• ウォーキングも場所によっては健康に有害に?

    高齢者に健康のために近所をウォーキングするよう勧める医師は少なくないだろう。ところが、交通量が多く空気の悪い場所でこうしたアドバイスに従うと、むしろ健康に有害である可能性が英国立心肺研究所のKian Fan Chung氏らによる研究で示された。

    この研究では公園でのウォーキングは肺機能や動脈硬化の指標を改善するが、交通量の多い通りでのウォーキングはそれほどの利益はなく、むしろこれらの指標を悪化させる場合もあることが明らかになったという。
    詳細は「The Lancet」12月5日オンライン版に掲載された。

    Chung氏らは今回、60歳以上の慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者40人および虚血性心疾患患者39人と、年齢をマッチさせた健康な男女40人の計119人を対象としたランダム化クロスオーバー試験を実施した。
    対象者に過去1年間で喫煙した経験がある人は含まれていなかった。

    同試験では、対象者をロンドン市内の交通量が多い地区(オックスフォード通り)または公園(ハイド・パーク)のいずれかの場所で2時間をかけて平均で5km の距離をウォーキングする群にランダムに割り付けた。
    その3~8週間後に場所を入れ替えて同じように2時間のウォーキングをしてもらった。

    また、ウォーキングの前後およびウォーキング中には大気中の汚染物質〔黒色炭素や微小粒子状物質(PM)、超微粒子(UFP)、二酸化窒素(NO2)〕の濃度を測定し、対象者の心肺機能を含む健康状態も評価した。

    その結果、ハイド・パークと比べてオックスフォード通りでは大気中の汚染物質の濃度が高いことが分かった。
    また、COPD患者では、ハイド・パークをウォーキングした時と比べ、オックスフォード通りをウォーキングした時には咳や喀痰、息切れ、喘鳴が増えることが示された。

    虚血性心疾患に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    さらに、COPD患者だけでなく虚血性心疾患患者や健康な男女を含めた全ての対象者において、ハイド・パークでのウォーキングによって肺機能や動脈硬化の指標である脈波伝播速度(PWV)や脈波増大係数(AI)が改善した。

    その一方で、オックスフォード通りでのウォーキングによって健康な男女では肺機能の改善効果は小さく、運動による効果が大気中の汚染物質を吸い込むことで打ち消されてしまう可能性が示唆された。
    また、全ての対象者でオックスフォード通りでのウォーキングによる動脈硬化の指標の悪化が認められた。

    ただ、今回の研究ではスタチンやACE阻害薬、カルシウム拮抗薬などの薬剤を使用している虚血性心疾患患者では、オックスフォード通りをウォーキングしても動脈硬化の指標の悪化は認められなかったことから、Chung氏らは「虚血性心疾患患者はこれらの薬剤を使用すれば大気汚染による悪影響を防げる可能性がある」との見方を示している。

    一方、論文の共著者で米デューク大学のJunfeng Zhang氏は「わずか2時間という短時間でも自動車の排気ガスにさらされるだけで心血管や呼吸器に有害であるとのエビデンスが、今回の研究によってさらに蓄積されることになった」とした上で、「大気中の汚染物質の規制や都市部での交通規制を強化する必要性が明確に示された」と強調している。

    慢性閉塞性肺疾患(COPD)に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。
    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2017年12月6日
    Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • 関節リウマチ患者はCOPDを発症するリスクが高い?

    関節リウマチ患者は慢性閉塞性肺疾患(COPD)を発症するリスクが高い可能性があることが、ブリティッシュコロンビア大学(カナダ)のDiane Lacaille氏らによる研究で明らかになった。

    この研究では、関節リウマチ患者は一般住民と比べてCOPDが原因で入院するリスクが約1.5倍であることが示されたという。詳細は「Arthritis Care & Research」10月19日オンライン版に掲載された。

    関節リウマチは自己免疫疾患の一つで、身体の免疫系が細菌などの異物ではなく正常な組織を攻撃してしまうため、炎症を引き起こし、関節の赤み、腫れ、痛みなどの症状が出る。
    一方、COPDは肺気腫や慢性気管支炎などの疾患の総称で、息切れや咳、胸の不快感や違和感、喘鳴などの症状が出る。COPDの最大のリスク因子は喫煙や受動喫煙である。

