• 座位時間が2時間長いと死亡リスクが15%アップ

     1日の座位時間が2時間長いごとに死亡リスクが15%有意に高くなり、余暇時間の身体活動量が多くてもそのリスクはあまり低下しないことが分かった。京都府立医科大学大学院医学研究科地域保健医療疫学の小山晃英氏らが、6万人以上の日本人を8年近くにわたり追跡して明らかにした知見であり、詳細は「Journal of the American Heart Association」に6月14日掲載された。同氏は、「日本人を長期間追跡して、仕事中と余暇時間双方の座位時間と、死亡リスクとの関連を明らかにした大規模調査は、本報告が初めて」としている。

     この研究の対象は、「日本多施設共同コーホート研究(J-MICC STUDY)」の参加者から、解析に必要なデータが欠落している人を除外した6万4,456人(男性45.0%)。1日の座位時間が、5時間未満の群(37.7%)、5~7時間未満の群(22.6%)、7~9時間未満の群(16.3%)、9時間以上の群(23.4%)という4群に分類。平均7.7年間追跡した。

    生活習慣病に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

     追跡期間中に2,257人が死亡した。死亡リスクに影響を及ぼし得る因子(年齢、性別、飲酒・喫煙習慣、身体活動量、高血圧・脂質異常症・糖尿病・心血管疾患の既往、居住地域など)を調整後、1日の座位時間が5時間未満の群の死亡リスクを基準とすると、5~7時間未満の群ではハザード比(HR)1.031(95%信頼区間0.918~1.158)、7~9時間未満の群はHR1.205(同1.064~1.364)、9時間以上の群はHR1.540(同1.386~1.712)となり、座位時間7時間以上の群では死亡リスクが有意に高かった。

     また、1日の座位時間が2時間長いごとに、死亡リスクが15%有意に上昇することも明らかになった〔HR1.153(同1.114~1.194)〕。この関係は、心血管疾患リスク因子のある人ではより顕著であり、例えば高血圧ではHR1.202(同1.129~1.270)、脂質異常症ではHR1.176(同1.087~1.273)、糖尿病ではHR1.272(同1.159~1.396)だった。さらに、高血圧、脂質異常症、糖尿病という3つのリスク因子が重複している人のハザード比は1.417(同1.162~1.728)に上ることが分かった。

     次に、座位時間が長いことによるこのような死亡リスクの上昇を、余暇時間での身体活動で相殺し得るかを検討した。余暇時間の身体活動量の四分位で全体を4群に分け、前記と同じ因子で調整後、座位時間が2時間長くなるごとの死亡ハザード比を比較。その結果、余暇時間の身体活動量が多いほど死亡ハザード比は低下していた(傾向性P<0.001)。しかし、第4四分位群(身体活動量の多い上位25%)でもHR1.126(95%信頼区間1.042~1.217)と、有意性は失われていなかった。つまり、座位時間が長いことによる死亡リスクの上昇は、余暇時間に身体活動を積極的に行ったとしても、十分には抑制されないと考えられた。

     著者らは、「コロナ禍のテレワーク普及により、今後も座位時間の延長と身体活動量の低下が予測される。座位行動をこまめに中断して、身体活動を差し挟むなどの対策が重要ではないか」と述べている

    肥満症のセルフチェックに関する詳しい解説はこちら

    肥満という言葉を耳にして、あなたはどんなイメージを抱くでしょうか?
    今回は肥満が原因となる疾患『肥満症』の危険度をセルフチェックする方法と一般的な肥満との違いについて解説していきます。

    肥満症の危険度をセルフチェック!一般的な肥満との違いは?

    参考情報:リンク先1リンク先2
    HealthDay News 2021年3月22日
    Copyright c 2021 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • 人生の目的と健康的生活習慣に有意な関連――健康管理士対象の調査

     人生の目的がしっかりしている人ほど、日々の生活を健康的に過ごしていることが明らかになった。埼玉医科大学総合診療内科の廣岡伸隆氏らの研究によるもので、詳細は「BMC Public Health」に4月29日掲載された。著者らはこの結果から、「生活習慣が健康的であるということは、人生に明確な目的があるということでもある」と記している。

     人生の目的が明確な人ほど健康リスクとなる行動を避けることが既に報告されている。しかしそれらの研究の多くは、禁煙や身体活動など、個別の習慣との関連についての調査であり、生活習慣全般を評価した研究は少ない。廣岡氏らの研究は、国民健康・栄養調査と同様の広範な質問項目によって生活習慣を総合的に評価した上で、人生の目的意識との関連を検討したもの。

    生活習慣病に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

     検討の対象は、日本成人病予防協会認定の健康管理士の有資格者であり、ヘルスリテラシーの高いことが見込まれる集団。その中で健康啓発活動を積極的に行うための生涯教育を定期的に受けている9,149人に調査協力を依頼し、4,820人が参加した。平均年齢は55.4±12.2歳、66.2%が女性であり、BMIは21.9±3.3で肥満者は15.0%だった。

