• 熱やケガの痛み…解熱薬や鎮痛薬はどれを飲むのが良いか?

    NSAIDsについて

    解熱鎮痛薬は発熱を抑えたり、ケガなどの痛みを和らげたりしてくれます。現在では様々な種類の有効成分や錠剤、湿布薬など様々な剤形が存在します。今回はそんな解熱鎮痛薬の効き方から選び方まで解説します。
    1. 1.はじめに
    2. 2.NSAIDsとは?
    3. 3.様々なNSAIDsとその分類
    4. 4.効果が続く時間でのNSAIDsの分類
    5. 5.患者タイプ別に分けたNSAIDsとアセトアミノフェンの使い方
    6. 6.まとめ

    はじめに

    風邪などで熱が出た場合や、ケガをしてしまった場合によく服用するのが解熱鎮痛薬、皆さんも1度は飲んだことがあると思います。解熱鎮痛薬はドラッグストアなどでも沢山販売されており、様々な有効成分があり、飲み薬、湿布薬など剤形も様々です。
    今回はそんな痛み止めについて効き方から剤形のタイプまでどれを選ぶのが良いかも含めて紹介します。
    代表的な痛み止め”NSAIDs”と”アセトアミノフェン”

    NSAIDsに関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    NSAIDsとは?

    発熱や痛みは体の炎症の1部です。炎症を抑える有効成分としてステロイドがありますが、これ以外の抗炎症作用をもつ有効成分をNSAID(Non Steroidal Anti-Inflammatory Drug 非ステロイド抗炎症薬)と呼んでいます。
    NSAIDsには化学構造によって多くの種類の有効成分が存在します。

    アセトアミノフェンとは?
    アセトアミノフェンは有効成分の一つであり、NSAIDsと同じ解熱鎮痛薬です。
    非ピリン系解熱鎮痛薬に分類されており、解熱、頭痛に効くことから風邪薬によく配合されています。

    NSAIDsとアセトアミノフェンの違いは?
    NSAIDsの薬の方が作用は強く、炎症を抑える効果があります。
    ただし、アセトアミノフェンの薬の方が子どもや妊婦でも使えます。
    また、アセトアミノフェンの薬の方が効き目はやさしめとなります。

    ただし、NSAIDsの薬、アセトアミノフェンの薬を状況によって使い分けた方が良いため、必ず医師・薬剤師に相談の上で使うようにしてください。

    様々なNSAIDsとその分類

    NSAIDsはその化学構造によって酸性と中性、塩基性に分かれています。
    代表的なNSAIDsは以下の通りです。(◎は市販薬でも購入できます)

    ■酸性のNSAIDs
    ◎アスピリン
    メフェナム酸
    ◎ジクロフェナク
    ◎インドメタシン
    スリンダク
    モフェゾラク
    エトドラク
    ナブメトン
    ◎イブプロフェン
    ◎ロキソプロフェン
    ナプロキセン
    アンピロキシカム
    メロキシカム
    ロルノキシカム

    ■中性のNSAIDs
    セレコキシブ

    ■塩基性のNSAIDs
    チアラミド
    エモルファゾン

    様々なNSAIDsの剤形
    NSAIDsはいわゆる錠剤や湿布薬など用途や目的に合わせて様々なタイプの剤形が存在します。

    徐放製剤:
    体内でゆっくりと溶け出すように特殊な製剤化を施した薬で痛み止めとしての効果を持続させることができ1日の服用回数を減らすことが出来ます。また副作用を軽減する事も出来ます。効果がやや弱い場合があります。

    座剤:
    いわゆる座薬です。肛門に挿入するでやや面倒ではありますが胃腸障害を減少させる働きがあります。

    プロドラッグ:
    プロドラッグとは胃に吸収される前は成分の活性がなく、吸収されてから肝臓で代謝されて薬効を発揮します。その為、胃腸障害が少ないとされています。

    貼付薬:
    いわゆる湿布薬です。胃を通過しない為、胃腸障害が起きにくいです、打ち身や捻挫など局所的な痛みに適しています。

    経皮吸収剤:
    いわゆるゲルやローションなどの塗り薬です。貼付薬と同じく胃を通過しないので胃腸障害が起こりにくいです。湿布薬が貼りにくい場所の使用に適しています、やや効果が弱いのが問題点としてあげられています。

    NSAIDsに関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    効果が続く時間でのNSAIDsの分類

    NSAIDsの有効成分はそれぞれ効果が持続する時間が違ってきます。
    効果が長時間効くものは1日1回か2回服用で24時間効果が続きます。効果が短く効くものは1日3回で効果が続きます。
    長時間効くものは強い骨折や痛みの原因の完治が長くなりそうな場合や1日中続くような痛みに向いています。短く効くものは一時的な頭痛など、単発的に起こる痛みに向いています。

    ・長く効くNSAIDs
    メロキシカム
    ナプロキセン
    エトドラク

    ・短く効くNSAIDs
    イブプロフェン
    ロキソプロフェン
    ジクロフェナク

    患者タイプ別に分けたNSAIDsとアセトアミノフェンの使い方

    妊婦さんや高齢の方など解熱鎮痛薬は使用する患者さんによっては副作用が現れやすい場合があり、以下のようにそれぞれに適した解熱鎮痛薬を選ぶ必要があります。

    胃弱,胃腸障害がある方に推奨:
    アセトアミノフェン、プロドラッグ、イブプロフェン、ロキソプロフェン、ナプロキセン、セレコキシブ、エトドラク、メロキシカム、座剤、貼付薬)

