• 辛い咽頭炎や膀胱炎に効果的な抗生剤サワリシンとは?

    サワシリンについて

    サワシリンは細菌を殺す抗菌薬です。肺炎球菌やインフルエンザ菌などの菌を殺し、様々な感染症に対して、主要な抗菌薬の一つとして使用されています。子どもから大人まで幅広く処方される薬なので、その概要と副作用、他の薬との組み合わせについてきちんと学んでいきましょう。
    1. 1.はじめに
    2. 2.サワシリンとは?
    3. 3.サワシリンの副作用は?
    4. 4.サワシリンと他の薬の組み合わせは?
    5. 5.まとめ

    はじめに

    空気中や食物、そして体内には様々な細菌が存在し、時には感染症という形で腫れや発熱を引き起こし、人体に悪影響をおよぼします。そんな時に使用されるのが抗菌薬です。
    抗菌薬には様々な種類があり、細菌の種類や感染した部位によって使い分けられます。
    本稿ではそんな抗菌薬の一つであるサワシリンについての概要と副作用など注意事項について解説します。

    咽頭炎の治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    サワシリンとは?

    サワシリンという名前はメーカーが販売している商品名です。
    サワシリンの有効成分は、アモキシシリンという抗生物質です。
    アモキシシリンという有効成分を使った薬には他にアモキシシリンという商品も存在します。

    サワシリンにはカプセル、錠剤、細粒の3タイプがあります。

    サワリシンはどんな菌に効くの?
    サワシリンのメーカーが発表している適応菌種は以下の通りです。

    • 本剤に感性の食中毒などを引き起こすブドウ球菌属
    • 咽頭炎などを引き起こすレンサ球菌属
    • 肺炎球菌
    • 膀胱炎などの原因である大腸菌
    • 腸球菌属
    • 日和見感染を起こすプロテウス・ミラビリス
    • インフルエンザ菌
    • 梅毒トレポネーマ
    • 淋菌

    上記の通り、様々な細菌に効果があります。

    サワシリンはどんな病気に効くの?
    サワシリンの適応症は以下通りです。

    • 表在性皮膚感染症
    • 深在性皮膚感染症
    • リンパ管・リンパ節炎
    • 慢性膿皮症
    • 外傷・熱傷及び手術創等 の二次感染
    • びらん・潰瘍の二次感染
    • 乳腺炎
    • 骨髄炎
    • 咽頭・喉頭炎
    • 扁桃炎
    • 急性気管支炎
    • 肺炎
    • 慢性呼吸器病変の二次感染
    • 膀胱炎
    • 腎盂腎炎
    • 前立腺炎(急性症、慢性症)
    • 精巣上体炎(副睾丸炎)
    • 淋菌感染症
    • 梅毒
    • 子宮内感染
    • 子宮付属器炎
    • 子宮旁結合織炎
    • 涙嚢炎
    • 麦粒腫
    • 中耳炎
    • 歯周組織炎
    • 歯冠周囲炎
    • 顎炎
    • 猩紅熱
    • 胃潰瘍
    • 十二指腸潰瘍
    • 胃 MALT リンパ腫
    • 特発性血小板減少性紫斑病
    • 早期胃癌に対する内視鏡的治療後胃におけるヘリコバクター
    • ピロリ感染症、
    • ヘリコバクター・ピロリ 感染胃炎
    細菌による感染は体の色んな所で起こるので適応症も様々なものがあります。

    サワシリンの副作用は?

    サワシリンの主な副作用には以下ものがあります。

    • 下痢・軟便
    • 食欲不振
    • 発疹
    • 悪心嘔吐

    特に注意したい副作用
    サワシリンの特に注意したい副作用としてショック・アナフィラキシーがあります。
    このショックとアナフィラキシーはアレルギーの様なものです。
    症状としては呼吸困難、全身紅潮、血管浮腫、蕁麻疹などがあります。

    アモキシシリンを服用していて不快感や口内異常感、喘息、眩暈、耳鳴り等があらわれた場合には症状が強ければすぐに服用を中止し、医療機関へ受診して下さい。

    またペニシリン系の薬剤でアレルギーやアナフィラキシーを起こした人は同じペニシリン系であるサワシリンでアレルギーを起こす可能性があります。

    サワシリンと他の薬の組み合わせは?

