• 出産経験ある女性で心疾患や脳卒中による死亡リスク減 約4万人の日本人女性を解析、JPHC研究

    出産経験がある日本人女性は、経験がない女性に比べて心疾患や脳卒中、がんによる死亡リスクが低い可能性のあることが、国立がん研究センターなどによる多目的コホート(JPHC)研究から分かった。

    出産や授乳を経験した女性や閉経年齢が高い女性では、そうでない女性と比べて全死亡リスクが低い可能性があることも示されたという。
    詳細は「Annals of Epidemiology」6月14日オンライン版に掲載された。

    出産や授乳の経験や月経歴などの女性に特有な要因が健康に多大な影響を及ぼすことは明らかだが、死亡リスクとの関連については結論に至っていない。
    研究グループは今回、JPHC研究に参加した40~69歳の女性を長期にわたり前向きに追跡したデータを用いて、これらの要因と全死亡リスクや心疾患と脳卒中、呼吸器疾患、がんによる死亡リスクとの関連を調べた。

    研究では、ベースライン時(1990~1994年)に全国11地域に在住し、がんや循環器疾患の既往がなかった40~69歳の女性4万149人を対象に、2014年まで追跡した。

    心疾患に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    ベースライン時に行ったアンケート結果から、女性の出産経験や出産人数、授乳経験、初産年齢、初潮や閉経を迎えた年齢とその間の年数、月経周期、ホルモン療法の施行歴を調べた。

    平均で20.9年の追跡期間中に、4,788人の死亡が確認された。解析の結果、全死亡リスクは、出産経験がない女性に比べて出産経験がある女性では26%低いことが分かった。

    全死亡リスクは、出産人数が1人の女性に比べて2人または3人だった女性では12~17%低く、授乳経験がない女性と比べて授乳経験がある女性では19%低かった。

    また、初潮から閉経までの年数が長いほど全死亡リスクは低下した。初産年齢については、22歳以下の女性に比べて30歳以上の女性では全死亡リスクの上昇がみられた。

    さらに、死因別の死亡リスクを分析した結果、出産経験がない女性に比べて出産経験がある女性は、心疾患と脳卒中、全てのがんや乳がん、卵巣がんによる死亡リスクが低いことが明らかになった。

    以上の結果から、研究グループは「出産経験がある日本人女性は、経験がない女性に比べて全死亡や心疾患、脳卒中、全てのがんや乳がん、卵巣がんによる死亡リスクが低い可能性がある」と結論づけている。

    また、こうした結果の背景として、親となったことで意識や生活習慣が向上した可能性や、エストロゲンや授乳中に分泌されるオキシトシンなどのホルモンによる影響を挙げている。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2018年8月6日
    Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • 初経が早かった女性は心臓病や脳卒中のリスクが高い?

    12歳未満で月経が始まった女性は、心筋梗塞や脳卒中といった心血管疾患を発症するリスクが高いことを示した研究結果が「Heart」1月15日オンライン版に掲載された。

    この研究では、初経が早かった女性だけでなく47歳未満で閉経を迎えた女性、流産あるいは死産、子宮摘出術の経験がある女性も心血管疾患リスクが高いことが示されたという。

    今回の研究は英オックスフォード大学のSanne Peters氏らが実施したもの。
    英国内の各地で2006~2010年にUK biobankと呼ばれる研究に登録された40~69歳の女性26万7,440人(研究開始時の平均年齢56歳)を中央値で7.1年間にわたって追跡した。

    心臓病に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    その結果、12歳未満で初経を迎えた女性では、13歳以降に初経があった女性と比べて心血管疾患を発症するリスクが10%高かった。
    また、47歳未満で閉経を迎えた女性では、それ以降に閉経した女性と比べて心血管疾患リスクが33%高く、心筋梗塞リスクは29%、脳卒中リスクは42%高いことも分かった。

    さらに、流産の経験が1回増えるごとに心血管疾患リスクは6%上昇することや、死産の経験がある女性は経験がない女性と比べて心血管疾患リスクが22%高いことも明らかになった。

    今回の研究は観察研究であるため因果関係を証明したものではないが、研究規模は大きく、心血管疾患のリスクに影響しうるさまざまな因子を考慮して解析が実施されたという。
    この結果を踏まえ、Peters氏らは「初経が早かった女性や生殖医療に関連した問題の経験がある女性に対しては、より高頻度の心血管疾患のスクリーニングが心血管疾患の予防や発症を遅らせることに役立つ可能性がある」との見方を示している。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2018年1月16日
    Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • 独身男性は脳卒中後の施設入居率が3倍