     生活習慣は、以下の11項目をスコア化して評価した。体重管理の意思、運動・飲酒・喫煙習慣の有無、および疾患予防のために生活管理をしているか否かについては2段階評価で回答を得て、好ましい選択肢の回答は4点、好ましくない選択肢は1点とした。食品の栄養成分表示ラベルを確認するか、バランスの取れた食事をしているか、運動を心がけているか、ストレスの程度、休息・睡眠の満足度については、4段階評価で回答を得て、最も好ましい選択肢を4点、最も好ましくない選択肢を1点とした。

     人生の目的意識の評価には「生きがい意識尺度」を用いた。これは9項目の質問で構成されていて、45点満点で評価する心理測定ツールであり、先行研究によりその精度が検証されている。

     結果について、まず生活習慣の全体的な傾向をみると、82.6%が体重管理の意思を持ち、89.2%は疾患予防のために生活管理をしていた。これらの数値から、調査対象者のヘルスリテラシーの高さがうかがえる。また食習慣に関しては、80%以上が食品の栄養成分表示ラベルを確認し(「常に」と「しばしば」の合計)、90%以上がバランスの取れた食事をしていると回答した。運動習慣に関しては、80%以上が運動を心がけ、63.9%は適切な運動量を満たしていた。休息と睡眠についても充足している人の割合が多かった。ただしストレスに関しては、「ストレスを感じている」との回答が74.4%と多かった(「高い」と「中程度」の合計)。

     次に、前述の手法で計算した生活習慣スコアを合計し、その中央値をカットオフ値として対象全体を2分した上で、生きがい意識尺度スコアを比較した。すると、生活習慣スコアの上位2分の1に該当する群の生きがい意識尺度スコアは35.3点(95%信頼区間35.1~35.5)だった。一方、下位2分の1に該当する群の生きがい意識尺度スコアは31.4点(同31.2~31.7)であり、より健康的な生活を送っていると考えられる群の方が高スコアで、有意な群間差が存在した(P<0.0001)。

     また、生きがい意識尺度のスコアが高いほど、生活習慣スコアも高いという、正の相関が認められた(r=0.401、P<0.001)。なお、生きがい意識尺度のスコア(r=0.15)と生活習慣スコア(r=0.29)は、双方ともに年齢と正相関していた(いずれもP<0.05)。

     以上の結論として著者らは、「人びとの健康啓発に関与する健康管理士というヘルスリテラシーの高い集団において、健康的な生活習慣は人生の目的意識と関連していることが示された」と述べている。ただし、「両者の因果関係や関連のメカニズムは不明」として、この領域の研究の発展に期待を寄せている。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2021年6月14日
    Copyright c 2021 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • 歯の黄ばみの原因や変色を防ぐ生活習慣とは?

    歯の黄ばみについて

    歯の色が変色するメカニズムや歯の色が変色する理由、歯の変色を防ぐ食生活や生活習慣についてご説明します。

    1. 1.はじめに
    2. 2.歯の色が変色するメカニズム
    3. 3.歯が変色する原因
    4. 4.歯の変色を起こす食事
    5. 5.歯の変色を防ぐ生活習慣
    6. 6.まとめ

    はじめに

    笑顔が素敵な人を見ていると、見ている方も幸せになれますが、その時に見える歯の色が気になることはありませんか?
    悪い意味で気になってしまうのが、キレイな白い歯よりも変色してしまっている歯です。
    他人の歯が変色しているのを見てしまうと、自分は大丈夫かなと心配になる人もいるのではないでしょうか?
    今回はそんな歯の変色を生活習慣で防げるのかどうかを解説していきます。

    歯の色が変色するメカニズム

    歯の色が変色していると歯磨きの仕方が悪いからだとか、歯が汚れていると思われがちです。しかし実際は、歯の色というのは歯の成分の量や色味等、個人差によるものが大きいのです。
    歯は、象牙質とエナメル質という二つの組織からできています。
    歯は黄色っぽい象牙質の表面を半透明なエナメル質で覆われています。
    つまり象牙質の量や色がその人の本来の歯の色になります。
    よって象牙質が厚いとそれだけ歯は黄色く見えてしまいます。
    また年齢を重ねるに従って、エナメル質が薄くなるので、透明度が増して象牙質の色が目立ってきます。

    歯に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索
    お近くの治験情報を全国から検索できます。

    歯が変色する原因

    歯の着色汚れの事をステインと言います。
    一度付いてしまったステインは普段の歯磨きや水ですすいだ位では簡単に落ちません。
    つまりステインが付着する前に歯磨きで落としてしまう事が大事になります。
    では、どんな事が歯の変色を招いてしまうのでしょうか。

