• 育毛シャンプーと市販のシャンプーの違いは?実は育毛剤と一緒に使うと効果的!

    育毛シャンプーについて

    抜け毛・薄毛が気になる方で育毛シャンプーを使用している方もいるかもしれません。でも、育毛剤とどう違うのか気になる人もいるのではないでしょうか。実は、育毛シャンプーは育毛剤と合わせて使うことが大切です。その理由や育毛シャンプーの効果・役割について詳しくご説明します。
    1. 1.はじめに
    2. 2.育毛シャンプーと市販シャンプーの違いは?
    3. 3.育毛シャンプーの効果
    4. 4.自分に合った育毛シャンプーの選び方
    5. 5.まとめ

    はじめに

    最近抜け毛が多くなってきた、髪が薄くなってきた、そんなお悩みを持っている人は男女共にたくさんいます。

    また、少しでも改善させようと、育毛剤やAGA治療の検討をするもののお金や副作用の問題で躊躇してしまう方もいるのではないでしょうか。

    そこで、おすすめしたいのが育毛シャンプーです。
    はじめて聞いたという方もいるかもしれません。
    通常のシャンプーと比べ刺激が少なく頭皮や髪に負担をかけません。

    ここでは、育毛シャンプーを解説しますので、本記事を参考にしてみてください。

    脱毛症に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    育毛シャンプーと市販シャンプーの違いは?

    育毛シャンプーと市販シャンプーは、どちらもシャンプーには違いありません。
    また、育毛シャンプーという名前にはなりますが、育毛剤の効果が期待できるというわけではありません。

    では、どういう違いがあるかを下記でご説明します。

    低刺激でお肌に優しい
    シャンプーの強すぎる刺激が抜け毛の原因の一つとして言われています。

    通常のシャンプーは、洗浄力が強すぎるため必要な皮脂まで根こそぎ落としてしまいます。
    しかし、育毛シャンプーは通常のシャンプーと比べて頭皮への刺激が弱く、髪と肌に優しいです。

    頭皮環境を整える成分が配合されている
    頭皮の血行を良くしたり、保湿したり、頭皮環境を健康に整える成分が含まれています。
    このような成分は育毛剤にも入っていますが、育毛剤を使う前の下準備として役に立ちます。

    頭皮環境を整えることで発毛する可能性はあるため、育毛シャンプーを使ったあとに育毛剤を使うことで、効率よく育毛効果を感じることができるはずです。

    市販のシャンプーの成分に注意
    育毛シャンプーは、髪や頭皮に優しい成分が入っていると説明しましたが、ここでは、注意したい市販シャンプーの成分についてご説明します。

    界面活性剤
    昨今の健康ブームで、名前は聞いたことがあるという人もいるかもしれません。
    市販のシャンプーの裏面に記載されている「ラウレス硫酸Na」「ラウリル硫酸」「パレス硫酸」が、界面活性剤と呼ばれます。

    この界面活性剤は、汚れ・油を落とす成分です。

    界面活性剤は台所洗剤とほぼ同じ強さのかなり強い洗浄力があり、あまりの強さのため必要な皮脂まで落としてしまいます。

    育毛シャンプーの効果

    育毛シャンプーは、頭皮の環境をよくして、抜け毛・薄毛を予防する働きがあります。
    髪のトラブルが減ることで、頭皮から髪が生えやすくしてくれるのが育毛シャンプーです。

    あくまで予防なので髪を生やす効果は育毛剤に比べると期待できないですが、抜け毛予防にはとても効果的です。

    まずは頭皮環境を整えることが大切ということもあり、育毛シャンプーのあとに育毛剤を使えばより育毛効果を発揮してくれます。

    育毛シャンプーのすごいところ
    頭皮への負担が少ない
    通常のシャンプーは刺激が強く肌が荒れることもありますが、育毛シャンプーは髪と頭皮を考えた優しい成分でできているので安心して使うことができます。
    また、育毛剤より値段が安いことが多いため、コスト面でも負担が少なく良いです。

    育毛剤の効果がよりアップ
    血行がよくなったり、頭皮のケアをしっかりしてくれます。
    育毛剤のベースとして使うと良いです。

    脱毛症に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    自分に合った育毛シャンプーの選び方

    育毛シャンプーと言ってもたくさんの商品があります。
    しかも、商品によって成分も少しづつ違うため、何を選んだら良いか分からないかもしれません。
    そこで、育毛シャンプーを選ぶ基準についてご説明します。

    あまりにも安いものは避ける
    安いシャンプーはコストを抑えるために、化学物質が多く含まれている可能性があるため、注意が必要です。
    いくら洗い心地がよくサッパリするからといっても、頭皮環境が悪くなってしまってはせっかくの育毛シャンプー効果も台無しです。
    また、なかには、界面活性剤が使われている育毛シャンプーもあるかもしれませんので、裏面にて成分を確認すると良いでしょう。

    天然由来成分のもの
    できるだけ化学物質は避けるようにしましょう。
    すべてなくすことはできませんが、天然由来成分の方が、肌には優しいです。
    天然由来成分配合の育毛シャンプーを選ぶと良いでしょう。

    まとめ

    最後に育毛シャンプーを効果的に使う方法をお話しします。

    洗う前に、ブラッシングをしましょう。
    フケやほこりを取り除いて、十分に手のひらで泡立ててからシャンプーをします。
    すすぎは十分に行い、シャンプーを洗い流してください。

    継続することで効果が期待できます。諦めないで続けましょう。
    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。