• 出産経験ある女性で心疾患や脳卒中による死亡リスク減 約4万人の日本人女性を解析、JPHC研究

    出産経験がある日本人女性は、経験がない女性に比べて心疾患や脳卒中、がんによる死亡リスクが低い可能性のあることが、国立がん研究センターなどによる多目的コホート(JPHC)研究から分かった。

    出産や授乳を経験した女性や閉経年齢が高い女性では、そうでない女性と比べて全死亡リスクが低い可能性があることも示されたという。
    詳細は「Annals of Epidemiology」6月14日オンライン版に掲載された。

    出産や授乳の経験や月経歴などの女性に特有な要因が健康に多大な影響を及ぼすことは明らかだが、死亡リスクとの関連については結論に至っていない。
    研究グループは今回、JPHC研究に参加した40~69歳の女性を長期にわたり前向きに追跡したデータを用いて、これらの要因と全死亡リスクや心疾患と脳卒中、呼吸器疾患、がんによる死亡リスクとの関連を調べた。

    研究では、ベースライン時(1990~1994年)に全国11地域に在住し、がんや循環器疾患の既往がなかった40~69歳の女性4万149人を対象に、2014年まで追跡した。

    心疾患に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    ベースライン時に行ったアンケート結果から、女性の出産経験や出産人数、授乳経験、初産年齢、初潮や閉経を迎えた年齢とその間の年数、月経周期、ホルモン療法の施行歴を調べた。

    平均で20.9年の追跡期間中に、4,788人の死亡が確認された。解析の結果、全死亡リスクは、出産経験がない女性に比べて出産経験がある女性では26%低いことが分かった。

    全死亡リスクは、出産人数が1人の女性に比べて2人または3人だった女性では12~17%低く、授乳経験がない女性と比べて授乳経験がある女性では19%低かった。

    また、初潮から閉経までの年数が長いほど全死亡リスクは低下した。初産年齢については、22歳以下の女性に比べて30歳以上の女性では全死亡リスクの上昇がみられた。

    さらに、死因別の死亡リスクを分析した結果、出産経験がない女性に比べて出産経験がある女性は、心疾患と脳卒中、全てのがんや乳がん、卵巣がんによる死亡リスクが低いことが明らかになった。

    以上の結果から、研究グループは「出産経験がある日本人女性は、経験がない女性に比べて全死亡や心疾患、脳卒中、全てのがんや乳がん、卵巣がんによる死亡リスクが低い可能性がある」と結論づけている。

    また、こうした結果の背景として、親となったことで意識や生活習慣が向上した可能性や、エストロゲンや授乳中に分泌されるオキシトシンなどのホルモンによる影響を挙げている。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2018年8月6日
    Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • 「脱毛症」「若白髪」で男性の心疾患リスク5倍?

    男性型脱毛症または若白髪がある男性では、これらがない男性と比べて40歳までに心疾患を発症するリスクが5倍を超えるとする研究結果がインド心臓病学会(CSI 2017、11月30~12月3日、インド・コルカタ)で発表された。

    この研究を実施したU.N.メータ研究所心臓研究センター(UNMICRC、インド)のKamal Sharma氏は「男性型脱毛症や若白髪を冠動脈疾患のリスク因子として考慮すべきだ」としている。

    対象は、冠動脈疾患がある40歳未満のインド人男性790人と、年齢をマッチさせた健康なインド人男性1,270人(対照群)。
    全ての男性に心電図検査や心臓超音波検査、血液検査、冠動脈造影などの検査を実施し、病歴を聴取した。また、男性型脱毛症および白髪の程度を評価した。

    その結果、冠動脈疾患患者では、健康な男性と比べて男性型脱毛症がある割合が高く(49%対27%)、若白髪がある割合も高かった(50%対30 %)。
    また、年齢と他の心血管リスク因子で調整後の冠動脈疾患リスクは、男性型脱毛症があると5.6倍に、また若白髪があると5.3倍に高まることが示された。

