心臓手術は午前中よりも午後、術後の心イベントリスク5割減

心臓手術は午前中よりも午後に実施した方がより良好な転帰につながることが新たな研究で示された。大動脈弁置換術を午後に受けた患者では、午前中に受けた患者と比べて術後の心血管イベントのリスクが50%低いことなどが分かったという。

研究を実施したリール大学(フランス)教授のDavid Montaigne氏らは「この結果には概日リズム(体内時計)が関係している可能性がある」と説明している。詳細は「The Lancet」10月26日オンライン版に掲載された。

今回の研究では、大動脈弁狭窄症のため大動脈弁置換術を午前中に受けた298人と午後に受けた298人の計596人の医療記録を500日間追跡した。

その結果、追跡期間中に心血管イベント(心血管死、心筋梗塞、急性心不全による入院の複合)が発生するリスクは午前中に手術を受けた患者群と比べて午後に手術を受けた患者群では50%低かった。
これは、午後に手術を実施することで患者11人中1人の心血管イベントを回避できることに相当するという。

大動脈弁狭窄症に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

また、Montaigne氏らは患者88人を対象としたランダム化比較試験も実施した。その結果、午前中の手術に割り付けられた群(44人)と比べて午後の手術に割り付けられた群(44人)では周術期における心筋トロポニンTの流出が少なく、心筋組織の損傷度が小さいことが示された。

さらに、患者から採取した心臓組織検体の遺伝子解析からは、午後に手術を受けた群の組織では、概日リズムに関連する287の遺伝子の活性が高いことも分かった。

これらのことから、Montaigne氏らは「心臓は概日リズムによる影響を受けており、午前中は心臓の修復能が低いことが術後のアウトカムに関係している可能性がある」との見方を示している。
その上で、「手術を午後に実施することで術後の心血管イベントのリスクを低減することができるかもしれない」とするとともに、「概日リズムに関連する遺伝子に作用することで心臓を保護する薬剤の開発にもつなげられる可能性がある」と期待を示している。

治験に関する詳しい解説はこちら

治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

治験・臨床試験についての詳しい説明

参考情報:リンク先
HealthDay News 2017年10月26日
Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
記載記事の無断転用は禁じます。