• 高収入の米国人女性は肥満率が低い

    米国の成人を対象とした肥満の調査データを用いた研究から、女性は収入が高い人ほど肥満率が低いことが明らかになった。ただ、男性では同様の関係は認められなかったという。

    詳細は「Morbidity and Mortality Weekly Report」2017年12月22日号に掲載された。

    この研究を実施したのは米疾病対策センター(CDC)のCynthia Ogden氏ら。同氏らは今回、2011~2014年の米国国民健康栄養調査 (NHANES)のデータを用い、米国の成人における世帯収入別および学歴別の肥満率について検討した。

    その結果、成人全体では世帯収入が最も高い層(4人家族で約940万円以上)の肥満率が31%だったのに対し、それよりも低い層では肥満率は40%前後とより高かった。

    肥満症に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    また、男女別に見ると、女性では世帯収入が高くなるほど肥満率が低下し、世帯収入が最も低い層で45%、中間層では43%だったが、最も高い層では30%にとどまっていた。
    一方、男性の肥満率は中間層で39%と最も高く、世帯収入が最も高い層と低い層では32~33%だった。

    人種別に見ると白人女性では世帯収入が高くなるほど肥満率は低下したが、黒人女性では収入が高い層と低い層の肥満率が同程度だった。
    さらに、黒人男性では世帯収入が高くなるほど肥満率が上昇し、最も低い層の34%に対して最も高い層では43%だった。

    このほか、学歴も肥満率に関係しており、肥満率は高卒以下では40%だったが、大卒では28%にとどまっていた。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2017年12月21日
    Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • 太っても食欲が止まらない・・・原因酵素を同定 肥満治療への応用に期待、基礎生物学研

    太っても食欲が止まらない原因となる酵素を突き止めたと、基礎生物学研究所(愛知県)統合神経生物学研究部門の野田昌晴氏らの研究グループが発表した。

    食欲は通常、脂肪細胞から分泌されるホルモン(レプチン)がコントロールしているが、肥満になると脳の摂食中枢で「RPTPJ」と呼ばれる酵素の発現量が増え、レプチンの作用を弱めていることがマウスを用いた実験で分かった。

    この酵素の働きの阻害は糖尿病や肥満の新しい治療標的となる可能性があるという。詳細は「Scientific Reports」9月14日オンライン版に掲載された。

    一般に、肥満がない人の食欲は、脂肪細胞から分泌されるレプチンというホルモンが脳の摂食中枢に働きかけることで抑えられている。

    しかし、肥満になると脂肪の増加に伴ってレプチンの分泌量が増えるにもかかわらず、この働きが弱まる「レプチン抵抗性」の状態になることが知られているが、どのようなメカニズムでレプチンが効きにくくなるのかは明らかにされていなかった。

    肥満に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    野田氏らの研究グループは今回、これまでさまざまな生理機能の研究を進めてきたRPTP(受容体様タンパク質チロシン脱リン酸化酵素)と呼ばれる酵素群のうち、2015年にインスリン受容体を脱リン酸化し、その働きを抑えていることを見出した「RPTPJ」に着目。

    この酵素の遺伝子を欠損したマウスと正常なマウスに高脂肪食を12週間与えて観察したところ、RPTPJがないマウスは正常なマウスと比べて食べる量が少なく、体重も抑えられていたほか、全身の脂肪量が約4割少ないことも分かった。

    また、高脂肪食を2カ月間与えたマウスでは、レプチン抵抗性とともに、摂食中枢でRPTPJの発現量が増えていることも分かった。

    さらに、高脂肪食を14週間にわたり与えたマウスにレプチンを投与したところ、正常なマウスではレプチン抵抗性が引き起こされていて食べる量や体重は減らなかったが、RPTPJがないマウスではいずれも大きく減少し、レプチン抵抗性は生じていないことが明らかになった。

    以上の結果を踏まえて、野田氏らは「RPTPJの働きを阻害する薬剤の開発は、糖尿病だけでなく肥満の新しい治療につながる可能性がある」と期待を示している。

    肥満症の基本情報についての詳しい解説はこちら

    肥満症とは?肥満との違いなど病気に関する基本情報を掲載しています。一般的に肥満とは違い、病気として症状があるため治療を受けることができます。どういった違いがあるのか?詳しく解説しています。