    高齢者に推奨:
    短く効くイブプロフェン、ロキソプロフェン、ジクロフェナクを少ない用量で服用、貼付薬

    妊婦:
    NSAIDsはなるべく服用しないこと、服用するならばアセトアミノフェン

    まとめ

    解熱鎮痛薬のNSAIDsとアセトアミノフェンについて解説しました。
    解熱鎮痛薬は用途に合わせて副作用なく使ってゆく事が大事です。
    ドラッグストアでも様々な有効成分のものが販売されており、いろいろ迷ってしまうと思います。
    そんな時は知識が豊富な薬剤師や登録販売者に訪ねてアドバイスをもらいましょう、その際にどのような痛みなのか?その痛みがどれ位続くのか?など詳細な情報を伝える事でより自分に合った解熱鎮痛薬を見つけることが出来るでしょう。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
  • 痛みを感じない家族に共通の遺伝子変異、疼痛緩和の手がかりに

    イタリアのある家族は、不思議なことに痛みとは無縁の生活を送っている。

    英ロンドン大学(UCL)ウォルフソン生物医学研究所のJames Cox氏らは、この家族の遺伝子解析を実施し、共通の遺伝子変異があることを突き止めたと「Brain」2017年12月13日オンライン版に発表した。
    同氏らは「新たな鎮痛薬の開発につながる知見」としている。

    Cox氏らが今回、遺伝子解析を実施したのは78歳の女性とその娘2人、さらに孫3人の三世代にわたるMarsili家の6人。Marsili家の人たちは熱傷を負っても骨折しても痛みを感じず、唐辛子の辛さも感じないという。
    しかし、全身に痛みを感じるための神経が走っていることは確認されている。
    「ただ、これらの神経は正常に働いていない」とCox氏は説明する。

    鎮痛薬に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    同氏らがこの家族6人の遺伝子解析を実施した結果、全員にZFHX2遺伝子の変異があることが分かった。
    また、Marsili家の一家と同様のZFHX2遺伝子の変異があるマウスを作製して高温による痛みを与える実験を行ったところ、痛みに対する感覚が失われていることが明らかになったという。

    慢性疼痛の患者数は多く、全人口の10%が中等度から重度の慢性疼痛に苦しんでいると推定されている。
    治療が難しい場合も多く、中毒性のあるオピオイド鎮痛薬に救いを求める患者もいる。
    Cox氏らは「Marsili家のように一部の人で痛みを感じにくい原因を解明することで、安全に慢性疼痛を治療できる新薬の開発につなげられるかもしれない」としている。

    この研究論文の共著者であるシエナ大学(イタリア)のAnna Maria Aloisi氏は「今回の研究で同定された遺伝子変異が痛みの感じ方にどのように影響しているのか、また他にも痛みの感覚に関与する遺伝子があるのかどうかについて、今後さらなる研究が必要だ。
    それによって新たな鎮痛薬の開発で何を標的とすべきかが明らかになるだろう」と付け加えている。

    (HealthDay News 2017年12月14日)

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2017年12月14日
    Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • 「風邪による咳に効く薬はない」米学会が見解

    しつこい咳を抑える風邪薬を探し求めている人に、残念なニュースだ。

    市販されているさまざまな咳止めの薬から米国で「風邪に効く」とされているチキンスープといった民間療法まで、あらゆる治療法に関して米国胸部医学会(ACCP)の専門家委員会が文献のシステマティックレビューを行ったところ、効果を裏付ける質の高いエビデンスがある治療法は一つもなかったという。
    これに基づき同委員会は指針をまとめ、「風邪による咳を抑えるために市販の咳止めや風邪薬を飲むことは推奨されない」との見解を示した。

    このシステマティックレビューと指針はACCP専門家委員会の報告書として「Chest」11月号に掲載された。
    筆頭著者で米クレイトン大学教授のMark Malesker氏によると、数多くの米国人が風邪による咳に対して市販薬を使用しており、2015年の米国における市販の風邪薬や咳止め薬、抗アレルギー薬の販売額は95億ドル(約1兆700億円)を超えていたという。

    今回、同氏らはさまざまな咳に対する治療法の効果を検証したランダム化比較試験(RCT)のシステマティックレビューを実施した。
    その結果、抗ヒスタミン薬や鎮痛薬、鼻粘膜の充血を緩和する成分が含まれる風邪薬に効果があることを示す一貫したエビデンスはなかった。

    風邪に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    また、ナプロキセンやイブプロフェンなどの非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)の試験データの分析からも、これらの効果を裏付けるエビデンスはないことが分かった。

    ACCPがこのトピックについてシステマティックレビューを実施したのは2006年に発表した咳ガイドライン以来だが、「残念ながら2006年以降、風邪が原因の咳に対する治療の選択肢にはほとんど変化がない」と同氏らは説明している。

    では、眠れないほどつらい咳にはどう対処すればよいのだろうか。Malesker氏によると、1歳以上の小児に対しては蜂蜜にある程度の効果があることを示した複数の研究があるという。ただし、1歳未満の小児に蜂蜜は与えるべきではないとしている。

    また、成人の咳には亜鉛トローチが有効であるとの弱いエビデンスがあるが、使用を推奨するには不十分で、亜鉛には副作用もあるため注意が必要だとしている。
    このほか、チキンスープやネティポット(鼻洗浄)といった民間療法についても強いエビデンスはなかった。