    サワシリンと組み合わせの悪いお薬は以下の3つです。
    ただし、絶対に組み合わせて飲んではいけない「禁忌」ではなく、併用に注意する「併用注意」となっています。

    ワルファリンカリウム:
    血管内で血液の塊ができる血栓を防ぐお薬です。
    サワシリンと一緒に服用するとサワシリンによってビタミンKを体内で作る菌が殺菌されます。
    ビタミンKは血液の凝固に関わっており、ビタミンKが減りすぎると逆にワルファリンカリウムが効きすぎて出血しやすくなる場合があります。

    経口避妊薬:
    サワシリンと一緒に服用することによって経口避妊薬の効果が弱くなることがあります。

    プロベネシド:
    痛風に用いられる薬です。サワシリンと一緒に飲むことによって、プロベネシドが体内に溜まりやすくなり、かえって痛風発作を起こしてしまうなどの副作用が起こりやすいとされています。

    膀胱炎の治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    まとめ

    サワシリンについて解説しました。
    感染症にはその細菌を殺菌しきる事が大事です。
    殺菌が不十分だと、細菌はまた増殖して再発する恐れがあります。
    膀胱炎による発熱や咽頭炎による喉の痛みなどの感染症の症状が無くなっても、副作用の無い限りしっかりと処方された日数を飲みきるようにしましょう。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
  • 膀胱炎を放置していませんか?膀胱炎が重症になる前にしっかり知識を身につけましょう!

    膀胱炎について

    膀胱炎は、誰にでもかかりやすくて、すぐに治る病気と考えていませんか?実は進行すると大変な事態になります。そうなる前に膀胱炎についてきちんと知って対処することで自分を守りましょう。
    1. 1. はじめに
    2. 2.膀胱炎とはどんな病気?
    3. 3.膀胱炎になりやすいって、体質?
    4. 4.くりかえす膀胱炎に対抗するには
    5. 5.膀胱炎の治療は自己管理も必要
    6. 6.まとめ

    はじめに

    膀胱炎の発症は5人に1人といわれるほど身近な病気の一つです。
    膀胱炎が発症するメカニズムは非常に単純なものです。
    いつでも自分に関わる可能性がある病気ですので、対処するためにも身体と膀胱炎の関係について知識を持っておきましょう。

    膀胱炎の治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    膀胱炎とはどんな病気?

    膀胱炎の症状は?

    • 排尿が終わってもスッキリしない残尿感
    • 何度も排尿したくなるという膀胱の神経伝達異常による頻尿
    • 感染により白血球の死骸などの混入が原因で起こる尿の濁り
    • 排尿はじめか終わりごろにツーンとした鋭い痛み
    • 膀胱粘膜のダメージによる少量の血尿
    • 下腹部の鈍い痛みまたは不快感

    膀胱炎を放置すると?
    細菌感染は膀胱でとどまらず、膀胱より上に位置する腎臓や腎盂といった部分まで移動してしまいます。
    ここで炎症が生じる病気を腎盂腎炎と言います。
    尿のフィルターや尿収集作業する大切な場所であり、炎症が悪化すると腎臓機能が低下してしまいます。
    ここには血管が多数集まっている場所なので、血液中に悪影響を及ぼすことにもなり、さらには血液が感染してしまうと敗血症という重篤なレベルまで進んでしまうことがあります。

    間質性膀胱炎という例外も
    間質性膀胱炎は、原因不明であり細菌感染を伴わない特殊な膀胱炎になります。
    症状は頻尿と尿を我慢しきれない尿意切迫感、膀胱痛です。

    細菌感染が無いので 通常の急性膀胱炎の治療薬では効果がありません。
    進行すると、膀胱内の粘膜の硬結がみられてきます。

    膀胱炎になりやすいって、体質?