    肥満症とは?肥満との違いなど病気に関する基本情報

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2017年10月2日
    Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • 「オキシトシン」の肥満改善作用、肥満なほど効果高く マウスを用いた実験で検証、福島県立医大ら

    一般に「愛情ホルモン」などと呼ばれるオキシトシンには肥満改善効果があり、その効果は高脂肪食を摂取して肥満しているほど高い可能性があることを、福島県立医科大学薬理学准教授の前島裕子氏と教授の下村健寿氏らの研究グループがマウスを用いた実験で明らかにした。

    オキシトシンによる減量効果は、通常食を摂取した肥満していないマウスでは弱まることも分かった。詳細は「ScientificReports」8月17日オンライン版に掲載された。

    脳の下垂体後葉などから分泌されるホルモンの1つであるオキシトシンは、出産時の子宮収縮や母乳の分泌に関わるだけでなく、母性や人間関係の形成など社会的行動に関与するほか、抗ストレス作用や食欲を抑えて肥満を改善する作用なども報告されている。

    研究グループは今回、これまでの臨床研究では結論が得られていないオキシトシンによる肥満改善効果に着目。オキシトシン投与後のマウスの体重減少効果を性別、体重、肥満分布といったメタボリック症候群に影響するさまざまな因子別に分析し、どのような条件下で体重減少がより効果的にもたらされるのかを検討した。

    研究では、高脂肪食を与えて太らせたマウスと通常食を与えた太っていないマウス(摂取期間はいずれも雄が8週間、雌は12週間)それぞれに、一定量のオキシトシンまたは対照とした生理食塩水を10日間投与し、10日後にコンピュータ断層撮影(CT)により体脂肪率や脂肪分布を測定。
    性別や体重、肥満分布ごとにオキシトシンによる体重減少効果を調べた。

    肥満症の治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    その結果、高脂肪食を与えた肥満マウス(体脂肪率は約36%)では、雌雄ともにオキシトシン投与により体重が減少し、その減量率は対照群との間に有意差がみられたほか、初期の体重が重いほど体重減少効果が高まることが分かった。

    また、高脂肪食を与えた肥満マウスでは、オキシトシン投与により皮下脂肪だけでなく内臓脂肪の脂肪量も雌雄ともに15~20%減少した。

    一方で、通常食を与えた非肥満のマウス(体脂肪率は約10%)では、こうしたオキシトシンによる体重減少効果は、高脂肪食を与えた肥満マウスと比べて小さかった。

    研究グループは今回の研究データについて、将来、オキシトシンを肥満治療に応用する際の重要な基礎データになるものと期待を示している。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2017年9月11日
    Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • 肥満患者との接し方に注意―医療従事者による肥満差別で重大な影響

    医療従事者が「肥満は恥ずべきこと(fat shaming)」という考え方に基づいて差別的な態度で肥満患者に対応すると、患者の心身の健康が損なわれる可能性があるというレビュー結果が、米国心理学会(APA、8月3~6日、ワシントンD.C.)のシンポジウムで報告された。このレビューは、米コネチカット大学心理学教授のJoan Chrisler氏が最近の研究をまとめたもの。

     Chrisler氏は「たとえ肥満者を励ましたい、あるいは行動を変えさせたいという意図であっても、医療従事者が失礼な態度をとったり、医療の現場で肥満を理由に恥をかかせたりすることは患者にストレスを与え、受診の遅れや治療の中断につながる可能性もある」と話している。

     医療従事者の中に過体重や肥満に対するネガティブな感情があると、無自覚のうちに態度に表れ、患者は差別的な扱いを受けていると感じてしまう。「例えば、太っている患者に触れるのをためらったり、患者の体重を記録するときに首を振ったり舌打ちしたりすることだ。こうした経験が重なると、患者は偏見を持たれていると感じるようになる可能性がある」と同氏は説明している。

     過体重や肥満に対する考え方は、医師の治療決定にも影響するという。例えば、過去の複数の研究で、過体重の患者に投与される抗菌薬や化学療法薬の用量は不十分である場合が少なくないことが示されている。他の研究では、医師が平均的な体重の患者に対してはCT検査や血液検査、理学療法を勧めるのに対し、太っている患者には繰り返し減量を勧めがちだという実態も明らかにされている。同氏は「病態が同じであるにもかかわらず、体重によって異なる治療を勧めることは非倫理的であり、医療過誤の一種といえる」としている。