    ただし、Malesker氏は「お気に入りのお茶やスープを飲んで気分が良くなるなら、そうするべき」と話す。また、市販の風邪薬を試す場合、医師や薬剤師に相談することが望ましく、特に2歳未満の小児に薬を飲ませる場合にはかかりつけの小児科医に相談すべきだとしている。

    さらに、市販されている風邪薬には眠気などの副作用があることに加え、咳止めのシロップに含まれていることの多いデキストロメトルファンには乱用リスクがある点についても注意が必要だという。

    米国立ユダヤ医療研究センターのDavid Beuther氏は「咳を止める効果的な手段がいまだに見つかっていないことにいら立ちを感じている。
    風邪による咳は睡眠やQOL(生活の質)に影響することもある」とした上で、「そんな時は手っ取り早い方法を求めがちだが、休暇を取って安静にすることも必要だ」と助言している。
    水分摂取も咳の原因となる粘液を洗い流すのに有効だという。

    なお、頻繁に風邪をひく場合や咳が長引く場合は軽度の喘息や慢性副鼻腔炎などの疾患が隠れている可能性もあるため、医師に相談した方がよいとしている。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2017年11月8日
    Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • センサー内蔵の“デジタル錠剤”、米で承認

    米食品医薬品局(FDA)は11月13日、センサーが内蔵された“デジタルメディスン”のエビリファイ マイサイト(Abilify MyCite)を承認したと発表した。

    エビリファイ マイサイトは統合失調症などの治療薬として既に承認されている抗精神病薬のアリピプラゾール(商品名エビリファイ)に微小なセンサーが埋め込まれた錠剤で、飲み込むと体内でシグナルを発し、患者が指示通り薬を飲んでいるかどうかを介護者や医療従事者が確認できるという。

    エビリファイ マイサイトは大塚製薬と米プロテウス・デジタル・ヘルス社が共同開発した。内蔵されたセンサーは胃液に接するとシグナルを発し、患者の身体に貼り付けたパッチ型のシグナル検出器「マイサイト パッチ」が服薬の日時や患者の活動量などを記録する。
    その後センサーは体内で消化、吸収されることなく安全に体外に排泄されるという。

    また、専用アプリを使用することでスマートフォンなどの端末で服薬状況や活動量を確認することができる。
    患者が許可すれば患者の家族や介護者、医療従事者もデータを共有することができる。
    適応はエビリファイと同じで、成人の統合失調症、双極性1型障害の躁病および混合型症状の急性期、大うつ病性障害の補助療法とされている。

    治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    FDA医薬品評価研究センターのMitchell Mathis氏はプレスリリースで「精神疾患に対して処方された薬剤が実際に摂取されたかどうかを追跡できるのは、一部の患者にとって有益だ」とコメント。

    一方、プロテウス・デジタル・ヘルス社最高経営責任者(CEO)のAndrew Thompson氏は、同社のプレスリリースで「既に銀行取引や買い物、友人や家族とのコミュニケーションなど日常生活でスマートフォンは広く利用されている」とした上で、「今回のFDAの承認によって重度の精神疾患患者が新たな方法で治療チームとともに治療計画を立てられるようになる」との展望を示している。

    重度の精神疾患患者では服薬コンプライアンスの悪化がしばしば問題となる。
    服薬コンプライアンスの悪い患者はさらに重症化しやすく、入院が必要な状態まで悪化する可能性が高いため、医療費の増大を招く。
    New York Timesによると、米国では服薬コンプライアンスの悪化が原因で年間1000億ドル(約11兆2500億円)もの医療費が生じているとの試算もあるという。

    ただし、一部の医師は「デジタルメディスンを使用する患者が医療従事者などから常に監視されていると感じ、問題が生じる可能性もある」として慎重な姿勢を示している。
    米ハーバード大学医学大学院のAmeet Sarpatwari氏は、New York Timesの取材に対し「適切に使用しないと患者に(医療従事者に対する)信頼感ではなく不信感が生まれてしまうかもしれない」と話している。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2017年11月14日
    Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • 吐き気が辛い…そんな時に飲むプリンペランとは?

    プリンペランについて

    吐き気止めの一つであるプリンペランは脳に作用して効果を発揮する薬です。用量などに注意が必要です。
    1. 1.はじめに
    2. 2.プリンペランとは?
    3. 3.プリンペランはなぜ効くの?
    4. 4.プリンペランの用法用量は?
    5. 5.プリンペランの副作用・注意事項は?
    6. 6.プリンペランとほかの薬の飲み合わせは?
    7. 7.最後に

    はじめに

    食べ過ぎや飲み過ぎなどにより気持ち悪くなり吐き気がする、もしくは吐いてしまう…どれも辛いことです。そんな時に服用するのが吐き気止めです。吐き気を止める薬には様々なものがあります。
    その中でも本項では医療機関でしか貰えないプリンペランについて解説します!

    プリンペランとは?

    プリンペランは1965年から販売された歴史の古い薬です。プリンペランとはメーカーが販売している商品名です。有効成分はメトクロプラミドです。錠剤、細粒、シロップ、注射薬が販売されています。

    プリンペランは以下の場合における悪心・嘔吐・食欲不振・腹部膨満感に効果があります。

    胃炎、胃・十二指腸潰瘍、胆嚢・胆道疾患、腎炎、尿毒症、乳幼児嘔吐、薬剤(制癌剤・抗生物質・抗結核剤・麻酔剤)投与時、胃内・気管内挿管時、放射線照射時、開腹術後

    またX線の検査時に飲むバリウムの通りを良くする効果もあります。

    プリンペランはなぜ効くの?

