血圧患者、特に比較的若年の男性に対する降圧治療に際しては、夜間頻尿の出現に配慮する必要がある」と結論付けている。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2021年5月31日
    Copyright c 2021 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • 毎日野菜を食べる人は夜間頻尿になりにくい? 道後studyの2型糖尿病患者で検討

    日本人2型糖尿病患者では、夜間頻尿の発症に食習慣が影響を及ぼしており、中でも野菜を毎日食べる人は夜間頻尿になりにくい可能性のあることが、愛媛大学大学院疫学・予防医学講座の古川慎哉氏らの検討で示唆された。詳細は「Journal of Diabetes Investigation」7月1日オンライン版に掲載された。

    日本人2型糖尿病患者の夜間頻尿には、勃起不全(ED)や糖尿病網膜症、抑うつ症状が強く関連することがこれまでの調査で示されているが、食習慣との関連は明らかにされていない。同氏らは今回、2009~2014年に2型糖尿病と診断された患者1,051人を前向きに追跡している道後Studyのベースラインデータを用いて、自記式質問票調査による食習慣と夜間頻尿との関連について検討した。

    夜間頻尿に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    お近くの治験情報を全国から検索できます。

    解析対象は、道後Studyに参加した2型糖尿病患者785人(平均年齢61.7歳、男性が62.3%、糖尿病罹病期間は平均11.0年)。食習慣に関する自記式質問紙調査では、揚げ物、卵、肉類、魚介類、漬物、野菜や海藻類、果物、大豆製品、乳製品を毎日摂取しているかどうかを尋ねた。また、夜間頻尿は夜間の排尿回数が2回以上と定義し、3回以上の場合を重症の夜間頻尿とした。

    その結果、対象患者全体の夜間頻尿の有病率は39.9%、重症夜間頻尿は14.4%であった。それぞれの食習慣が「ある」と回答した患者の割合は、揚げ物(24.7%)、卵(41.9%)、肉類(30.3%)、魚介類(70.5%)、漬物(31.6%)、野菜(67.3%)、果物(55.0%)、大豆製品(60.3%)、乳製品(58.6%)であった。

    年齢や性、BMIなどを調整した解析によると、野菜を毎日食べる習慣は夜間頻尿と負の関連を示し(調整後オッズ比0.67、95%信頼区間0.48~0.94)、重症の夜間頻尿とも同様の関連を示すことが分かった(同0.46、0.30~0.71)。

    こうした関連性を男女別にみると、女性では野菜を毎日食べる習慣は夜間頻尿、重症の夜間頻尿いずれとも独立した負の関連を示したのに対し(それぞれ同0.44、0.24~0.79、同0.34、0.15~0.78)、男性では重症の夜間頻尿のみと負の関連を示していた(同0.51、0.29~0.88)。

    以上の結果から、古川氏らは野菜を毎日食べる人は夜間頻尿になりにくい可能性があると考えられるとしつつ、「今回の結果は観察研究で得られたものであり、これらの関連を決定づけるには野菜の摂取量や摂取頻度などに関するさらなる研究を行う必要がある」と述べている。

    Abstract:リンク先
    HealthDay News 2017年7月10日
    Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。