    肥満症に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

     さらに、医師は時折、過体重や肥満の患者が訴える症状を深刻に受け止めず、体重が原因だと思い込むことがあり、それが慎重さを欠いた診断や検査の未実施につながることもあるという。300件超の検死報告をレビューした研究によると、肥満者では他の人に比べて重大な疾患(心内膜炎や虚血性腸疾患、肺がんなど)が未診断となっている可能性が1.65倍であることが分かっている。

     同シンポジウムで肥満差別に関する別の研究結果を発表した心理学者のMaureen McHugh氏によると、肥満差別は肥満の減少や健康の増進には有効でないというエビデンスがあるという。「肥満者に偏見を持つことは、むしろ彼らの精神衛生上のリスクを上昇させる。肥満への偏見は精神的ストレスにつながり、心身の健康を悪化させることが明らかにされている」と、同氏は話している。

    肥満症の基本情報についての詳しい解説はこちら

    肥満症とは?肥満との違いなど病気に関する基本情報を掲載しています。一般的に肥満とは違い、病気として症状があるため治療を受けることができます。どういった違いがあるのか?詳しく解説しています。

    肥満症とは?肥満との違いなど病気に関する基本情報

    abstract:リンク先
    HealthDay News 2017年8月3日
    Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。

  • 肥満でも人工関節置換術前の減量は必須ではない?

    変形した膝関節や股関節を人工関節と入れ替える人工関節全置換術を予定している肥満患者は、手術前に減量するよう助言されることが多い。しかし、減量しないで手術を受けたとしても、手術による関節の疼痛の軽減効果は適正体重の患者と同程度であることが新たな研究で示された。詳細は「Journal of Bone and Joint Surgery」7月9日号に掲載された。

     研究論文の筆頭著者である米マサチューセッツ大学のWenjun Li氏は、この結果を踏まえ「高度の肥満患者でも人工関節全置換術を受けるベネフィットは大きい」と強調。「できる限り減量はした方が良いが、関節の痛みに苦しむ高度の肥満がある患者にとって、運動に取り組むのは簡単なことではない。また、減量に長期間かかり、その間に関節の状態がさらに悪化してしまう場合もある。早期に手術を受けることができれば、機能が回復し、肥満にも対処できるようになる」と説明している。

     Li氏らは今回、2011年5月~2013年3月に米国内で人工股関節全置換術を受けた2,040人(平均年齢65歳、14%が高度または病的肥満)と人工膝関節全置換術を受けた2,964人(平均年齢69歳、25%が高度または病的肥満)について、術前および術後の機能や関節の疼痛の評価スコアを調べた。患者は体格指数(BMI)を指標として(1)高度または病的肥満、(2)肥満、(3)過体重、(4)適正体重またはそれ以下―に分類した。

    肥満症に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

     その結果、肥満度が高度になるほど術前の疼痛レベルが高かったが、手術から6カ月後までに得られる疼痛の軽減効果は増大することが示された。患者が高度または病的肥満であっても、適正体重であっても、手術から6カ月後の平均疼痛スコアは同程度だった。また、人工膝関節全置換術を受けた患者では、手術による機能の改善効果も肥満患者と適正体重の患者との間に差はないことが示された。

     なお、これまでに肥満患者では術後の感染リスクがわずかに高いことが報告されているという。しかし、Li氏らは「肥満であることだけを理由に人工関節全置換術を回避すべきではない」と結論。共同研究者で同大学整形外科・リハビリテーション科教授のPatricia Franklin氏は「今回、肥満患者でも術後かなり疼痛が軽減され、機能も改善することが分かった。手術のベネフィットはリスクを上回ることを患者も知っておくべきだ」と話している。

    肥満症の基本情報についての詳しい解説はこちら

    肥満症とは?肥満との違いなど病気に関する基本情報を掲載しています。一般的に肥満とは違い、病気として症状があるため治療を受けることができます。どういった違いがあるのか?詳しく解説しています。

    肥満症とは?肥満との違いなど病気に関する基本情報

    abstract:リンク先
    HealthDay News 2017年7月24日
    Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。