    プリンペランがなぜ効くのかは、まず、なぜ嘔吐が起こるのかを説明しなければなりません。

    嘔吐には二種類のタイプが存在します。中枢性嘔吐と末梢性嘔吐です。
    中枢性の嘔吐は、延髄にある嘔吐中枢に刺激が加わったことにより生じる嘔吐です。その刺激とは精神的・心理的刺激、半規管からのくるものがあります。
    末梢性の嘔吐は胸部、腹部等の臓器に生じた刺激が原因で反射的に生じるものです。

    プリンペランは中枢性嘔吐と末梢性嘔吐の両方を抑えることができる為、比較的強い制吐薬になります。

    プリンペランの用法用量は?

    成人の用量は?
    成人の場合プリンペランは有効成分のメトクロプラミドとして1日10~30mgを2~3回に分割して食前に服用します。

    飲み薬であれば
    錠剤では2~6錠/日
    細粒では0.5~1.5g/日
    シロップでは10~30mL/日
    となります。

    小児では用量が違う
    小児では用量が成人よりも少なめになります。
    また体重に合わせて用量が変わってきます。
    小児は、1日塩酸メトクロプラミドとして0.5~0.7mg/kg

    小児によく使用されるシロップ剤であれば0.5~0.7mL/kg
    これを2~3回に分割し、食前に飲みます。

    プリンペランの副作用・注意事項は?

    内分泌機能異常に注意
    プリンペランの服用によってプロラクチン値が上昇することがあります。
    プロラクチンは脳から分泌されるホルモンの一つで乳汁の合成や分泌、妊娠の維持に関わっています。
    プリンペランの値が高いほど排卵抑制や乳汁分泌などの症状が現れるます。これらは無月経や不妊症の原因となりうります。

    眠気・目眩に注意
    プリンペランによって眠気やめまいが生じる事があります。
    特に車やバイクを運転する人には注意が必要です。

    ショック・アナフィラキシー様症状に注意
    ショックとアナフィラキシーはアレルギーの様なものです。
    症状としては呼吸困難、全身紅潮、血管浮腫、蕁麻疹などがあります。
    不快感や口内異常感、喘息、眩暈、耳鳴り等があらわれた場合に症状が強ければすぐに服用を中止し、医療機関へ受診して下さい。

    悪性症候群に注意
    悪性症候群とは無動緘黙、強度の筋強剛、頻脈、発汗等の症状が起こり、その後発熱が起こる状態です。
    特に恐ろしいのが高熱が持続して、意識障害、呼吸困難、循環虚脱、脱水症状、急性腎不全により死亡した例があることです。

    長期投与による遅発性ジスキネジアに注意
    ジスキネジアとは不随意運動とも呼ばれ、自身の意図しない所で筋肉が痙攣したりする病気です。プリンペランを長期間服用することによって口の周り等に不随意運動が起こる事があります。

    高齢者の服用に注意
    プリンペランは腎臓によって尿から排泄される為、腎臓の機能が弱っている高齢者では蓄積してしまい、副作用が出やすくなります。

    プリンペランとほかの薬の飲み合わせは?

    プリンペランと絶対に併用してはならないお薬は原因の所、報告されていません。
    しかしながら、併用に注意しなければならないお薬がいくつか存在します。

    ・プロクロルペラジン、クロルプロマジン、チエチルペラジン等のフェノチアジン系薬剤
    ・ハロペリドール等のブチロフェノン系薬剤

    これらの薬は抗不安薬などに使用されています。
    プリンペランと併用により、高プロラクチン血症などの内分泌機能異常や、錐体外路症状が発現しやすくなりまります。
    他にも、
    レセルピン等のラウオルフィアアルカロイド薬剤
    スルピリド、チアプリド等のベンザミド系薬剤
    などがプリンペランと併用により、内分泌異常や錐体外路症状を引き起こすとされています。

    カルバマゼピンというてんかんやうつ病に使われる薬ではカルバマゼピンの中毒症状(眠気、悪心・嘔吐、眩暈等)があらわれることがあります。

    このようにプリンペランと併用に注意する薬は多くあります。医師・薬剤師に相互作用の予防・チェックして貰う為にもお薬手帳などを携帯しておきましょう。

    最後に

    プリンペランについて紹介しました。
    吐き気止めとしては小児から成人まで幅広く使われる制吐薬です。
    ただし、長期間の服用で副作用がでる恐れもあるので服用は症状が出ている間だけにしましょう。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
  • 乾燥を防ぐだけじゃない!ワセリンはお肌の万能薬!

    ワセリンについて

    ドラッグストアなどでも購入することができ、身近な存在であるワセリン。皮膚の保湿剤としてはもちろん、私たちが知らない意外な使い方がたくさんあります。今回は、ワセリンについて種類や使用方法をまとめました。
    1. 1.はじめに
    2. 2.ワセリンとは
    3. 3.ワセリンの種類
    4. 4.ワセリンの色々な使い方
    5. 5.ワセリンでリップパック
    6. 6.まとめ

    はじめに

    ワセリンは、皮膚の保護、保湿を目的に、ハンドクリームやリップクリームの代わりや、ちょっとした薬の代わりに使用される、とても便利なアイテムです。

    薬局やドラッグストアで購入でき値段もお手頃であるため、肌ケア用品としてとても身近な存在です。

    そんな身近なワセリンですが、実はハンドクリームやリップクリーム以外にもたくさんの使い方があるのです!