    日常生活で世話をしてくれる人がいない独身男性は、世話をしてくれる人がいる男性と比べて脳卒中後に介護施設に入居する確率が約3倍に上ることが米国の研究で明らかになった。

    女性の場合は同様の状況でも介護施設への入居率は男性ほど高くないことも分かったという。
    詳細は「Journal of the American Geriatrics Society」10月26日オンライン版に掲載された。

    この研究は米アラバマ大学のJustin Blackburn氏らが実施したもの。
    同氏らは今回、2003~2013年に実施された調査の参加者のうち、脳卒中の既往歴がある65~100歳の男女560人のデータを分析した。
    このうち68人が1年以内、119人が5年以内に介護施設に入居していた。

    交絡因子で調整して解析した結果、日常生活で世話をしてくれる人がいる人と比べ、いない人では脳卒中を発症後1年以内および5年以内に介護施設に入居するリスクがいずれも約1.7倍であることが示された。

    脳卒中に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    また、5年以内の同リスクは世話をする人がいる男性と比べていない男性で3.15倍に上っていたが、女性では37%のリスク増大にとどまっていた。

    このほか、年収が5万ドル(約560万円)以上の人と比べ、2万ドル(約225万円)未満の人では介護施設への入居率が高いことなども明らかになった。

    Blackburn氏らによると、米国人は施設に入居するよりも家族のサポートを受けながら自宅で生活し続けることを希望する人が多く、7割超が「障害があっても自宅での生活を続けたい」としているのに対し、介護施設への入居を希望している人は3割に満たないという。

    しかし、希望に反して脳卒中後に介護施設に入居する男性が多いのは、一般的に女性と比べて男性は身の回りのことを自分でする能力が低いためではないかと同氏らは指摘している。

    米ノースウェル・ヘルスのMaria Torroella Carney氏もこれに同意し、「伝統的な男女の役割がこの結果に影響している可能性がある」との考えを示している。その上で「女性は自分が介護者になる可能性も高いため、介護の役割と重要性を理解しているが、男性はそれを認識していないことが多い。

    しかし、男女を問わず脳卒中などの疾患に備えることは重要だ。特に高齢の独身男性が脳卒中を発症した場合、その後どのように自立した生活を送ることができるかについて事前に話し合う機会があると、脳卒中後の人生が違ったものになるだろう」と話している。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2017年11月3日
    Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • HDL-C値の低下と心筋梗塞、脳卒中との関係は? 多目的コホート研究から

    血中のHDL-コレステロール(HDL-C)値が低下すると男女ともに心筋梗塞やラクナ梗塞の発症リスクが高まる可能性があることを国立がん研究センターなどの多目的コホート研究(JPHC Study)グループが発表した。

    ただし、女性ではHDL-C値の上昇や低下による脳卒中全体のリスクへの影響はみられなかったほか、HDL-C値が高いほど脳出血リスクは高まることも示されており、研究グループはさらなる検討の必要性を指摘している。
    詳細は「Atherosclerosis」10月号に掲載された。

    これまでの研究で、善玉コレステロールとして知られるHDL-C値が低下するほど心筋梗塞などの虚血性心疾患リスクは高まることが報告されている。
    しかし、日本人では女性を対象とした研究が少なく、HDL-C値と脳卒中の関連については国内外で一致した見解が得られていなかった。
    そこで研究グループは今回、JPHC研究に参加した一般住民を前向きに15年間追跡したデータを元に、HDL-C値と虚血性心疾患および脳卒中の発症との関連を調べた。

    心筋梗塞に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    対象は、1993年および1995年に虚血性心疾患や脳卒中の既往がない40~69歳の住民3万736人。
    HDL-C値を男女別に五分位に分けて、喫煙や飲酒などリスク因子を調整した後、HDL-C値が最も高い群を基準として虚血性心疾患と脳卒中の発症リスクを比較した。

    その結果、虚血性心疾患の発症リスクは、男性ではHDL-C値が最も高い群と比べて最も低い群で1.85倍に有意に増加した(P=0.02)。
    女性でも同程度のリスク増加が認められたが、有意ではなく増加傾向にとどまっていた(P=0.07)。
    また、脳卒中の発症リスクについては、男性ではHDL-C最高値群と比べて最低値群で1.29倍に有意に高まっていたのに対し(P=0.03)、女性ではHDL-C値との関連はみられなかった。