    心疾患に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    さらに、40歳未満のインド人男性では男性型脱毛症と若白髪はいずれも冠動脈疾患の最も強い予測因子で、次に強い予測因子は肥満(4.1倍のリスク)だった。
    糖尿病や高血圧、冠動脈疾患の家族歴、腹部肥満、高BMI、脂質異常症、喫煙も冠動脈疾患の予測因子ではあったが、男性型脱毛症や若白髪、肥満と比べると関連は弱かった。

    この結果を踏まえ、Sharma氏は「男性型脱毛症と若白髪は全体的な心血管リスクに影響する生物学的年齢の指標である可能性がある」との見方を示している。

    また、同研究所のDhammdeep Humane氏は「男性型脱毛症や若白髪のある男性には、冠動脈疾患の監視を強化し、健康的な食事や運動、ストレスへの対処などを通じた生活習慣の是正を指導すべき」と指摘。

    ただし、この研究はこれらの因子と冠動脈疾患との関連を示しているに過ぎない点を強調し、「さらなる研究で因果関係が証明されるまでは、男性型脱毛症や若白髪のある男性にスタチン療法を勧めるべきではない」としている。

    なお、学会発表された研究は査読を受けて医学誌に掲載されるまでは予備的なものとみなされる。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2017年11月30日
    Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • 「砂糖に心疾患やがんのリスク」業界団体がデータ隠蔽か

    砂糖の主成分であるショ糖が心疾患や膀胱がんのリスクを高める可能性を示唆した約50年前の研究結果を、米国の砂糖の業界団体が隠蔽し続けてきたと指摘する論文が「PLOS Biology」11月21日オンライン版に掲載された。

    内部文書の分析に基づきこの論文を執筆した米カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)のStanton Glantz氏らは「喫煙の害を示す研究結果を大手たばこ企業がもみ消した事例と共通した問題だ」としている。

    Glantz氏らは今回、1967~1971年に砂糖研究財団(Sugar Research Foundation ; SRF、現・砂糖協会)による資金提供を受け英バーミンガム大学の研究者らが実施した「プロジェクト259」と呼ばれる研究に関する内部文書を分析した結果を発表した。
    この研究では、ラットにショ糖とでんぷんのいずれかが多く含まれた餌を与えたところ、ショ糖を与えたラットではでんぷんを与えたラットと比べ、心疾患リスクと強く関連するトリグリセライド値(中性脂肪)が上昇し、当時から膀胱がんとの関連が指摘されていたβ-グルクロニダーゼと呼ばれる酵素の値も上昇する可能性が示唆された。

    しかし、研究者らがこれらの予備データをSRFに提示したところ、研究を続けるための資金提供が打ち切られてしまったという。
    また、この予備データはその後公表されることはなかった。

    膀胱がんに関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    「研究者たちは砂糖の有害性を示唆するデータを彼ら(SRFの関係者)に示し、『研究を終わらせるにはあと数週間必要だ』と説明した。
    ところが彼らはデータを見て『その必要はない』と回答し、全てをなかったことにした」とGlantz氏は話す。同氏は「この研究データは砂糖の取り過ぎと心血管リスクとの関連について解明を進める一助となったはずだが、業界団体はそれを求めていなかった」との見方を示している。

    なお、プロジェクト259が実施された当時、米食品医薬品局(FDA)は砂糖の含有量が多い食品に対して規制を強化するかどうかを検討中であった。
    論文の筆頭著者であるUCSF のCristin Kearns氏は「この結果が公になっていれば、砂糖はもっと厳しく監視されていた可能性がある」としている。

    一方、今回Glantz氏らがまとめた論文について、砂糖協会は「プロジェクト259は進捗が大幅に遅れ、予算も超過していた」と説明。
    「砂糖協会は設立当初から一貫して科学研究と技術革新を尊重してきた。現在も消費者の食習慣における砂糖の役割について理解を深めるための研究支援に尽力している」としている。