    近年、COPDには炎症が関与することを示唆する複数の研究結果が報告されていた。
    このことからLacaille氏らは炎症性疾患である関節リウマチの患者ではCOPDを発症しやすい可能性があると考え、今回の研究を実施したという。

    慢性閉塞性肺疾患(COPD)に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    対象は、ブリティッシュコロンビア州で1996~2006年に関節リウマチと診断された2万4,625人と、出生年や性をマッチさせた一般住民2万5,396人。
    COPDの発症リスクに影響する可能性がある他の因子を考慮して解析した結果、関節リウマチ患者では一般住民と比べてCOPDが原因で入院するリスクが1.47倍だった。

    今回の研究は因果関係を明らかにしたものではない。
    しかし、Lacaille氏は「炎症がCOPDの発症に関与していることが指摘されるようになったのはごく最近であり、関節リウマチ治療に携わっている医師には自分の患者がCOPDを発症するリスクが高いとの認識はないはずだ」とした上で、「今回の研究結果から、関節リウマチ治療における炎症コントロールの重要性があらためて強調された。さらにいえば、有効な治療によって完全に炎症を抑える必要性も示されたといえる」と付け加えている。

    また、Lacaille氏は「関節リウマチ患者ではCOPDの初期症状に注意し、COPDの早期診断につなげる必要がある。
    そうすれば、不可逆的な肺損傷が生じる前に治療を開始できる」と指摘。
    また、喫煙などのリスク因子への対処も重要だとしている。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2017年10月31日
    Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • 血糖測定がCOPDスクリーニングに有用な可能性 日本人の健診データを解析

    空腹時血糖値(FPG)100mg/dL以上、HbA1c値5.6%以上といった血糖値の軽度な上昇は、慢性閉塞性肺疾患(COPD)が疑われる肺機能の低下と関連することが国際医療福祉大学福岡看護学部成人看護学の馬場才悟氏らの研究グループの検討で明らかにされた。

    血糖値の軽度な上昇がみられる60歳以上の高齢者には健診の段階でスパイロメトリーによる肺機能検査(pulmonary function test;PFT)を行うとCOPDのスクリーニングに有用な可能性があるという。
    詳細は「Journal of Epidemiology」11月号に掲載された。

    インスリン抵抗性とCOPDには共通してインターロイキン(IL)-6や腫瘍壊死因子(TNF)-αといったサイトカインの亢進がみられるが、スパイロメトリーによるPFTで評価した肺機能とFPG値やHbA1c値といった血糖コントロールの指標との関連を日本人において検討した研究は限られている。

    慢性閉塞性肺疾患(COPD)に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    馬場氏らの研究グループは今回、2013年8月~2014年3月に健康診断を受診した成人男女1,019人を対象に、PFTで評価した肺機能〔努力肺活量(FVC)、1秒量(FEV1)、予測1秒量(%FEV1)、1秒率(FEV1/FVC比)〕とFPG値およびHbA1c値との関連を調べた。

    対象患者の平均年齢は51.7歳で、約68%が男性であった。COPDの診断は世界的なガイドラインのGlobal Initiative for Chronic Obstructive Lung Disease(GOLD)基準に基づいて行い、FEV1/FVC比が70~80%を肺機能正常、70%未満をCOPDの疑いと判定した。

    その結果、FPG値が100mg/dL以上だった健診受診者群では100mg/dL未満だった健診受診者群と比べてFEV1/FVC比が有意に低く(P=0.009)、同様に、HbA1c値が5.6%以上だった群では5.6%未満だった群と比べてFEV1/FVC比が有意に低いことが分かった(P<0.0001)。

    FEV1/FVC比が70%未満でCOPDが疑われる人の割合は、年齢や性、BMI、FPG値、HbA1c値、喫煙習慣の有無で有意に異なる一方で、この割合は糖尿病や脂質異常症、高血圧の有無では差がみられないことも示された。
    また、ロジスティック回帰分析により、高齢(60歳以上)とHbA1c値の軽度上昇(5.6%以上)、現在または過去の喫煙習慣はFEV1/FVC比が70%未満であることと有意に関連する因子であった。

    以上の結果から、馬場氏らは「血糖値の軽度上昇がみられる高齢者に対して健診でPETを行うとCOPDが早期に発見され、結果的に医療費の削減につながる可能性がある」と述べている。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2017年11月6日
    Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。