• 脳の老化を遅らせるには緑葉野菜を食べると良い?

    ホウレンソウやケール、レタスなどの緑葉野菜を毎日食べている人は、脳が老化する速度が遅い可能性を示唆する研究結果が「Neurology」2017年12月20日オンライン版に掲載された。

    同研究では緑葉野菜をほとんど、あるいは全く食べない人と比べ、毎日1回以上食べている人では脳年齢が11歳若いことが示されたという。

    この研究を実施したのは米ラッシュ大学医療センターのMartha Clare Morris氏ら。
    高齢者の認知機能などを調査するプロジェクトの参加者のうち、食品摂取頻度について回答し、平均4.7年の追跡期間中に2回以上の認知機能評価を受けた58~99歳の男女960人(平均年齢81歳)を対象に、緑葉野菜の摂取頻度と認知機能の低下度との関連について検討した。

    緑葉野菜の摂取頻度で五分位に分けて解析した結果、摂取頻度が最も高い群(1日当たり平均1.3回)では、最も低い群(同0.1回)と比べて認知機能の低下度が小さく、年齢に換算すると11歳若いことが示された。
    また、このような関連は認知機能に影響する可能性がある喫煙や高血圧、肥満、学歴、身体活動量、認知面の活動量といった因子を考慮しても認められた。

    老化に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    ただ、この研究は緑葉野菜を毎日摂取すれば脳の老化が遅くなるという因果関係を証明したものではない。アルツハイマー協会のKeith Fargo氏は、その点を指摘した上で、「脳の健康には食事などの生活習慣に関連した因子がいかに重要かを裏付けるエビデンスが集積しつつあるが、今回の研究結果もその一つだと言える」と説明している。

    一方、研究を実施したMorris氏らは、緑葉野菜に含まれているビタミンKやルテイン、葉酸などの栄養素が脳の老化を遅らせることに関係しているとの見解を示しているが、同氏やFargo氏らはこれらの栄養素をサプリメントで摂取することについては批判的だ。

    Morris氏は「食品に含まれている栄養素の複雑なバランスはサプリメントでは再現できない」として、これらの栄養素は野菜そのものを食べて摂取すべきだと強調している。

    また両氏は今回の研究が因果関係を証明したものではないことは認めつつも、「食事に葉物野菜を追加することによるデメリットは小さいはずだ」と指摘。脳の健康には食事を含めた全般的な生活習慣が影響することを認識してほしいと呼び掛けている。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2017年12月20日
    Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • ボトックスと比較して見る!ヒアルロン酸の魅力

    ヒアルロン酸について

    老化とともに気になりだす部分は多くなってきますが、一番目にするのはシワの増加ではないでしょうか。最近では多くの美容形成が生まれ老化の回復が成されています。 ここでは、その中でもボトックスと対比しながらヒアルロン酸について詳しく説明していきます。
    1. 1.はじめに
    2. 2.ヒアルロン酸とボトックスでは、はっきりとした違いがある
    3. 3.ヒアルロン酸注射が使われる部位と効果とは
    4. 4.ヒアルロン酸注射で気を付けること、失敗例は?
    5. 5.価格は大きな幅を持つ!
    6. 6.まとめ

    はじめに

    数分で美しくなる簡単な施術ですが、疑問に思う部分はたくさんあると思います。
    失敗しない上手な選択をするうえでも、ヒアルロン酸を知ることが必要です。
    美容整形の代表でもあるボトックスと合わせてもわかりやすく説明いたします。

    ヒアルロン酸に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    ヒアルロン酸とボトックスでは、はっきりとした違いがある

    ヒアルロン酸もボトックスもシワ取り効果をメイン目的に皮下注射される薬液のことです。
    しかしこの二つは根本的に違うことがいくつかありますので、比べながら見てみましょう。
    原材料の違い
    ヒアルロン酸はもともと私たちの身体にあるもので、糖分が連なった構成となっているムコ多糖という成分です。身体にあるものといっても細胞と細胞の間にあるものなので目にすることはできません。

    細胞間の連結物質であり、ネバネバした性状で水分を保持する役目です。この性質を利用しようと乳酸菌やゾウリムシ、ストレプドコッカスを利用して作られたものから、化学的に開発されたもの、鶏のトサカなどから採取したものなどで製品開発されています。

    それに対してボトックスは食中毒の中でも猛毒であるボツリヌス菌の毒素を無毒化、希釈して安全が確認されている製剤です。
    作用の違い
    どちらもシワの改善を目的としたものですが、作用の仕方が全く違います。
    ヒアルロン酸は、水分が少なくなって皮膚表面がしわしわになったところに注入することで水分を逃がさずにため込むという働きをします。空気の抜けた風船に水を入れるような感じです。

    対するボトックスは、毒素の性能を利用します。ボツリヌス菌の毒素は神経伝達部位に反応し、麻痺などを起こさせるものです。笑顔でできるシワや腹が立ってできる眉間のシワなどは習慣化した筋肉の動きの癖からできるものです。

    感情の変化によって脳が筋肉を動かすように神経伝達物質に連絡します。それが筋肉に伝わるというメカニズムになりますが、この部分に毒素を注入することで伝達のブロックをかけるわけです。
    筋肉の動きをストップさせてシワを伸ばしましょうという原理となります。