    米レノックス・ヒル病院で減量プログラムを実施しているSharon Zarabi氏は、Glantz氏らの報告を受け「われわれが何を食べるべきかを示す政府のガイドラインが、食品業界のロビイストによって左右されている実態が明らかになった」とコメント。
    特定の食品の摂取を支持する研究の多くが業界の資金援助によるものであることを指摘している。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2017年11月21日
    Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • 心疾患予防に「瞑想」が有効な可能性、米学会が見解

    「瞑想」が心疾患のリスク因子に対して有効である可能性があるとする米国心臓協会(AHA)の声明文が「Journal of the American Heart Association」9月28日オンライン版に掲載された。

    近年、瞑想がストレスや抑うつといった心疾患のリスク因子を軽減することを示唆する研究結果の報告が相次いでいたことから、今回AHAは初めて瞑想に関するエビデンスのレビューを実施し、それに基づき現時点でのAHAの見解を示したという。

    AHAのプレスリリースによると、瞑想が健康に好影響を与えることが、多くの研究で示唆されているという。
    また、米国人の約8%がなんらかの瞑想を行っており、心血管疾患患者の17%が瞑想の効果を検証することを目的とした臨床試験への参加に興味を示しているとの調査報告もあるという。

    心疾患に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    瞑想にはさまざまな種類があるが、今回のレビューでは座禅やマインドフルネス、ラージャヨーガ、サマタ、ヴィパッサナーなどの米国で一般的な座ったまま行う瞑想に関する研究論文を対象とした。
    その結果、瞑想によってストレスや不安、抑うつのレベルが低下し、睡眠の質や全般的な健康状態が向上する可能性があることが分かったという。
    また、瞑想は血圧値の低下や禁煙成功率の向上、心筋梗塞リスクの低下にも寄与する可能性が示されているが、実施された研究が少ないため十分なエビデンスはなかったとしている。

    以上を踏まえ、AHAは「心疾患リスクの低減では脂質値や血圧値の上昇に対する確立された治療と生活習慣の是正を主軸とすべきだが、これらに加えて瞑想を取り入れることもリスク低減に役立つ可能性がある。
    ただし、瞑想によるベネフィットが確実にあるかどうかは現時点では不明であり、従来の治療に代わるものではないことを認識しておく必要がある」との見解を示している。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2017年9月28日
    Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • 地中海食による心疾患予防、効果あるのは高収入か高学歴の人のみ?

    果物や野菜、魚、オリーブ油、ナッツ、全粒穀物などが豊富な地中海食には、心疾患を予防する効果があると考えられているが、その恩恵を受けられるのは高収入か高学歴の人に限られる可能性が、新たな研究で示された。この研究結果は「International Journal of Epidemiology」8月1日オンライン版に掲載された。

     この研究は、イタリアの臨床研究施設であるI.R.C.C.S. ニューロメド研究所のGiovanni de Gaetano氏らのグループが実施したもの。同国の前向きコホート研究「Moli-sani研究」に登録された35歳以上の男女約1万9,000人を中央値で4.3年間、追跡した。追跡期間中に252件の心血管イベントが発生したが、日常的な食事内容がどの程度地中海食に当てはまっているかを「地中海食スコア」で評価したところ、同スコアが2ポイント上昇するごとに心血管疾患リスクが15%低下することが分かったという。

    心疾患に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

     しかし、このような地中海食による心血管疾患リスクの低下は高収入の人や高学歴の人でのみ認められ、低収入の人や低学歴の人では認められなかった。地中海食によって同リスクは高収入の人で61%、高学歴の人では57%低下することが示された。

     高収入の人には定期的な運動や健康診断の受診、禁煙といった健康的な習慣がある人が多いが、今回の研究ではこうした習慣や婚姻状況、BMIといった因子を考慮しても同じ結果が得られたという。