    そこで今回は、ワセリンの種類や違い、知っておきたい使用法についてまとめてみました。

    ワセリンとは

    ワセリンは、原油から抽出された成分で作られた保湿剤です。

    化粧水や美容液が皮膚の表面の角質層に水分として浸透していくのに対し、ワセリンは角質層の表面にとどまって、皮膚から水分が蒸発したり、皮膚に刺激物が接触することを防ぎます。
    ただし、化粧水などのように乾燥した皮膚を深くまで潤すことはできません。

    ワセリンは、化粧水や美容液のあとによく使われている保湿クリームに近い存在のように考えてよいでしょう。

    肌にとってプラスとなるような美容成分は含まれていませんが、逆に肌への刺激となるような添加物も含まれていないので、敏感肌にも使いやすい保湿剤です!

    また、そのような性質から他の様々な薬と混ぜることで薬を薄めたり、塗りやすくするために使用されることもあります。

    乾燥肌に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    ワセリンの種類

    ワセリンの種類は大きく分けて2種類あります。黄色ワセリンと白色ワセリンです。

    1.黄色ワセリン
    白色ワセリンよりも黄色い色をしていますが、味も臭いもありません。
    白色ワセリンに比べて精製度が低いため、値段が安いです。刺激物に弱い方などは顔などへの使用を控えた方が良い場合もありますが、そうでない方は白色ワセリンと同様に使用できます!

    2.白色ワセリン
    黄色ワセリンをさらに脱色して精製したものなので、黄色ワセリンに比べて精製度が高くなります。白色ワセリンの中にも製品によって純度や価格が異なり、主な商品を細かく分類すると3種類あります。

    ・白色ワセリン
    代表的なものとして、健栄製薬の日本薬局方白色ワセリンがあります。いわゆる一般的な白色ワ
    セリンで、黄色ワセリンより精製度が高いだけに値段も少し高くなりますが、300円/50gが相場
    で、敏感肌の方でも炎症を気にせずに体中に使えるだけの精製度です。

    ・プロペト
    白色ワセリンをさらに精製したものがプロペトです。500円/50g程度であり、目元などの皮膚の薄く弱い場所や乳児の顔にも塗ることができます。

    ・サンホワイト
    プロペトをさらに精製したものがサンホワイトで、1000円/50gと高価になります。白色ワセリ
    ンの中で最も純度が高く、皮膚の弱い赤ちゃんや、プロペトでもかぶれてしまう敏感肌の方でも使えます。

    ワセリンの色々な使い方

    ワセリンには様々な使い方があります。
    ここでは、肌に優しく保湿効果も高いワセリンの使い方をご紹介します。

    1.肌の乾燥防止
    ワセリンは肌を保護し、皮膚からの水分の蒸発を防ぐことで乾燥防止効果を持ちます。製品にもよりますが、余分な成分がほとんど入っていないので、デリケートゾーンや目の周りなど、薬を塗りにくいところにも気楽に使用することができ、かつ効果も高いため大変便利です。

    2.アトピー性皮膚炎対策
    アトピー性皮膚炎の薬としてよく使用されるのがステロイド剤の塗り薬ですが、直接アトピーの発疹などがでていない部位でも、掻き傷のある皮膚からは水分が蒸発して乾燥しやすくなっています。

    その乾燥がかゆみにつながり、悪循環を招きます。そこで、発疹のでていない部位でもワセリンを塗り、皮膚を保護しておくことで、乾燥を防ぎ痒みを予防することができるのです。

    このように、アトピーの対策としてもワセリンは大変効果的です。

    3.乳幼児の肌に
    乳児湿疹やおむつかぶれなど乳幼児の肌に塗り薬を塗ってあげたいところがあっても、乳幼児はすぐ擦りとって舐めてしまうため、乳幼児の塗り薬は何かと心配が多いです。

    しかし、ワセリンであれば、肌に一度塗ったものが口に入る程度の量であれば、まず体に害となることはないので、安心して使用できます。

    4.リップクリームとして
    唇の乾燥に対してもワセリンは効果的です。さらに口紅の下地としてワセリンを使用すると、唇の保湿をしながら口紅の発色が良くなり、一石二鳥です。

    5.手荒れ防止
    軽度の手荒れであれば一般的なハンドクリームを使用することで手荒れも改善されます。
    しかし、一日に何度も食器用洗剤などを使用し、皮脂のバリアがなくなっている場合は、いくらハンドクリームをつけても水仕事をするたびに流れてしまいます。

    ワセリンは親水性が低いので、一般的なハンドクリームに比べて少々の水仕事では落ちません。
    皮脂の代わりになって手を保護してくれるので、手荒れ防止に役立ちます。

    6.マメ・靴づれ予防
    踵など靴と足との摩擦が起きやすい場所にワセリンを塗ってから靴を履くと、摩擦が軽減され、マメや靴ずれの予防になります。また、慣れないヒールなどの場合、疲労の軽減にもつながります。

    7.花粉症対策
    鼻の中にワセリンを塗ることで鼻の粘膜が保護され、花粉が粘膜につくことを防ぎます。綿棒などを使用し、優しく鼻の粘膜を覆いましょう。

    乾燥肌に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    ワセリンでリップパック

    上記で説明したように、ワセリンには効果的な使い方がたくさんあります。
    ここでは、そのひとつである唇の乾燥防止のやり方について詳しく説明していきます。

    ワセリンは、リップクリームの代わりに塗ると高い保湿効果を得ることができます。もちろん、そのままワセリンを唇に塗るだけでもよいのですが、さらなる効果を期待する場合には『リップパック』がおすすめです。