    さらに、CT検査画像に基づいて脳卒中をサブタイプ(くも膜下出血、脳出血、ラクナ梗塞および皮質枝系脳梗塞、脳塞栓)で分けてHDL-C値との関連を調べたところ、このうちラクナ梗塞の発症リスクは、HDL-C最高値群と比べて最低値群では男性が1.63倍、女性が1.97倍に増加していた。
    しかし、女性ではHDL-C値が高いほど脳出血の発症リスクが有意に高まることも明らかにされた。

    脳卒中に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    ラクナ梗塞は、脳の奥深くにある直径0.2~0.3mm程度の細い血管が詰まる小梗塞で、日本人が発症する脳梗塞で最も頻度が高いとされる。
    研究グループによると、これまでラクナ梗塞の原因となる細い血管の血栓形成にはHDL-C値は関与しないものと考えられてきた。
    しかし今回の研究ではHDL-C値が低いほどラクナ梗塞の発症リスクが増加するとの結果が得られており、HDL-Cには太い動脈だけでなく細い動脈でも血栓形成の予防に働く可能性が示唆されたとしている。

    また、女性ではHDL-C値が低いと脳出血リスクが低下したことについては、研究グループはHDL-Cによる血小板機能の影響が考えられると考察している。
    しかし、HDL-Cと循環器疾患の発症との関係は十分には解明されておらず、今後のさらなる研究が必要だと付け加えている。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2017年10月30日
    Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • 「味噌」が血圧上昇や脳卒中に抑制的に働く可能性 日本人が長寿である一因か 広島大の研究グループ

    日本人の食生活に欠かせない「味噌」を摂取すると、食塩含有量が多いにもかかわらず血圧上昇が抑えられ、脳卒中の予防効果をもたらす可能性のあることを、広島大学名誉教授の渡邊敦光氏と同大学大学院心臓血管生理医学教授の吉栖正生氏らの研究グループがラットを用いた実験で突き止めた。研究グループは、発酵熟成の過程で産生される何らかの物質が食塩の作用を抑制している可能性を想定し、「塩分摂取量が多い日本人が長寿であるパラドックスを解明する一因となるのではないか」と述べている。詳細は「American Journal of Hypertension」7月31日オンライン版に掲載された。

     米や麦、大豆麹にして大豆と塩で発酵させて作る味噌は、昔から健康に良いものと考えられてきた。これまでの疫学研究では味噌の摂取量が多いと乳がんや早期の前立腺がん、大腸がん、肝臓がん、胃がんなどになりにくい可能性が示され、基礎研究でもその効果が証明されている。一方で、味噌の摂取は食塩の過剰摂取につながる恐れがあるとされてきたが、最近では、味噌汁の摂取頻度と血圧の間に関連は認められないとする研究報告のほか、同氏らの食塩感受性ラットを用いた実験でも味噌による塩分摂取は血圧を上昇させないことが示されている。

    脳卒中に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

     さらに、閉経後の女性では大豆イソフラボンを多く摂取すると脳卒中や心筋梗塞が抑えられることが示されているが、味噌の効果については明らかにされていない。そこで研究グループは今回、味噌の摂取による脳卒中への影響を検討するため、ラットを用いた実験を行った。

     研究グループは、脳卒中易発性高血圧自然発症ラット(SHRSP)36匹を用いて、(1)味噌由来の2.8%の食塩を含む餌(味噌群)と(2)同量の食塩を含む餌(高食塩群)、(3)0.3%の食塩を含む普通餌(低食塩群)を摂取させ、1日に3回、63日間観察し、歩行障害や異常がみられた場合には剖検してその原因を特定した。なお、このSHRSPは、低食塩群でも血圧は200mHgを超える。

     その結果、カプランマイヤー生存曲線で3群を比べたところ、味噌群および低食塩群と比べて高食塩群では生存率が有意に低下していた(それぞれP=0.02、P<0.001)。また、高食塩群では低食塩群よりも血圧が上昇し、早期から歩行障害などの脳卒中症状が現れたのに対し、味噌群の血圧は低食塩群との間に差はみられず、脳卒中による死亡率は低食塩群よりやや高かったものの有意差は得られなかった。さらに、高食塩群には大脳に大出血を生じたラットもあったが、味噌群と低食塩群には認められなかった。

     渡邊氏らは、動物実験の結果をヒトに応用するには慎重さが必要としながらも、「料理の味付けを食塩から味噌を含む発酵食品に代えることで、脳卒中の発症率がわずかでも下げられるのではないか。がんを減らし、生活習慣病を改善するには、昔ながらの『ご飯と味噌汁』の食生活を再評価することが有用かもしれない」との考えを示している。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    Abstract:リンク先
    HealthDay News 2017年8月16日
    Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。

