• 都市の緑化で喘息による入院が減少か

    大気汚染は喘息の増悪リスクを高めるが、空気が悪い都市部でも樹木が多い地域であれば喘息で入院するリスクは低下することが英国の研究で示唆された。

    この研究を実施した英エクセター大学医学部のIan Alcock氏は「健康に良い環境の整備に向けた都市計画に役立つ知見が得られた」としている。
    詳細は「Environment International」12月号に掲載された。

    Alcock氏らは今回、1997~2012年に英国の都市部2万6,455地区で記録された喘息による入院約65万件のデータを分析し、地区間で喘息による入院率を比較した。

    その結果、大気汚染レベルが最も高い地区では、樹木の多さが喘息による入院率の低下と関連していた。
    例えば、大気中の微小粒子状物質PM2.5の濃度が約15μg/m3あるいは二酸化窒素(NO2)の濃度が約33μg/m3の地区では、樹木が1km2当たり300本多いと喘息による入院が住民10万人当たり50件減少することが示された。
    ただし、大気汚染レベルが低い地区では樹木が多くても喘息による入院率の低下は認められなかった。

    喘息に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    一方、大気汚染レベルが低い地区では緑地や庭園が多いと喘息による入院率が低下した。
    ただ、大気汚染レベルが最も高い地区では緑地や庭園の多さと喘息による入院率の低下との関連は認められなかった。

    Alcock氏は「都市部の植生はデメリットよりもメリットの方が大きいことが明らかになった」と結論づける一方、緑地や庭園が多いことによる効果は汚染物質の濃度が低い地区で認められ、樹木が多いことによる効果は汚染物質の濃度が高い地区で認められたことから、「植生の効果は一様でないことも分かった」としている。

    なお、植生の種類によって喘息による入院率への影響に違いが認められた理由について、同氏は「草の花粉は大気汚染物質との相互作用でアレルギー症状を引き起こしやすくなるため、大気汚染レベルが高い地区では緑地や庭園によるメリットが小さい可能性がある。
    一方、樹木は大気から汚染物質を除去すると考えられているため、汚染レベルの最も高い地区で最大のメリットが得られるのではないか」との見方を示している。

    喘息の基本情報についての詳しい解説はこちら

    喘息とは?ハウスダウトや排気ガスなど引き起こす原因が色々あがられ何が起因になっているか異なる場合があります。どういった症状があるのか、どういったことで改善できるのか。詳しく解説しています。

    喘息に関する基本情報

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2017年11月27日
    Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • プール中の「塩素と尿」で呼吸器症状リスク

    天候を気にすることなくプールやウォータースライダーなどの水遊びを存分に楽しめる屋内ウォーターパーク施設は子どもたちに人気の施設だ。
    しかし、米疾病対策センター(CDC)のSophia Chiu氏らによる研究から、こうした施設の従業員は、水の消毒に使用される塩素に利用客の尿や汗が反応して発生する有害物質に起因した眼や呼吸器の症状に悩まされる確率が高いことが分かった。

    詳細は「Morbidity & Mortality Weekly Report」9月21日号に掲載された。

    Chiu氏らは2016年、オハイオ州のあるリゾート施設で調査を実施した。
    この施設にはホテルやバー、土産物店などのほか、プールやウォータースライダー、子どもの水遊び施設、スパなどを擁する屋内ウォーターパーク施設がある。
    調査では同施設の従業員91人(年齢中央値19歳、男性52%)に眼や鼻の症状のほか、咳、喘鳴、息切れ、胸苦しさ、喉の痛みといった症状があるかどうかを尋ねた。

    その結果、約3人に1人の従業員にこれらの症状が3つ以上あり、リゾート施設のうち屋内ウォーターパーク施設で働く従業員では、他の施設で働く従業員と比べてこうした症状が3つ以上みられる確率が3.8倍に達していた。

    これらの症状の原因は、施設で使用する水を消毒するための塩素が、利用客の尿や汗に含まれる窒素と結合することで発生するクロラミンなどの有害物質である可能性が高いようだ。
    Chiu氏らが昨年この施設で水質調査をした際には、基準値を超える結合塩素が検出され、クロラミンが発生していることも示唆されたという。

