• 仕事中に皮膚を守るための対策   

    製造業や飲食業、建築などの仕事では、強い刺激のある化学物質に皮膚が触れる可能性があります。皮膚を保護するために自分でできる対策を紹介します。

    • 作業場所は綺麗な状態にしておきましょう。化学物質には適切なラベルを貼って保管し、廃棄物は全て適切な容器に捨てましょう。
    • 洗眼所と安全シャワーを用意し、防護めがね、手袋、エプロンを必ず着用しましょう。
    • 作業場所を出る前に、化学物質で汚れた衣類は着替えましょう。
    • 石けんと水で手を洗い、化粧水やクリームで手入れしましょう。屋外で作業する場合は日焼け止めを使用し、サングラス、つばの広い帽子、体を覆う衣服を着用しましょう。
    • 皮膚に有害な化学物質が触れた場合は、職場の安全手順に従って対処しましょう。
    • 作業場所での喫煙や飲食は避けましょう。
    皮膚に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。
    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    情報元:米国家庭医学会(AAFP)
    HealthDay News 2017年7月28日
    Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。