    では、『リップパック』のやり方をご紹介します。

    1.ラップを使ってリップパック
    ①自分の唇を覆うサイズの食品用ラップを用意する
    ②ワセリンとハチミツを1:1で混ぜたものを作り、唇に塗る
    (ハチミツが苦手な場合は、ワセリンのみでもある程度の効果は期待できます)
    ③ラップをその上から乗せて5~10分放置する
    ④時間が経過したらラップを外し、ティッシュまたはぬるま湯で軽く落とす
    (このときこすると唇に刺激を与えてしまうので擦らないように注意する)

    ※この方法は、お風呂の中で行うとより効果的です。
    ①唇に少し厚めにワセリンを塗る
    ②その上からマスクをする
    ③ワセリンが落ちない状態でなるべく長時間放置する

    ※長時間行う場合は、寝る前が最適です

    2.マスクを使ってリップパック

    まとめ

    このようにワセリンは様々な症状に対応でき、肌にも優しいため、常備しておくと何かと便利なアイテムです。

    とはいえ、全ての症状に万能なわけではありませんので、気になる症状がでていたり、ワセリンを使用しても症状が改善しない場合には、早めに皮膚科などを受診することをおすすめします。

    今回ご紹介した効果も、数あるワセリンの効果の一部です。
    ワセリンは、これら以外にも様々な場面で活躍する優れものなのです!

    ワセリンを上手く活用して、様々な乾燥によるトラブルを解消してみてはいかがでしょうか?

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
  • 手足の冷却で抗がん薬による「しびれ」の副作用が軽減

    抗がん薬の点滴中に冷却したグローブとソックスを着用して手足を冷やすことで、抗がん薬の副作用として問題となることの多い手足のしびれなどの末梢神経障害を予防できる可能性が新たな研究で示された。

    詳細は「Journal of the National Cancer Institute」10月12日オンライン版に掲載された。

    この研究を実施したのは京都大学大学院医学研究科の華井明子氏ら。
    同氏らによると、乳がんや肺がんなどの治療で抗がん薬のパクリタキセルを投与された患者の67~80%が副作用としてしびれを経験するという。
    その詳細なメカニズムは明らかになっていないが、その予防法として同氏らは局所的に血流の量を減らすことができる「冷却」に着目。
    Akromed社(フランス)から販売されている「Elasto-Gel」シリーズの冷却用のグローブとソックスを用いて今回の研究を実施した。なお、同社による研究への資金提供はされていない。

    対象は、乳がん治療のためにパクリタキセルを投与する女性40人。対象者には、パクリタキセルの点滴中に利き手側の手足を-25~-30度下で冷やしたグローブとソックスで冷却し、もう片方の手足には何も行わなかった。
    グローブとソックスは12週間以上の治療期間中、毎回着用してもらった。

    パクリタキセルに関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    このうち肺炎や肝機能障害などが原因で試験を完遂できなかった4人を除いた36人を対象に解析した結果、治療後にしびれがみられた割合は、何もしなかった手の80.6%に対して冷却した手では27.8%、何もしなかった足の63.9%に対して冷却した足では25.0%といずれも低かった。
    また、手先の器用さを評価する検査を実施したところ、何もしなかった手と比べて冷却した手では悪化度が小さかった。

    今回の研究で検討した末梢神経障害の予防法について、華井氏は「簡便かつ安全な方法」と説明している。

    ただし、同氏はこの研究が小規模研究であることに注意を促すとともに、対象はパクリタキセルによる治療を受けている患者に限定されているため、他の抗がん薬を使用している患者にも結果が当てはまるかどうかは不明だとしている。

    この研究結果について、米コロンビア大学医療センター乳がんプログラムのDawn Hershman氏は「心が躍る結果だ」と評価。「末梢神経障害は患者のQOL低下だけでなく、治療の中止にもつながりうる問題。
    今後、大規模なランダム化比較試験で検証する必要はあるが、この効果が再び確認されれば、この予防法は低リスクで低コストの選択肢になる可能性がある」と期待を示している。

    一方、米メモリアル・スローン・ケタリングがんセンターのElizabeth Comen氏も「さらなる検証が必要」とした上で、「この予防法にマイナス面はほとんどなさそうだ。
    もし、私のもとにこの方法を試したいという患者が来たら、私はそれをサポートするだろう。
    (末梢神経障害の予防法として)これは妥当な選択肢といえる」と話している。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2017年10月18日
    Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • 高価な薬剤は「副作用」を引き起こしやすい可能性

    高価な薬剤は「ノセボ効果」による副作用を引き起こしやすいことが、エッペンドルフ大学メディカルセンター(ドイツ)のAlexandra Tinnermann氏らによる研究で示唆された。

    ノセボ効果とは、治療の副作用について不安を感じていると実際に症状が現れるというもので、プラセボ効果とは逆の効果を指す。
    今回の研究では、価格が高いと伝えられた偽薬を使用した患者は、安価だと伝えられた偽薬を使用した患者と比べて強い副作用を訴える確率が高いことが示された。詳細は「Science」10月6日号に掲載された。

    Tinnermann氏らによると、ランダム化比較試験では副作用を理由に試験への参加を中断する患者がいるが、その中には偽薬を使用する対照群に割り付けられた患者が含まれていることは珍しくないという。
    このようなノセボ効果は、必要な治療の継続を妨げる問題となる可能性がある。そこで同氏らは今回、ノセボ効果についてより詳細に調べるため、薬剤の価格がノセボ効果にどのように影響するのかについて検討した。

