• 残業が月61~80時間の男性はまるでランナーズハイ?――東京医大

    2015年から始まったストレスチェック制度で収集されたデータを解析した結果、残業時間が長いほど疲労や不安、いらいら感、抑うつ感などが強いことが明らかになった。しかし意外にも男性においては残業時間が長い人の方が、活気の低下が少ない(より活気がある)という関係が認められた。詳細は「PLOS ONE」3月3日オンライン版に掲載された。

     東京医科大学公衆衛生学分野の小田切優子氏、菊池宏幸氏らは、公益財団法人パブリックヘルスリサーチセンターと共同で、残業時間とストレス反応の関係を検討した。検討対象は、2015年12月~2016年11月にストレスチェックを行った223社、9万5,004人のデータから従業員50人未満の事業所、パートタイム従業員、シフト勤務者、およびデータ二次利用拒否者を除いた117社、5万9,201人。ストレス反応の評価には、ストレスチェック推奨プロトコルに則し「職業性ストレス簡易調査票」のスコアを用いた。対象者の平均年齢は44.3±10.7歳、69.1%が男性、1カ月の平均残業時間は26.3±20.5時間だった。

    ストレスに関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

     残業時間が20時間以下の人を基準とし、性別、年齢、職種、職務階級、雇用形態(正規か非正規か)、勤務時間(フレックスか否か)、企業規模、業種などの違いを調整した上でストレス反応を比較。すると、抑うつ感、疲労感、不安感、いらいら感、身体愁訴という5項目は、残業時間が長いほど強いという有意な関係が認められた。中でも疲労感は残業時間との関連が強く、21~30時間の残業でスコアが1.20倍、31~40時間で1.32倍、41~50時間で1.41倍、51~60時間で1.46倍、61~70時間で1.53倍、71~80時間で1.61倍、81時間以上では1.73倍だった。

     その一方で、活気の低下に関しては残業時間が長い人ほどスコアが低く、他のストレス反応との相違が認められた。特に、残業が61~70時間の人のスコアは、20時間以下の人の0.89倍、71~80時間では0.87倍で、有意に低かった。

     性別に解析すると、女性は男性よりも長時間労働によるストレス反応が強い傾向が見られた。また、残業時間が長いことと活気低下スコアが低いという関係は、女性では認められなかった。

     これらの結果について著者らは、「予測されたとおり長時間労働者はストレス反応が強いことが確認された」とした上で、その関連のメカニズムについて、労働時間が長いことによる負荷の増大に加え、労働後のリフレッシュのための時間が不十分になることや、睡眠時間の短縮や睡眠の質の低下が関係している可能性を考察している。

     また、残業時間が61~80時間の男性が、疲労感を感じながらも活気が高いという結果に関しては、そのような男性はマラソンランナーに見られる陶酔感のような「ランナーズハイ」に近い状態になっているのではないかと推測。「その状態で仕事への過剰な傾注が続くと、いずれ心血管疾患やうつ病などのリスクが高まると考えられるため注意が必要」と述べている。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2020年3月30日
    Copyright c 20XX HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • ストレスのサインを見逃さない

    長期間にわたりストレスを感じ続けると、精神面や身体面に悪影響が出てくることがあります。

    以下のような症状があるときは、過剰なストレスのサインかもしれません。

    • 食欲がない、または食べ過ぎる。
    • 人生が思い通りにいかないと感じる。
    • 忘れっぽくなる。
    • 頭痛がある。
    • 元気が出ない。
    • 集中できない。
    • 仕事を上手くこなせない。
    • 自尊心がもてない。
    • 怒りっぽい。
    • よく眠れない。
    • 胃の調子が悪い。
    • 体に痛みがある。

    情報元:FDA 女性の健康対策室(OWH)

    ストレスに関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    お近くの治験情報を全国から検索できます。
    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2018年1月9日
    Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • ストレス軽減には「恋人のTシャツのにおい」が効く