    呼吸器に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    ただ、こうした有害物質も施設内が十分換気されていれば分散されて問題になることは少ない。
    しかし、同氏らの調査からは、このオハイオ州の施設の空調システムには不具合があり、換気で重要な役割を担う6つのHVACユニットのうち5つのユニットのファンが稼働していないことも明らかになったという。

    Chiu氏らは「これらの呼吸器症状は一過性で、従業員は職場環境から離れれば回復する」とする一方で、米国内には192施設ものウォーターパーク施設があり、利用客は数百万人に上るとみられることから、「有害物質による影響を受けている人はかなり多いのではないか」と指摘している。

    なお、CDCは、施設の従業員に対し、眼や呼吸器の症状が現れたらすぐに管理者に報告することを勧める一方、利用客に対しては利用前にシャワーを浴びることに加え、利用中もこまめにトイレ休憩を取ることを推奨している。

    喘息の基本情報についての詳しい解説はこちら

    喘息とは?ハウスダウトや排気ガスなど引き起こす原因が色々あがられ何が起因になっているか異なる場合があります。どういった症状があるのか、どういったことで改善できるのか。詳しく解説しています。

    喘息に関する基本情報

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2017年9月21日
    Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • 世界で年間360万人が喘息とCOPDで死亡   

    二大慢性肺疾患である喘息と慢性閉塞性肺疾患(COPD)により、全世界で年間360万人が死亡しているという研究報告が「The Lancet Respiratory Medicine」8月16日オンライン版に掲載された。

    2015年のCOPDによる死者数は320万人、喘息による死者数は40万人と推定されたという。死者数はCOPDの方が多かったが、患者数は喘息の方が2倍多く、COPDの1億7450万人に対して喘息では3億5820万人だった。

     COPDは、従来は肺気腫や慢性気管支炎と呼ばれてきた疾患の総称で、主に喫煙と大気汚染が原因であることが分かっている。一方、喘息はアレルゲンや喫煙などが原因で発症すると考えられている。

     今回の研究では、188カ国を対象とした1990~2015年の調査を検討。その結果、1990年以降、COPDおよび喘息の罹患率や死亡率は低下していることが明らかになった。しかし、世界的な人口の増加と高齢化を背景に、COPDの患者数は44%、死者数は12%増加した。一方、喘息による患者数は13%増加したが、死者数は27%減少した。

    喘息の治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索

    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

     COPDが最も猛威を振るっている国は、インド、レソト、ネパール、パプアニューギニアだった。喘息による負担が特に大きい国は、アフガニスタン、中央アフリカ共和国、フィジー、キリバス、レソト、パプアニューギニア、スワジランドだった。

     論文の筆頭著者である米ワシントン大学教授のTheo Vos氏は「これらの疾患は治療法があるにもかかわらず、未診断の患者や誤診されている患者が多く、十分な治療を受けられないことも少なくない。その他の重大な非感染性疾患(心血管疾患、がん、糖尿病など)に比べて、喘息やCOPDは十分に注目されてこなかった経緯がある」と述べている。

     米レノックス・ヒル病院の呼吸器専門医であるLen Horovitz氏は、これらの疾患の治療法について「喘息の管理は比較的容易であり、治療薬を用いれば改善できる可能性もある」とコメント。一方、「COPDも治療は可能だが、肺のダメージは不可逆的なもの。さらに加齢により肺胞の消失が進行性に加速するため、肺の機能は生涯にわたり低下していく」と説明している。

     本研究の論評を執筆したマーストリヒト大学(オランダ)のOnno van Schayck氏は、家庭における大気汚染の主な原因の1つとして、世界人口の半数超が屋内での調理時に木材や石炭などの燃料を用いていることを指摘する。「こうした燃料の使用は呼吸器疾患の増加につながっており、よりクリーンな燃料への変更が望ましいが、特に都市部のスラムでは経済的な問題や入手経路の問題で難しいこともある」と、同氏は話している。

    喘息の基本情報についての詳しい解説はこちら

    喘息とは?ハウスダウトや排気ガスなど引き起こす原因が色々あがられ何が起因になっているか異なる場合があります。どういった症状があるのか、どういったことで改善できるのか。詳しく解説しています。