    薬の副作用に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    対象は健康なボランティア49人。
    全員に「アトピー性皮膚炎治療に用いられているクリームを試してほしいが、皮膚が痛みに敏感になる副作用がある」と説明した上で、このうち24人には「安価な薬剤」と伝えてオレンジ色の箱に入ったクリームを使用してもらい、残る25人には「高価な薬剤」と伝えて青い箱に入ったクリームを使用してもらった。
    実際にはいずれのクリームも同一の内容で有効成分は含まれていなかった。

    クリームを塗布した腕に熱による痛みを与えて耐性を調べる検査を実施した結果、「高価な薬剤」と説明を受けてクリームを塗布した人は痛みに敏感になっていることが分かった。
    この検査では、熱刺激を与えた後、痛みの程度を評価スケール(VAS)で評価してもらったが、高価な薬剤群では平均スコアが15点(軽度の痛み)だったが、安価な薬剤群では平均3点未満で不快感を訴えた者はほとんどいなかったという。

    この結果を踏まえ、Tinnermann氏は「高価な薬剤は効果が強力な分、副作用も強いと予測されやすいのではないか」と考察。
    この研究に関する付随論評を執筆した米メリーランド大学のLuana Colloca氏もこれに同意し、「人は薬剤そのものだけでなく、その価格や静脈注射か経口薬かといった投与方法の違いによる影響を受けやすい」と指摘している。

    さらに今回、高価な薬剤群でみられたノセボ効果が思い込みや錯覚によるものではないことも示唆された。

    Tinnermann氏らが研究に参加したボランティアに機能的MRIによる脳画像検査を実施したところ、高価な薬剤群でノセボ効果がみられた人では脳神経系の活性に特定のパターンが認められ、特に前頭前野での活性を介して痛覚の過敏性が生じている可能性が示されたという。

    Tinnermann氏は、医療従事者に対し「薬物療法では薬剤に対する患者の期待や予測が大きく影響することを認識しておく必要がある。
    薬剤の副作用について患者に説明する際には、その伝え方に注意すべきだ」と助言している。

    Colloca氏も「ノセボ効果を理由に必要な薬剤を使用しなくなってしまう可能性があるため、これは重要な問題だ」と強調。
    スタチンの副作用に筋肉痛が生じる可能性があることを知っているスタチン療法中の患者は、筋肉痛を訴える確率が高いとする最近の研究結果を紹介した上で、「スタチン療法を中止すると心筋梗塞や脳卒中リスクが高まることを示した研究結果もあることを認識しておく必要があるだろう」と指摘している。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2017年10月4日
    Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • 貼り薬で腹部の脂肪が縮小、マウス実験で確認

    気になるウエスト周りに貼るだけで脂肪が消える―。将来、そんな夢のような貼り薬が登場する日が来るかもしれない。米コロンビア大学医療センターの研究グループが、脂肪を縮小させるスキンパッチ(貼り薬)を開発し、マウスの実験でその効果を確認したとする研究結果を発表した。

    詳細は「ACSNano」9月15日オンライン版に掲載された。

    スキンパッチは1cm2ほどの大きさだが、表面に数十本の微細な針が付いている。この針から、さらに肉眼では確認できないほど微小な直径約250nm(ナノメートル)のナノ粒子に充填された薬剤が経皮的に投与される。皮下組織で針が刺さることによる痛みはほとんどないとしている。

    薬剤は、過剰なエネルギーをため込む性質がある白色脂肪細胞を、エネルギーを燃焼させる褐色脂肪細胞に変える「褐色化」を促す。

    脂肪に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    研究グループの一員で同センター病理学・細胞生物学のLiQiang氏によると、同様の作用を有する薬剤は既にあるが、経口薬や注射薬しかなく、全身に作用するため消化器症状や体重増加、骨折などの副作用のリスクがある。
    それに対し、貼り薬は投与した薬剤のほとんどが直接脂肪組織に送り込まれるため、副作用を軽減できる可能性があるという。

    今回、研究グループが実施した研究では、褐色化を促すとされている2種類の薬剤(ロシグリタゾンまたはβアドレナリン受容体作動薬のCL316243)のスキンパッチを肥満のマウスの下腹部に貼った結果、薬剤が含まれていないスキンパッチを貼った肥満のマウスと比べ、4週間後に貼った部分の脂肪が20%減少した。
    なお、スキンパッチは3日ごとに交換した。

    Qiang氏は「この研究結果を聞いて『将来、脂肪吸引の代わりに非侵襲的に腹部の脂肪を減らす方法としてスキンパッチを利用できるかもしれない』と心を躍らせる人は少なくないだろう。

    しかし、そうした美容面のベネフィットよりも、肥満症やそれに関連した糖尿病などの代謝疾患に対し、スキンパッチが安全かつ有効な治療法となる可能性が示されたことの方が重要だ」と強調している。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2017年9月15日
    Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • 錠剤、カプセル薬…様々な飲み薬の種類について

    飲み薬の種類について

    飲み薬のタイプには様々な剤形があります。それぞれの剤形にはその薬の有効成分を体でしっかり効かせる為に作られています。今回はそんな剤形について解説します。
    1. 1.はじめに
    2. 2.内服薬って?
    3. 3.様々な飲み薬のカタチ
    4. 4.様々な服用のタイミング
    5. 5.内服薬の期限について
    6. 6.まとめ

    はじめに

    皆さんは、病院や診療所で薬を処方して貰ったり、自分でドラッグストアなどで薬を購入したりしたことは1度はあるのではないでしょうか?

