• 「女性の身体活動量は男性より少ない」は本当か?――DOSANCO健康調査

     これまでの疫学研究には、女性の身体活動量は男性よりも少ないとする報告が多い。しかし今回、それと相反する研究結果が発表された。北海道寿都町で実施された住民対象横断研究「DOSANCO健康調査」のデータを、東京医科大学公衆衛生学分野の天笠志保氏らが解析したもので、「Journal of Epidemiology」8月8日オンライン版に論文が掲載された。

     健康の維持・改善には従来、中~高強度の身体活動を一定時間、動作を中断せずに連続して行うことが重要とされ、女性はその条件を満たす身体活動が男性よりも少ないと考えられてきた。その一方で近年、短時間の軽強度身体活動の積み重ねであっても有効であるとのエビデンスが蓄積されつつある。しかし、一般住民における軽強度の身体活動の性差は明らかになっていなかった。

    治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

     天笠氏らが解析に用いたDOSANCO健康調査は、2015年に寿都町の3歳以上の全住民(特別養護老人ホームの居住者を除く)2,638人を対象に実施され、2,100人がアンケート調査に協力した。そのうちの771人は、加速度計を用いた身体活動量調査にも協力。参加者には連続14日間、就寝時以外は入浴、水泳などの水中での活動を除いて、常に加速度計を身につけて生活してもらった。

     身体活動レベルは、1.5METs以下を座位、1.6~2.9METsを軽強度の身体活動、3.0METs以上を中~高強度の身体活動と判定し、また、中~高強度の身体活動については持続時間が10分以上と未満とを分けて評価した。加速度計の装着時間が1日当たり10時間に満たなかった人、および小児を除外し、最終的に634人(平均年齢57.9±16.9歳、男性43.8%)を今回の解析対象とした。

     対象者の加速度計装着時間は平均873.4±91.6分/日だった。身体活動レベル別に見ると、座位が464.5±114.5分/日、軽強度の身体活動が361.5±96.2分/日、中~高強度の身体活動が47.1±30.6分/日であり、中~高強度身体活動の持続時間は、多くが10分未満だった(男性85.1%、女性87.3%)。

     男性と女性を比較すると、女性は有職者率が低く有意差があったが(男性73.6%、女性55.5%。P=0.001)、身体活動ガイドラインの推奨(10分以上継続して行う中~高強度の身体活動を週150分以上)の順守者率(男性10.8%、女性9.9%)や歩数(男性4,899歩/日、女性4,580歩/日)に関しては、有意な性差はなかった。

     続いて総身体活動量を性別に見ると、男性14.0METs・時間/日、女性16.1METs・時間/日であり、女性の方が有意に身体活動量が多いという結果が得られた(P<0.001)。身体活動レベルごとに分けて解析した結果、この差は中~高強度身体活動の時間ではなく、座位時間と軽強度身体活動を行っている時間の差によって生じていることが明らかになった。

     具体的には、女性の座位時間は男性に比較し13.3%(95%信頼区間9.9~15.9)有意に少ない一方で、軽強度の身体活動時間は19.8%(同14.9~24.6)有意に多かった。それに対して、中~高強度の身体活動時間の性差は有意でなかった。この関係は、65歳未満と以上で層別化して解析しても同様に認められ、高齢者もやはり女性は男性より軽強度身体活動時間が長く、総身体活動量が多かった。

     これらの結果のまとめとして著者らは、「軽強度の身体活動を含めて評価した場合、既報とは対照的に、日本人女性は男性よりも活動的であることが示唆される。従来のように、身体活動量を中~高強度の身体活動のみで評価すると、女性の身体活動量を過小評価し、軽強度の身体活動による健康へのメリットを見落とす可能性がある」と述べている。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2020年9月7日
    Copyright c 2020 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • 家族に運動させるには

    適度な運動は皆に必要ですが、忙しい毎日のなかで自分や家族の運動の予定を組み込むのは大変です。

    以下のヒントを参考に、家族で運動を始めましょう。

    • 家族全員が揃うことのできる空き時間を見つけましょう。
    • 夕食後や週末に、家族と一緒に運動する予定を立てましょう。
    • グループに参加したり、子どもをコミュニティスポーツに入会させたりして、モチベーションを維持しましょう。
    • 天候に左右されない運動を計画しましょう。例えば、室内サイクリング、室内プール、階段上り、縄跳び、ショッピングモールでのウォーキング(モールウォーキング)、ダンス、体を動かすゲームなどがおすすめです。

    情報元:国立心肺血液研究所(NHLBI)

    運動に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    お近くの治験情報を全国から検索できます。
    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2018年1月2日
    Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • 「自分は運動不足」と考えるだけで寿命が縮む?