  • 脳卒中後の抗血小板薬による出血リスクを予測する10の因子

    脳梗塞や一過性脳虚血発作(TIA)の患者に再発予防のために投与される抗血小板薬には出血リスクがある。オランダ・ユトレヒト大学医療センターのNina Hilkens氏らは、過去に発表された6件の臨床試験のデータに基づき脳梗塞やTIA患者の出血リスクを予測する10の因子を特定し、抗血小板薬による出血リスクを評価するモデルを開発した。

     脳梗塞やTIAを経験した患者の多くは、再発予防のために血栓ができにくくする抗血小板薬などの抗血栓薬を使用する。しかし、抗血栓薬には出血リスクがあり、出血が起こると障害や死亡に至る可能性もある。

    脳卒中に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

     そこでHilkens氏らは今回、再発予防のために抗血小板療法を受けている脳梗塞やTIAを経験した患者の出血リスクを予測するモデルを開発するため、抗血小板薬の臨床試験6件に参加した計4万3,112人のデータを統合して解析した。このうち1,530人で大出血イベント(頭蓋内出血または出血による死亡、入院、障害)が発生し、大出血リスクは最初の1年間で1.9%、3年間では4.6%であることが分かった。

     大出血リスクの予測因子は(1)男性、(2)喫煙、(3)抗血小板薬の種類(ジピリダモールとの併用の有無を問わないアスピリンの使用、あるいはアスピリン+クロピドグレルの使用)、(4) 中等度以上の障害(modified Rankin Scale3以上)、(5)脳卒中の既往、(6)高血圧、(7)低BMI、(8)高齢、(9)アジア系人種、(10)糖尿病―の10因子で、最も強いリスク予測因子は年齢であることが分かった。

     大出血リスクはリスク因子がない45~55歳の患者では2%だったが、複数のリスク因子がある75~85歳では10%超と、年齢によって大きな開きがあった。解析対象の4万3,112人の大出血リスクを今回開発されたモデルにより評価した結果、2万3,678人が「低リスク」に、1万6,621人が「中等度リスク」に、2,813人が「高リスク」に分類された。

     今回、加齢に伴い出血リスクが上昇することが分かったが、この結果についてHilkens氏は「脳梗塞やTIAの高齢患者が増えていることを踏まえると注目すべきもの。脳卒中の約30%は80歳以上の患者で発症している」と説明している。また、「このモデルは大出血リスクが高い患者を特定するには有用だが、抗血小板薬の選択における指針とすることは想定していない」と強調。「抗血小板療法では、常に出血リスクと脳卒中再発リスクとのバランスを考慮する必要がある」としている。

     この研究結果は「Neurology」8月2日オンライン版に掲載された。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    Abstract:リンク先
    HealthDay News 2017年8月2日
    Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。

  • 「印象の良い笑顔」の条件 ―満面の笑みが最良ではない

    良い笑顔だと相手に感じてもらうためには、満面の笑みではなく「控え目」かつ左右対称に笑みを浮かべると効果的だという研究結果が、米ミネソタ大学のNathaniel Helwig氏らにより報告された。

     同氏らは写実的な表情の3Dアニメーション・モデルを用いて、顔面再建を専門とする形成外科医の監修のもと、口角の上げ方、口の広げ方、歯を見せる量をさまざまに変化させた笑顔のパターンを作成した。これらのアニメーションを地域住民のボランティア802人に見せ、「良い笑顔に見えるかどうか」を5段階評価してもらったほか、「心からの表情に見えるか」「好ましいと感じるか」などについても回答してもらい、集計した。

     その結果、歯を見せる量が多く、口を横に大きく拡げる笑顔は、「あまり良い笑顔ではない」「心からの表情ではない」「好ましく感じない」と評価される傾向があった。口角の上げ方と口の広げ方、歯を見せる量のバランスが適度に取れているときに最も高い評価を得られることが明らかになった。また、左右対称に笑みを浮かべると、左右で動きのタイミングがずれている場合に比べて評価が高くなることも分かった。

     Helwig氏らは今回の結果について、「脳卒中などの疾患により表情筋の動きに問題を抱える患者において、顔面神経の動的再建術やリハビリテーションを行う際に役立つ可能性がある」と述べている。研究の詳細は、「PLoS One」6月28日オンライン版に掲載された。

    脳卒中に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    Abstract:リンク先
    HealthDay News 2017年6月28日
    Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。