• 妊娠中の早食いが妊娠糖尿病のリスクに

     食事を食べるスピードが速い女性は、妊娠糖尿病になりやすい可能性があることが報告された。環境省が行っている疫学調査「子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)」のデータを、大阪大学大学院医学系研究科社会医学講座公衆衛生学の磯博康氏らが解析した結果で、詳細は「Nutrients」5月2日オンライン版に掲載された。

     妊娠糖尿病は妊婦の7%が発症すると報告されており、難産など出産時のトラブルが増えるだけでなく、出産後にも母児ともに代謝性疾患のリスクが高くなる可能性がある。磯氏らは、2011年1月~2014年3月にエコチル調査に登録された9万7,454人の妊婦のうち、単胎妊娠であり糖尿病などの基礎疾患がないなどの条件を満たした8万4,811人のデータを用い、摂食速度と妊娠糖尿病発症との関連を検討した。

    妊娠糖尿病に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

     摂食速度は、研究登録時に行った「あなたの食べる速度は?」との質問に対する回答を基に、「遅い」「中程度」「比較的速い」「非常に速い」の4群に分類した。それぞれの割合は、17.8%、41.1%、35.5%、5.7%だった。なお、感度分析のため、妊娠後期にも同様の手法で摂食速度を把握した。

     摂食速度が速い群は遅い群に比べて、高齢、BMIが高い、妊娠中の体重増加が大きい、身体活動量が多い、などの傾向が見られ、経産婦、喫煙歴のある人の割合が高かった。また食習慣に関しては、摂取エネルギー量が多く、脂質、白米、肉類、コーヒー、緑茶、マグネシウム、イソフラボンの摂取量も多かった。反対に牛乳の摂取量は少なかった。

     追跡期間中に妊娠糖尿病を発症した妊婦は1,902人だった。摂食速度が「遅い」群を基準として「非常に速い」群の妊娠糖尿病の発症リスクを、年齢、喫煙・飲酒習慣、妊娠中の体重増加、出産歴、巨大児分娩や多嚢胞性卵巣症候群、うつ病の既往、教育歴、職業、世帯収入、および前記の食習慣で調整した上で比較すると、オッズ比(OR)1.29(95%信頼区間1.05~1.59)と有意な関連が認められた。「遅い」群と比べて「中程度」群のORは1.08(同0.94~1.24)、「比較的速い」群のORは1.11(同0.97~1.28)で、有意な関連は見られなかった。

     調整因子に妊娠前のBMIを加えると、「非常に速い」群もORは1.14(同0.93~1.41)と両者の関連は弱まり、有意でなくなった。媒介分析からBMI高値は、摂食速度が速いことによる妊娠糖尿病リスク増大理由の64%を占めると計算された。

     次に、摂食速度の質問に対する回答が、研究登録時と妊娠後期とで一致していた6万4,183人(75.7%)に対を絞って解析。その結果、摂食速度が「遅い」群に対する「非常に速い」群の妊娠糖尿病の発症リスクは、妊娠前のBMI以外の因子で調整した場合のORが1.50(同1.16~1.92)、妊娠前のBMIを調整因子に加えてもORは1.32(同1.03~1.70)であり、いずれも有意だった。このことから、妊娠中に起こる摂食速度の変化が、BMIを調整因子に加えた主解析の結果が有意ではないことの一因と考えられた。

     以上より研究グループでは、「摂食速度の速さは妊娠糖尿病の発症率の上昇と関連しており、これは主としてBMIの増加によって媒介されると考えられる」と結論をまとめている。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2020年6月8日
    Copyright c 2020 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • 妊娠前の肥満と妊娠中の体重増加が出生児の体重に影響か 妊娠糖尿病女性を対象に検討、埼玉医大

    妊娠糖尿病(GDM)の女性は、妊娠する前に肥満であったり、妊娠中に過度に体重が増えると、出生児の体重が大きくなる可能性が高いことが、埼玉医科大学内分泌・糖尿病内科講師の安田重光氏らの検討で分かった。詳細は「Journal of Diabetes Investigation」12月12日オンライン版に掲載された。

     GDM女性では、妊娠前の肥満や妊娠期間中の過度な体重増加が、妊娠合併症リスクの増加と関連することが知られている。一方、これらの母親の体重因子が出生児の体重とどのように関連するのかは不明な点が多かった。そこで、安田氏らは日本人のGDM女性を対象に、妊娠前のBMIおよび妊娠中の体重の増加と出生児の体重との関連を調べる後ろ向きの観察研究を実施した。

     対象は、2011~2016年に、同大学病院に通院していたGDMのある妊婦101人。妊娠前の時点で67.3%は適正体重(BMI 18.5~24.9)であり、17.8%は過体重(同25.0~29.9)、12.8%は肥満(同30以上)、2.0%はるい痩(同18.5未満)であり、平均BMIは24.7±5.8であった。また、出産時の平均年齢は34.7±5.1歳で、平均妊娠期間は38.5±1.4週、妊娠中の体重増加は平均で6.22±5.39kgであった。出生児の平均体重は2,987.3±393.6gであった。

     多変量解析の結果、出産時の年齢や妊娠24~28週時点のHbA1c値などで調整しても、妊娠前のBMIが増えるほど出生児の体重(Zスコア)は有意に増加することが分かった(妊娠前BMIが1単位増えるごとに出生児の体重のZスコアは0.08増加、P<0.001)。同様に、妊娠中に体重が増えるほど、出生児の体重は増加していた(妊娠中の体重が1kg増えるごとに出生児の体重のZスコアは0.05増加、P=0.007)。

     また、妊娠前に過体重や肥満だった女性では、妊娠前のBMI値だけが出生児の体重と関連していた。一方、妊娠前に適正体重だった女性では、妊娠中に増加した体重だけが出生児の体重と関連することも明らかになった。さらに、妊娠前のBMI値と妊娠中に増えた体重幅との間には有意な関連は認められなかった。

     以上の結果について、安田氏らは「日本人のGDM女性を対象に、妊娠前の肥満度および妊娠中の体重増加と出生児の体重との関連を明らかに示した研究は、今回が初めてのものだ」と指摘する。その上で、「GDM女性の体重因子が出生児の体重に及ぼす影響については、今後、多施設からより多くの女性サンプルを集めた研究を行う必要がある」と述べている。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2019年1月7日
    Copyright c 2019 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。