    喘息に関する基本情報

    Abstract:リンク先
    HealthDay News 2017年8月16日
    Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。

  • 喘息の治療とは?重症化させないことが大事な治し方

    大気の環境(花粉、排気ガスなどの大気汚染)やストレスによる精神的なことで起因する(免疫力の低下など)で今の現代社会、子供、大人問わず喘息症状に悩まされている人は少なくありません。喘息治療においては、完治させることはできず(限りなく完治に近い状態へと調整する)、あくまでも治し方としては、その症状を健康な人と同じように病気をコントロールし、発作などを起きさせない。その期間を長く保ち続ける(人によっては症状がでなくなることも)ことを中心に治療が行われます。

    治療、症状緩和には薬物療法と生活環境・習慣が大切です

    主に喘息治療は薬を使う薬物療法が一般的で、吸引型のステロイドなど炎症を鎮めたり、日常の気道の炎症によって引き起こさせる、喘息や咳喘息が起こらないように調整していきます。広く一般的に使われるのは、副作用も少なくすみため、安全に使用できること。そして効果が高いことがあげられます。

    喘息に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

     

    生活環境を限りなくよく、生活習慣を改善する

    喘息の原因として多いのがハウスダウト、そこに含まれるダニアレルギーによる影響を受けやすい場合はこまめに掃除が必要です。とくに喘息を起こしている状態、ウィルス性の感染症も喉粘膜が受ける影響が高く、免疫力が低い状態なため風邪、インフルエンザなども冬の乾燥している時期は気を付けなければなりません。

     

    タバコやお酒も出来るだけ控えるのがベスト

    お酒は体調が優れているときは平気なケースもありますが、飲みすぎはよくありません。発作を誘発させることもあるので、特に不調の時は間違いなく避けた方が良いでしょう。

    喘息症状に対しては特にタバコは厳禁です。周囲の煙でさえ気道には負荷が大きくかかるため、日々の仕事の付き合いで避けられないケースもありますが、極力煙の届かないところへ席を置くというのも大切です。人によって免疫力や体調によってもありますが極度に過敏症状ができる場合は、一大事になる前にきちんと伝えるなどの考慮も必要です。

     

    病院での医師の診断により、アレルギー性(アトピー型)か非アレルギー性(非アトピー型)かきちんと見極めるのは一番優先事項ではありますが、日々の栄養バランスのとれた食事。極度にストレス負荷がかかり免疫力の低下や睡眠不足も喘息には天敵です。薬物療法も大切ですが、できるだけ避けれるものは極力避けられれば苦しい思いをせずに健康体の方と同じように過ごすこともできますので、可能な限り予防策を講じておくのも非常に大切といえます。

    喘息の基本情報についての詳しい解説はこちら

    喘息とは?ハウスダウトや排気ガスなど引き起こす原因が色々あがられ何が起因になっているか異なる場合があります。どういった症状があるのか、どういったことで改善できるのか。詳しく解説しています。

    喘息に関する基本情報

    参考サイト:リンク先
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。

  • 喘息は大人になってからも起こる!?その考えられる原因は?

    息苦しい呼吸のしにくい喘息の症状。ふとしたときに痰が絡みやすくなったり寝ているときに咳が出たり、いざその症状が出ると、眠ることもできなくなり不眠の症状を及ぼしたりします。

    喘息の原因は、気道の炎症による影響で気道が狭くなることにより、浅い呼吸や咳が出たり、時には息苦しいヒューヒューといった呼吸音が聞こえてきたりする症状が特徴的です。

    子供だけでなく、大人でもその症状に至るケースがありどういったことが原因になって引き起こすのか解説していきます。

     

    アトピー型

    アレルギーによる影響が起因で起こるタイプです。花粉、ダニ、ハウスダストなどが原因による影響が強く、人によるその反応は個人差がありますが、身体が過敏にそれらの異物を追い出すと反応。気道内に大量の分泌物を出し洗浄しようと身体が反応することで、発作症状が起き、呼吸困難に陥るといった症状を引き起こします。