    ヒアルロン酸注射が使われる部位と効果とは

    ヒアルロン酸の効果は治療としても用いられる
    ヒアルロン酸を注入することで細胞内がみずみずしくなり、表面肌表面にボリュームが増します。この効果をシワ部分に適応させるとシワが薄くなったかのようになるのです。

    ヒアルロン酸注入は5分程度であること、メスを使っての施術ではないので回復に時間がかからず、メイクなどもすぐに可能というところにメリットを示しています。

    またヒアルロン酸は潤滑油のようなものですので、シワを伸ばすことやバストアップの効果に留まらず、関節の変形や痛みに対する治療としても用いられるものです。
    ヒアルロン酸注射の適応部位

    • 額:横ジワなどを目立たなくさせて若返り効果
    • 眉間:シワをとることで若返り効果
    • 涙袋:目を大きく見せることで優しい印象を出す
    • 鼻:鼻筋をきれいにし顔に六体感を出す
    • 目の下:クマや小ジワを消し疲れた印象を改善
    • ほうれい線やマリオネットライン:老け顔改善
    • 唇:厚みをもたせることで可愛らしさやセクシーなイメージを作る
    • 顎:厚みを持たせて品のある表情にする
    • 手の甲:シワを除去して手の若返り
    • 胸:バストアップ

    ヒアルロン酸注射で気を付けること、失敗例は?

    • 涙袋や口唇など対になる部分は、不慣れな医師の施術ではどちらか一方にふくらみが偏ってしまうケースがあります。
    • 鼻へのヒアルロン酸注入では、注入液が多すぎることで血管が圧迫されてしまいその部分の壊死を起こしてしまったという例。またボコボコになり高さを高くするどころか変形したように見える場合があります。
    • 目尻のシワは、シワが細かいのでヒアルロン酸を少量ずつ何か所にも注入しなければなりません。この部分で技術不足だとボコボコした皮膚になってしまうことが多いようです。
    • ほうれい線にヒアルロン酸注入を行ったところ、その下を走行する動脈に注入してしまい、圧迫されてその動脈がつながる小鼻への血流が遮断されることになって壊死を起こした例がありました。
    ヒアルロン酸に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    価格は大きな幅を持つ!

    ヒアルロン酸について知ったとところで、次に気になるのは価格ですね。

    ヒアルロン酸は一部位○○円という単価ではなく、どのくらいのヒアルロン酸が必要かで算出されるようです。

    ヒアルロン酸の価格も違えば、取り扱う美容整形クリニック、サロンなどとその施術院によっても価格は大きく変わってきますが、1㏄あたりで3~6万円の幅があり、注入箇所1部位が30,000~80,000円という価格が相場になっています。

    バストアップであれば、量的に言っても使う量はかなり多くなると思われ、両胸をワンサイズアップするのに250,000円〜620,000円の料金設定になるようです。

    まとめ

    ヒアルロン酸の取り扱い美容整形などは増えてきていますので、情報も多くなります。
    安いからといって副作用の多い結果になるとも、高いから安心だともいえず、選択に難しい分野です。闇雲に多くの施術をするのではなく、自分が本当に希望することを整理すること、ヒアルロン酸についてしっかり認識したうえで、美容整形の上手な選択をしましょう。
    安全に美しく健康であるための選びが大切です。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
  • 「飲み過ぎ」「喫煙」で見た目も老化

    お酒の飲み過ぎや喫煙は深刻な健康リスクをもたらすだけでなく、外見にも影響する可能性が新たな研究で示唆された。これらの習慣がある人は目や耳に老化のサイン(徴候)が現れるのが早く、実年齢よりも老けて見えやすいことが分かったという。

    詳細は「Journal of Epidemiology & Community Health」12月号に掲載された。

    この研究は南デンマーク大学(デンマーク)のAnne L. Schou氏らが実施したもの。
    21~93歳のデンマーク人1万1,613人を約12年間にわたって追跡調査したCCHS研究(コペンハーゲン市心臓研究)のデータを用い、見た目で分かる老化の徴候とされている(1)耳たぶの深いひだ(フランク徴候)、(2)両眼の角膜周囲にみられる不明瞭な灰色の輪(角膜環)、(3)上まぶたにできる黄色の結節(眼瞼黄色腫)、(4)男性型禿頭症―の発生に対して過度の飲酒や喫煙がもたらす影響について検討した。

    対象者の週当たりの平均飲酒量は女性で2.6杯、男性で11.4杯だった。また、喫煙者の割合は女性で57%、男性で67%だった。

    解析の結果、喫煙量が増えるにつれて角膜環と眼瞼黄色腫、フランク徴候を生じるリスクは上昇していた。
    また、過度の飲酒は角膜環とフランク徴候のリスクに関連していた。なお、少量から中等量の飲酒であればこれらの徴候がみられるリスクへの影響はないことも分かった。

    この研究は観察研究でストレスといった飲酒や喫煙以外の老化に関連する因子による影響を除外できていないなどの限界があり、「飲酒や喫煙が外見を老けさせる」という因果関係を示したものではない。

    しかし、Schou氏らは「飲酒と喫煙は老化の徴候に関連しており、それによって実年齢よりも老けて見えるようになることが、前向き研究で初めて明らかにされた。
    この結果は過度の飲酒や喫煙が全般的な身体の老化を促進することを反映したものだと考えられる」と結論づけている。

    老化に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。
    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2017年11月16日
    Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。