     そこで研究グループは、地中海食による心血管疾患リスクへの影響が収入や学歴によって異なる原因についてさらに調べたところ、たとえ地中海食スコアが同程度であっても高収入の人では低収入の人と比べて肉の摂取量が少なく、魚や全粒穀物の摂取量が多いことが分かった。また、高収入の人は低収入の人よりも多くの種類の抗酸化物質などが豊富に含まれる果物や野菜を摂取し、また収入や学歴が高い人ほど食品中の栄養素を維持することができる方法で野菜を調理する傾向にあることも明らかになった。

     魚やオリーブオイルといった地中海食でも特に栄養学的に価値の高い食品の多くは安価ではない。米ボストン大学のJoan Salge Blake氏は「健康的な食品の入手のしやすさや価格は、明確にその人の食事内容や生活習慣の質に影響する」と認めた上で、家計に負担なく地中海食を取り入れる方法として、安売りしている農産物を購入したり、旬の食材を選んだりすること、調理では加熱し過ぎないよう心掛けることなどを勧めている。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2017年8月1日
    Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。

  • ED治療薬が心疾患のステント治療に有望

    男性の勃起不全(ED)に対する効果で知られるシルデナフィル(商品名:バイアグラ)が、虚血性心疾患に対するステント治療でも有望であることを示すラットを用いた研究結果が米国心臓協会(AHA)Basic Cardiovascular Sciences学術集会(BCVS 2017、7月10~13日、ポートランド)で報告された。

     血管内に「ステント」と呼ばれる小さな金属製の筒状の医療機器を留置して血管を広げるステント治療は、心筋梗塞や狭心症に対する治療の1つとして広く実施されている。しかし、「ベアメタルステント(BMS)」と呼ばれる従来型の金属がむき出しのステントを使用すると、血管の内膜が増殖して肥厚し、再び血管が狭窄してしまう場合がある。

     一方、こうした問題を克服するために開発された、ステントに薬剤を塗布した「薬剤溶出ステント(DES)」は、再狭窄リスクは低減できるものの、ステントの周囲に血栓ができるリスクがあることが分かっている。

     今回、ソウル大学病院(韓国)のHan-Mo Yang氏らは、実験室での検討で、シルデナフィルが血小板凝集を30%抑制することを確認。また、同薬をラットに使用すると、動脈壁の肥厚を防ぐ酵素であるプロテインキナーゼG(PKG)の活性が増強されることを明らかにした。

     ステントの留置により血管が損傷するとPKGの活性が低下し、血管壁の肥厚や血小板凝集が促進される。今回、シルデナフィルがPKGの活性を増強することが示されたことを受け、Yang氏らは「ステントを留置した患者にも同様の効果が期待できる」との見方を示し、「ラットを用いた研究であるため、今後ヒトを対象とした大規模研究で検証する必要はあるが、シルデナフィルはDESに塗布する薬剤として、またステント留置後に経口投与する薬剤として適している可能性がある」と述べている。

    勃起不全に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

     さらに同氏らは「シルデナフィルは既に別の目的で広く使用されている薬剤であるため、今後、同薬がステント治療後の再狭窄に有効であることが確認されれば、すぐにも利用可能になるのではないか」としている。

     米ノースショア大学病院の心血管インターベンション治療医であるAvneet Singh氏も、「ステント治療にシルデナフィルを用いるというアプローチは有望」と評価。「血栓や瘢痕化による再狭窄リスクは、依然としてステント治療の弱点である」とした上で、「シルデナフィルの使用がステント治療をさらに安全かつ有効なものにする新境地を開く可能性がある」と期待を寄せている。

     一方、米レノックス・ヒル病院のCarl Reimers氏は、この研究は心臓に近い冠動脈ではなく、心臓から脳へつながるラットの頸動脈を用いて行われた点を指摘。「現時点での臨床的意義があるかどうかを判断するには不十分な研究である」との見解を示している。

     なお、一般的に学会で発表された研究結果は、査読を受けて医学誌に掲載されるまでは予備的なものとみなされる。

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2017年7月10日
    Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。