    風邪薬や痛み止めなど様々な効果の薬がありますが、薬と聞くと飲み薬を思い浮かべる方も多いかと思います。そんな飲み薬にも錠剤やカプセル剤など様々な種類のものがその薬の用途や目的に合わせて存在します。今回はそんな飲み薬について解説します。

    あらゆる薬の治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    内服薬って?

    内服薬とは、飲み薬で口から飲んで腸から体内へ取り込む薬になります。
    それ以外で注射器を用いるものを「注射薬」、湿布や軟骨など口から入れるもの以外のものを「外用薬」と呼びます。
    内服薬には大きく分けて3種類あり錠剤とカプセル剤、粉薬、水剤に分かれます。

    様々な飲み薬のカタチ

    上記で飲み薬を錠剤、カプセル剤、散剤、水剤に分けましたが、これらはその特徴に合わせて更に分類する事ができます。

    錠剤
    裸錠(素錠):有効成分と薬を固める為の添加物などを混ぜて錠剤としたものです。
    糖衣錠:裸錠の周りを砂糖でコーティングした錠剤です。甘くして苦味などを感じにくくします。
    フィルムコーティング錠:裸錠の周りを高分子の膜で覆ったものになります。苦味や臭みを感じにくくさせます。
    腸溶錠:薬が胃で溶けずに腸で溶けるように作られた錠剤です。有効成分が胃酸で分解される場合などに有効です。
    徐放錠:少しづつ溶けてゆくことで薬の効果が長時間続くように設計された製剤です。
    口腔内崩壊錠(OD錠):水なしで服用できる製剤です。口の中で唾液によってすぐに解けます。
    舌下錠:舌の下に入れこむ錠剤です。効果がすぐに現れるので狭心症発作の際に服用するニトログリセリン舌下錠などが開発されています。
    チュアブル錠:噛み砕いて服用する薬です。OD錠と同じく水なしで服用できます。

    カプセル剤
    カプセル薬は有効成分や添加物の味や臭いを隠すことが出来ます。
    硬カプセルと軟カプセルの二種類があります。

    硬カプセル剤:硬いカプセルに薬を入れてあります。大きさや色は様々なものがあります。
    軟カプセル剤:柔らかいカプセルに薬を入れてあります。液体を入れることもできます。

    粉薬
    錠剤が上手く飲み込めない方や、有効成分の分量が細かい調整が必要な薬剤に使用されます。

    顆粒剤:粒錠になっている粉薬です。
    散剤:粉状になっており、顆粒剤よりも粒子が細かいです。
    ドライシロップ:散剤のように細かいパウダー状になっており、水で溶解、懸濁して服用します。

    水薬
    水剤:液体状になっている薬のことです。水で溶解、希釈して服用します。
    シロップ剤:水剤に砂糖や甘味料を加えることで苦味を感じにくくさせた水剤です。

    あらゆる薬の治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    様々な服用のタイミング

    薬は、主に吸収への影響を考慮して食前や食後に飲まなければならないなど服用のタイミングが決められているものがあります。
    内服薬を服用するタイミングとしては下記があります。

    食後:
    食後とは食事の後の30分間を指します。
    食事の栄養素は腸で吸収されます、それと共に薬の有効成分も吸収されやすくなります。

    食前:
    食事の前の1時間~30分前の胃が空の時に服用します。
    食事を摂ることで胃酸が分泌されるのですが、この胃酸に影響を受けて吸収が低下する薬剤や食後の過血糖を抑える為の糖尿病の薬が食前に服用となります。

    食間:
    食間とは食事と食事の間、具体的には食後2時間のことを指します。
    食前と同じく空腹時の状態に効果を発揮する薬剤が食間の投与となります。

    薬の服用タイミングの例にはなりますが、漢方は効果を出す為に食前または食間に飲むように漢方メーカーから説明されています。
    その理由としては、一部の漢方に含まれているアルカロイドという成分が副作用の原因となる可能性がありますが、胃が空の食前、食間で服用することにより、その吸収は穏やかになるためです。

    このように、内服薬を服用するタイミングによって副作用の原因となる場合もあるため、いつ服用するのかをきちんと確認する必要があります。

    内服薬の期限について

    薬も食品と同じように期限があります。
    期限が過ぎたものを服用すると効果が十分に現れなかったり、思わぬ副作用が現れたりします。

    基本的に、メーカーは3~5年くらいで品質が変わらないように試験を行い、薬を製造しています。
    ドラッグストアなどで売られている市販薬は薬の外箱に期限が書かれていることが多いので確認しましょう。水剤や目薬は期限が短いので注意して使用しましょう。

    また、目薬については開封してから一ヶ月が期限の目安とされています。
    ※例えば、ソフトサンティアという目の乾きを潤す目薬は防腐剤が添加されていないので開封してからの期限が10日とされています。

    病院や薬局などで貰う薬については基本的に医師がその時の病気の状態に合わせて処方しているので、処方された日数を飲みきるのが望ましいです。
    薬局や病院で備蓄している薬は特殊な薬を除いて大体は2年以上の期限のものを備蓄しています。

    まとめ

    本記事では、飲み薬の種類と飲み方、使用期限について解説しました。

    医療の進歩に伴い、病気に対しての薬の有効成分や薬剤の製剤技術もどんどん進歩してきています。しかし、どんなに優れた薬でもちゃんとした用法で服用しなければ効果が十分に発揮できません。医師から処方された薬であれば、指示された用法用量を守ってしっかりと治療していきましょう。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。