     実際の運動量は同レベルであったとしても、「同年齢の人と比べて自分は運動不足」と考えている人は、「同年齢の人と比べて自分は活動的」と考えている人よりも早く死亡するリスクが高い可能性があることが、新たな研究で示された。研究を実施した米スタンフォード大学心理学のAlia Crum氏は「健康に長生きするには、健康的な行動だけでなく健康的な考え方を心掛けることが重要」と話している。

     Crum氏らは今回、主観的な運動量と死亡リスクとの関連について検討するため、米国で定期的に実施されている米国民健康聞き取り調査(NHIS)などの調査データを用い、成人6万1,141人を21年間追跡。実際の運動量、健康状態やそれに影響する行動、社会人口学的因子などで調整して解析した結果、「同年齢の人と比べて自分は運動不足」と考えている人では、「同年齢の人と比べて自分は活動的」と考えている人と比べて追跡期間中に死亡する可能性が71%高いことが示されたとしている。

     Crum氏によると、最近、考え方(mindset)が健康面で重要な役割を果たしている可能性があることを示す研究報告が増えつつあるという。同氏は「これまで、国民の健康増進を目的とした取り組みでは、より健康的な食事をとり、運動量を増やすといった行動面への働きかけに主眼が置かれていた。しかし、健康的な行動に関する考え方への働きかけは進んでいない」と指摘している。

    運動に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索
    お近くの治験情報を全国から検索できます。

     ただし今回の研究は、考え方と死亡リスクとの関連を示したに過ぎず、運動不足と考えることが早期死亡リスクを高めることを証明するものではない。

     では、日常生活でこの研究結果をどのように生かせばよいのだろうか。Crum氏らは「十分な運動量を維持するにはジムで厳しいエクササイズをするしかないと考えている米国民は多いだろう。しかし、階段を上ったり、通勤で歩いたり、自転車に乗ったり、掃除をしたりといった日常的な活動を気分良く行うだけでも、健康にベネフィットをもたらす最初のステップになるだろう」と話している。

     この研究結果は「Health Psychology」7月20日オンライン版に掲載された。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    abstract:リンク先
    HealthDay News 2017年7月28日
    Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。

  • 朝食前の運動は24時間総脂肪酸化量を増大させる 筑波大の研究グループ、日本人女性を対象に検討

    男性と同様に、女性が朝食前の空腹時に運動を行うと24時間総脂肪酸化量が増大し、これは24時間のエネルギーや炭水化物バランスが負になったことが影響している可能性のあることが、筑波大学運動栄養学の徳山薫平氏らの検討で分かった。一時的な負のエネルギーバランスを大きくするように運動を行うタイミングを調整すると、24時間の総脂質酸化量を増やせる可能性があるという。詳細は「PLOS ONE」7月10日オンライン版に掲載された。

     24時間のエネルギーバランスが保たれている条件下では、運動を行っても24時間の総脂肪酸化量には影響を及ぼさないことが報告されている。しかし、これまでの徳山氏らの検討で、健康な男性では一晩絶食した翌朝の朝食前に運動を行うと、朝食や昼食、夕食を摂取後の運動に比べて運動後24時間の総脂肪酸化量が増大する可能性が示唆されている。そこで今回、同氏らは健康な女性を対象に、朝食前の運動が24時間の総脂肪酸化量に及ぼす影響を検討する研究を行った。

     対象は、日常的に中強度の運動を行っている健康な女性9人(平均年齢23.9±1.3歳、平均体脂肪率26.9±1.2%)。参加者には試験初日の22時に代謝測定室に入室してもらい、就寝は23時~翌朝6時とし、食事は朝食(8時)、昼食(12時)、夕食(18時)を提供した(総エネルギー量は、参加者の24時間エネルギーバランスがとれるように設定した)。また、参加者には6時30分に60分間のトレッドミル走行を最大酸素摂取量(VO2max)の50%に相当する強度で行う、あるいは座位で安静状態を保つことをランダムに行ってもらった。

     その結果、朝食前に運動を行うと、座位で過ごした場合と比べて24時間のエネルギー消費量、総炭水化物酸化量とともに総脂肪酸化量が増大することが分かった(519±37kcal/日対400±41kcal/日)。

     また、相対的な24時間エネルギーバランスの経時変化には、運動を行った場合と安静状態を保った場合では推移に差があり、朝食前には一時的な減少がみられた。相対的な24時間エネルギーバランスが最も低下した値は、安静時よりも運動時で有意に大きかった(-124±4kcal対-507±20kcal、P<0.01)。また、24時間炭水化物バランスの推移についても同様な傾向がみられた。

     以上の結果から、徳山氏らは「過去の報告と合わせて、一時的な負のエネルギーバランスを大きくするように運動を行うタイミングを調整すると24時間の総脂質酸化量を増やせる可能性が示唆された。朝食前の運動を継続した場合に効果が持続するのかどうかなどは、今後検討する必要がある」と述べている。

    脂質異常に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    お近くの治験情報を全国から検索できます。

    abstract:リンク先
    HealthDay News 2017年7月24日
    Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。

  • 家族で活動的になりましょう    

    「運動不足」も家庭の問題として捉えましょう。正しい方法で取り組めば、運動も楽しみの1つになるはずです。以下のような方法を試してみましょう。

    ・運動がなぜ大切なのか、率直に家族と話し合いましょう。
    ・家族に口うるさく運動を勧める代わりに、サイクリング、ハイキング、ボウリング、カヌー、水泳など、皆がからだを動かせるような、楽しく冒険心のそそられる外出を企画しましょう。
    ・ミットとボール、ラケット、フラフープなどの手頃なスポーツ用品を購入しましょう。
    ・テレビやスマートフォンなどをみる時間を制限しましょう。もし自分もこうした娯楽が好きなら、家族全員がからだを動かせるテレビゲームを選びましょう。
    ・自分自身が運動を楽しみ、子どもたちのよい手本になりましょう。

    運動に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    お近くの治験情報を全国から検索できます。

    情報元:米国運動評議会(ACE)
    HealthDay News 2017年6月21日
    Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。