    女性であること
    身体の構造上において感染しやすい条件となります。
    女性の尿道は6cm以下で、男性と比較すると3分の1なります。

    尿道が短いので、細菌が膀胱に侵入しやすいです。また、女性の尿道口は、肛門と膣とも非常に近い位置にあるため、感染源となる細菌がいつも側にあることも原因となります。

    トイレを我慢する人
    膀胱には細菌から粘膜を守る作用や、排尿することによって、細菌も一緒に外に流れるため、常時感染が起きることはありません。
    しかし、尿が膀胱に停滞している時間が長いと粘膜が弱って感染しやすくなります。

    水分をあまり摂らない人、アルコールを多量摂取する人、よく汗をかく人
    膀胱の中の尿が濃縮されてしまい、細菌が繁殖しやすいことと、それを流しだすための水分が不足するためです。
    アルコールは、飲んでいる間は排尿回数も増えるかもしれませんが、その後にはアルコール分解時に脱水傾向になるためです。

    疲労、ストレスがたまった人
    疲労とストレスは 自律神経の乱れにつながります。乱れが原因で身体の均衡を崩してしまい、免疫力が低下するためです。

    冷え性の人
    体温が低下すると、細胞が不活発になります。冷え性で、特に下半身が冷えてしまうと、尿路の動きをコントロールする筋肉の働きが悪くなり感染しやすくなります。

    前立腺肥大症がある男性
    前立腺が大きくなることで尿道の圧迫が生じ、排尿後にも残尿となってしまうため慢性膀胱炎に発展しやすくなります。

    膀胱炎の治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    くりかえす膀胱炎に対抗するには

    膀胱炎にならないようには、どうしたら良いのでしょうか?下記を心がけることで、膀胱炎を防ぎましょう。
    • 女性は生理の時にはナプキンをこまめに交換するなど、清潔を心がける
    • 排便後は、女性は前から後ろに向かって拭き取る
    • セックスをする前後は性器周囲をきれいに保つ
    • 疲れやストレスをためないように、普段から心身ともにリフレッシュさせる
    • 無理なダイエットなどで抵抗力を弱くさせない
    • 水分をこまめに摂取する
    • トイレを我慢しない
    • 寒い場所で仕事や遊ぶときには、衣服などの調節でしっかり保温する
    • アルコールは多飲しない

    膀胱炎の治療は自己管理も必要

    病院の検査では、採尿検査といって、排尿した尿の成分を調べたり、血液検査によって炎症反応などを調べます。
    膀胱炎が確定されると、抗生物質や、抗菌剤の投与が施されます。

    内服治療中は、いつもより多めに意識的に水分摂取し、膀胱の中の細菌を洗い流しましょう。
    また、デリケートゾーンの清潔を保つ意味でも、シャワーはもちろん必要ですが、セックスなどはできるだけ避けることが良いと思われます。

    膀胱炎治療として処方された薬によって、たいていは治癒しますが、前立腺肥大など原因疾患がある場合は、膀胱炎の対処治療とともに、おおもとの治療が主体となります。

    そのほか、細菌感染を原因としない原因不明の膀胱炎(間質性膀胱炎)に対しては、膀胱自体の機能障害なので水圧拡張療法を使用した膀胱訓練や刺激物を控えるなどの食事治療、手術が適応となることもあります。

    まとめ

    原因疾患が無い場合の膀胱炎は、繰り返す兆候があります。
    膀胱炎にかかった時は、苦痛や痛さから逃れようと、治すための努力をするものです。
    しかし、一旦治ってしまうと、喉元過ぎれば熱さを忘れるです。

    膀胱炎は日頃の生活から見出される疾患の一つです。日々気を付けることによって回避できるものですので、つらかった記憶を少しだけ残しながら生活に留意していきましょう。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。