    急な出張が入ってしまった時や、就職を希望する会社の重要な面接を控えている時は、恋人や配偶者のシャツをバッグに忍ばせておくと良いかもしれない。

    ブリティッシュコロンビア大学(カナダ)のMarlise Hofer氏らによる研究から、パートナーのにおいはストレスの軽減に役立つ可能性があることが分かった。
    この研究結果は「Journal of Personality and Social Psychology」1月号に掲載された。

    Hofer氏らは今回、女性96人を
    (1)自分のパートナーが24時間着用したTシャツ
    (2)知らない人が24時間着用したTシャツ
    (3)未着用のTシャツ
    のいずれかのにおいを嗅いでもらう群にランダムに割り付け、全ての女性に対して嗅覚検査とともに模擬面接や計算テストなどを通じてストレスを誘発する検査を実施した。

    また、女性には自身のストレスレベルを評価してもらったほか、唾液を採取してストレスホルモン(コルチゾール)の濃度を測定した。

    なお、3群ともに使用するTシャツは清潔なものとし、パートナーあるいは知らない人がTシャツを着用する際にはデオドラント用品や香りの付いたボディケア用品の使用のほか、喫煙やにおいに影響する可能性がある食品の摂取を避けるよう指導した。

    その結果、パートナーのにおいを嗅いだ女性では、検査前および検査後のいずれにおいてもストレスレベルが低かった。
    また、唾液中のコルチゾールの濃度も低かった。特に、嗅いだにおいがパートナーのものであることに気付いた女性でストレスレベルの低下が顕著だった。

    一方、知らない人のにおいを嗅いだ女性では、検査前から検査後までどの時点においてもストレスホルモン濃度が高かった。

    Hofer氏は「パートナーの不在時にはパートナーのシャツを着たり、ベッドで寝る時に普段パートナーが寝ている側で寝たりする人は多い。
    しかし、なぜそのような行動を取っているのか、気付いている人は少ないだろう」と指摘。
    その上で、今回の研究結果について「パートナーがその場にいなくても、においがストレスを軽減する強力なツールになることを示すものだ」と説明している。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2018年1月9日
    Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • 産後のストレスを軽くするためのヒント

    母親になったばかりの女性は、大きなプレッシャーを抱える上に、さまざまなことに時間を奪われます。家族や周囲の人のしっかりしたサポートがなければ、すぐに抑うつや不安に襲われてしまいます。

    そうならないために、以下のポイントを心掛けましょう。

    • 地域やオンラインで、母親同士のつながりをもちましょう。同じ悩みをもつ人たちと経験を共有し合うことが助けになります。
    • 自分の時間をつくりましょう。
    • 現実的で有益な目標を設定しましょう。シンクに洗い物がたまっていても、昼寝の時間を取れるならよしとしましょう。
    • 家族や友人に助けを求めましょう。
    • 赤ちゃんが休んでいるときは自分も休みましょう。母親にも赤ちゃんと同じくらい睡眠が必要です。
    • すべての時間を赤ちゃんのために費やすのはやめましょう。同年代の人と過ごす時間を作るよう努めましょう。
    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2017年9月6日
    Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • 仕事のストレスとの付き合い方    

    職場でのストレスがたまると、仕事の成績だけでなく健康にも影響することもあります。ストレスに上手に対処する方法を紹介します。

    • ストレスの元になっているものは何か、どのように対処するかを突き止めるための日記をつけましょう。
    • ストレスを感じたときは、運動や読書をしたり、睡眠をたっぷりとったりすることで、その影響を最小限に抑えましょう。
    • 四六時中仕事のことばかり考えないようにしましょう。
    • 緊張を緩めるためのリラクセーション法を試してみましよう。例えば、深呼吸、マインドフルネス、瞑想などが有効です。
    • 余裕がないと感じたら、上司に相談しましょう。従業員のための支援サービスについて尋ねてみましょう。
    • ストレスに関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
      お近くの治験情報を全国から検索できます。
      治験に関する詳しい解説はこちら

      治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

      治験・臨床試験についての詳しい説明

      情報元:米国心理学会(APA)
      HealthDay News 2017年7月17日
      Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.
      SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
      病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
      記載記事の無断転用は禁じます。