    喘息に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

     

    非アトピー型

    上記のようなアレルギー性のものではなく、日常生活による免疫力の低下の原因が起因し起こる病気です。ストレスや急激な気温の変化、タバコの煙や排気ガス、風邪やインフルエンザと、アレルギーによる原因ではなく、精神的、直接的に有害な物質が作用し引き起こすケースがあります。体調がすぐれているときなどは平気だったりしますが、特に疲れがある時は体調管理も重要といえます。

     

    喘息による症状や原因により治し方、治る病気なのかまったく違います。正確には喘息は治療するというよりも、その原因となる症状を取り除く、予防する。

    悪化するのを防ぐというのが主になります。どういったことが自分の体質改善に効果があるのか。どういった対処ができるのか。ただ呼吸がしづらいことが、全て気管支喘息の症状だと自己チェックで決めつけるのはとても危険です。一度症状が起きたときは病院で適切な処置、診断を受けて何が原因によって発作が起きているのか。アレルギー等であればハウスダストや花粉、ダニなどに気を付ける。非アトピー型であれば日々の働きすぎの状況をセルフケアしてあげたり、風邪などの症状が原因であれば、きちんと治療し治すことも大切なことです。

    喘息の基本情報についての詳しい解説はこちら

    喘息とは?ハウスダウトや排気ガスなど引き起こす原因が色々あがられ何が起因になっているか異なる場合があります。どういった症状があるのか、どういったことで改善できるのか。詳しく解説しています。

    喘息に関する基本情報

    参考サイト:リンク先
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。

  • 喘息(気管支喘息)とは?子供、大人に起こる原因

    喘息はかかえている人は今の現代社会。大気汚染や排気ガス等の近代化の影響も一つの原因として昭和の年代に比べて増加をしています。ハウスダストや花粉、黄砂、PM2.5など様々なことが起因して発症する人もいるといわれています。働きすぎの日本社会もストレスや過労で免疫力が低下した状態で、上記のようなことが起因となり発症するというのも決してありあえない話ではありません。色々な原因や要因が考えら、子供の時は発症率が高い傾向にありますが、大人でも喘息にならないと言い切れないといえます。

    喘息(気管支喘息)とは? その仕組みのメカニズム

    健康体な人は通常は何気なく呼吸をし、普段通りの生活を送っておられる人が大半です。
    喘息の症状がある人は、通常呼吸をするときに使う「気道」部分がずっと炎症をしている状態で気道を守っている気道上皮(きどうじょうひ・・・気道の表を保護する部分)がはがれて落ちてとても刺激を受けやすい状態になっています。

    喘息に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    ここにタバコ、ホコリ、ストレス、花粉等の刺激要素が過度に加わることで気道が細くなり、気道の外側にある平滑筋(へいかつきん・・・血管や気道を調整する筋肉)が収縮し気道をふさいでしまうことで、発作時、発作発症前は過度な炎症が起こり、痰が喉に絡みやすくなったり、つばなどの分泌物が絡みやすい状態となります。
    喘息の発作を起こしている人を身近に見ている人も少なくはないと思いますが、気道が狭くなることにより、呼吸がしづらい状態となって、過度にせき込んでしまったり、呼吸が荒い状態や呼吸をするたびに喉が鳴るような不自然な音が喉から聞こえてくるといった症状がおこります。

    人によってはその症状の症状の重さも違いますが、症状の度合いによりますが喘息は治る病気ではありません。治療の目的は主に発作を起こさないため。健康的な人と同じように生活をしてもらうこと、これが一つのゴールと言われています。
    ツボ治療や食事療法、適切な睡眠など緩和の効果があるともいわれていますが、自己判断でチェックするのではなく、医師の元適切な診断を受けて治療、対処してもらうのが何より大切なことといえます。

    喘息の基本情報についての詳しい解説はこちら

    喘息とは?ハウスダウトや排気ガスなど引き起こす原因が色々あがられ何が起因になっているか異なる場合があります。どういった症状があるのか、どういったことで改善できるのか。詳しく解説しています。

    喘息に関する基本情報

    参考サイト:リンク先
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。