• 通勤通学時の騒音で難聴に?

    トロント大学(カナダ)などの研究グループがトロント市街地で実施した騒音調査から、通勤や通学で地下鉄やバスなどの公共交通機関や自転車などを利用する人は、日常的に基準値を超えるレベルの騒音にさらされていることが明らかになった。

    同グループは「騒音が原因で難聴になる可能性がある」として、対策を呼び掛けている。詳細は「Journal of Otolaryngology — Head & Neck Surgery」11月23日オンライン版に掲載された。

    騒音調査は2016年4月から8月にかけて平日の午前7時から午後7時までトロント市街地で実施した。
    装着型の騒音計を用いて地下鉄や路面電車、バスの車内およびプラットホームのほか、自動車や自転車の利用時の騒音レベルを測定した。
    測定回数は計210回だった。

    その結果、騒音レベルは路面電車(車内とプラットホームでの測定値の平均)の71.5デシベルに対して地下鉄(同)で79.8デシベル、バス(同)で78.1デシベルと高いことが分かった。
    また、自動車の車内と比べて地下鉄のプラットホームの方が騒音レベルの平均値が高いことも明らかになった(76.8デシベル対80.9デシベル)。

    難聴に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    さらに、測定ごとの最も大きな騒音を「ピーク騒音」とした場合、地下鉄で測定されたピーク騒音の19.9%が114デシベルを、路面電車で測定されたピーク騒音の20%が120デシベルを超えていた。
    バスのプラットホームではピーク騒音の85%が114デシベルを超え、54%が120デシベルを超えていた。
    このほか、自転車利用者がさらされているピーク騒音は全て117デシベルを超え、このうち85%が120デシベル超の騒音だった。

    なお、米国環境保護庁(EPA)は難聴リスクをもたらす騒音レベルの基準を114デシベルで4秒以上、117デシベルで2秒以上、120デシベルで1秒以上としている。
    今回の研究を実施した同大学耳鼻咽喉科頭頸部外科のVincent Lin氏らは「われわれの研究は騒音にさらされると難聴になるという因果関係を明らかにしたものではないが、トロントの交通機関で測定されたピーク騒音はEPAの基準値を超えていた」と指摘する。

    Lin氏によると、短時間であっても大きな騒音にさらされることで、それよりも小さな騒音に長期的にさらされる場合と同程度の有害な影響がもたらされることが分かっている。
    また、慢性的な過度の騒音への曝露は抑うつや不安、慢性疾患などのリスクを上昇させるなど、全身に影響することも明らかになりつつあるという。
    こうしたことから、同氏は「今後、公共スペースや公共交通機関を設計する際には騒音による健康リスクについても考慮すべきだ」と強調している。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2017年12月4日
    Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • 難聴は脳の健康にも影響

    難聴を抱える人は64~74歳で約3人に1人、75歳以上では約半数を占めるといわれています。難聴は会話に不便なだけでなく、脳の健康にも影響を及ぼすことがあるといいます。2011年に実施された研究では、難聴の高齢者は認知症になるリスクが高いことが分かっています。

    難聴の程度と認知症リスクにも直接的な関係が認められており、軽度の難聴では認知症リスクが2倍、中等度の難聴では3倍、重度の難聴では5倍にもなります。

    また、影響があるのは記憶力だけではありません。
    別の研究では、難聴のある高齢者は、聴力の正常な人に比べて集中力の低下が早いことも明らかにされています。

    情報元:米国立老化研究所(NIA)

    認知症に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。
    軽度認知症の基本情報についての詳しい解説はこちら

    軽度認知障害(MCI)の症状や原因、セルフチェック方法。また認知症へ進行しないための予防策や治療方法にはどのようなものがあるのか、詳しく解説しています。

    軽度認知症に関する基本情報

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2017年11月15日
    Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • 高齢者の4割超に「医師の話を聞き取れない」経験あり

    高齢者の4割超に医師の話を聞き取れなかった経験があることが、ユニバーシティ・カレッジ・コーク(アイルランド)医学部のSimon Smith氏らによる調査で明らかになった。患者と医師のコミュニケーションに問題があると医療事故が起きやすいため、同氏は「難聴の高齢患者が医師の話を聞き損ねたり、聞き違えたりすることで、思いがけない医療事故のリスクが高まる可能性がある」と警鐘を鳴らしている。詳細は「JAMA Otolaryngology–Head & Neck Surgery」8月24日オンライン版に掲載された。

    Smith氏らは今回、コーク大学病院の60歳以上の外来患者100人を対象とした聞き取り調査を実施した。その結果、57人に難聴があり、特に80歳以上でその頻度が高いことが分かった。また、26人が補聴器を使用していた。

     さらに、43人が「診療所や病院で医師や看護師の話を聞き損ねたり聞き違えたりしたことがある」と回答。主な状況として、「言われた内容を誤解する」「医師の診断やアドバイスを正確に聞き取れない」「難聴が原因で全般的に医師とコミュニケーションが取れない」などがみられた。

     Smith氏は、医師や看護師、家族の間でのコミュニケーションを向上させることで、医療事故の36%を回避できるとする過去の研究結果を紹介。医療事故を防止する上で円滑なコミュニケーションが重要であることを強調している。

    難聴の治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索

    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

     ただし、同氏は「医師が大きな声で話せば解決する問題ではない」と指摘。「背景の雑音と話す声を聴き分ける機能は複雑で、音量だけの問題ではない」と説明する。補聴器の使用も、全ての高齢者に適した解決法とはならないという。このことから、同氏は「難聴を原因としたコミュニケーションの問題について、今後さらなる研究が必要」と話している。

     なお、米レノックス・ヒル病院のDarius Kohan氏によると、聴力の低下は60歳以降に始まることが多いという。特に医療現場では背景の雑音が会話での聞き取りを妨げる上に、医療従事者が話す内容は専門的でなじみがない言葉が使われる場合が多いため、既に病気に苦しんでいる患者にとってはストレスの多い環境といえる。こうしたことから、同氏は、静かな病室や診察室で医師、患者、家族だけで話すことを勧めている。

     一方、米ノースウェル・ヘルスのMaria Torroella Carney氏は「難聴があると脳への刺激が減り、記憶力も低下するため、適切に評価して治療する必要がある」としている。ただ、補聴器には保険が適用されないことが多く、購入をためらう患者は少なくない。そこでCarney氏は一部の患者に集音器(単純に耳の中で音を大きくする機器)を使用してもらっているという。「特に重要な情報を伝える必要がある場合には、集音器を使用することで格段にコミュニケーションが取りやすくなる」と同氏は話している。

     さらに同氏は「難聴は患者に孤独を感じさせ、QOLにも影響する」と指摘。認知機能の低下を予防するためにも高齢者には聴力検査を実施し、最善の対応策を見つけることが重要だとしている。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2017年8月24日
    Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。