    1.色の濃い食品の摂取
    コーヒーや紅茶、ワイン等の色の濃い飲食物を日常的に摂取するとその色素が歯の表面に付着してしまいます。

    2.タバコのヤニ
    タバコを吸わない方には無縁ですが、タバコを日常的に吸う方は歯の黄ばみが気になるという方も多いのではないでしょうか。
    これも歯の表面にヤニが付着してしまう事が原因で歯が黄ばんでしまうんです。

    3.加齢による黄ばみ
    歯の内側にある神経は新陳代謝を繰り返しています。
    これによって年齢を重ねる事で歯が黄ばんでしまいます。
    それに加えてこれらを覆うエナメル質も歯磨きや歯ぎしり等によって薄くなってきます。
    だから気を付けていても見た目には黄ばんで見えてしまいます。

    4.抗生物質の投与
    これは小児科で良く処方される風邪薬のシロップに含まれていたテトラサイクリン系の抗生物質を歯の形成期である0~12才位までの間に服用した場合、象牙質にグレーっぽい着色や縞模様になってしまう事があります。
    この場合、重度でなければ根気強くホワイトニングを続ける事でそれなりに白い歯を取り戻せます。

    歯の変色を起こす食事

    歯の黄ばみの原因になる食べ物は、ポリフェノール等が多く含まれていたり、着色料が使用されている等の色の濃い食べ物です。
    また、色の濃い食べ物の他にも酸性度の強い飲食物やビタミンC(クエン酸)を多く含む食べ物、炭酸飲料、硫黄成分が強い飲食物、アルコール度数の高いお酒等も歯の黄ばみの原因になります。

    色の濃い飲食物
    ・色の濃い飲物‥コーヒー、紅茶、ココア、ウーロン茶、赤ワイン等
    ・色の濃い食べ物‥チョコレート、ココア、ほうれん草、ブドウ等
    ・色の濃い調味料‥ケチャップ、ソース、焼き肉等のタレ、醤油等

    酸性度の高い食べ物
    ・レモンやグレープフルーツ等の柑橘系、炭酸飲料、白ワイン、スポーツドリンク等

    硫黄成分の高い食べ物
    ・ネギ類、ニンニク、ニラ等

    アルコール度数が高い飲み物が黄ばみの原因になるのは歯の表面の水分を奪ってしまって歯の変色を招いてしまうからです。
    これらを食べない、飲まないというのはとても難しいですし、人間に必要な栄養素も沢山なるので健康面を考えると摂取しないという選択はして欲しくありません。

    なのでこれらを摂取して歯の黄ばみが気になる、目立つ等を感じる場合、これらを食べないというのではなく、食べたらすぐに歯を磨いてステインにならないように予防しましょう。

    歯の変色を防ぐ生活習慣

    先ほどお話した通り歯の変色を引き起こすのは食べ物だけが原因ではありません。
    歯の変色を招いてしまうのは生活習慣も密接に関係しています。
    歯の変色はタバコは勿論ですが、口紅やイソジン等の色の濃い薬品でも起こってしまうんですね。

    タバコのヤニが原因の場合、禁煙するのが白い歯を取り戻す一番の近道です。
    タバコは歯の黄ばみだけではなく、肺気腫や肺がんをいった呼吸器系の疾患の大きな要因になってしまいます。
    百害あって一利なしと良く言われますが、その通りです。

    歯の黄ばみが気になった方はこの機会に是非、禁煙する事をお勧めします。

    また女性にとってメイクはオシャレの必需品ですが、たまに口紅が歯に付着してしまっている方を目にします。
    これも歯の変色を招いてしまいます。

    しかし、女性はメイクしないと外を歩けないという方もいるでしょう。
    対策としては、気付いたら口をゆすぐ、歯に付着した口紅を気付いた時に拭き取る事をこまめに行って下さい。
    そしてイソジンですが、風邪の予防や風邪をひいてしまった時によく用いられると思います。

    しかし、イソジンでうがいすると歯が茶色く変色してしまう事がよくあります。
    ただ、風邪の時のうがいには他の物で代用が利きます。
    この代用品の代表格は紅茶や緑茶です。

    歯に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索
    お近くの治験情報を全国から検索できます。

    こちらも歯の黄ばみの原因になりますが、うがいをした後にしっかりと歯磨きをすればステインにはなりません。
    紅茶は赤い色素のテアフラビンが強い抗酸化、抗菌作用を持っています。
    また緑茶に含まれているタンニン、カテキン、テアニン、ビタミンC等が効果を発揮してくれます。

    それでも黄ばみの原因となるこれらのうがいを躊躇う方もいるでしょう。
    そんな方には塩水でうがいするという手もあります。
    塩には抗菌作用と脱水作用があります。
    脱水作用と聞くと却って歯に悪いんじゃないかと思われるかもしれませんが、脱水作用では炎症部分の水分を取り除く作用があって、口の中に侵入したウイルスや雑菌を脱水させて弱らせる効果があります。
    歯の黄ばみが気になる方は塩水うがいが最も適しているかもしれません。
    ただ、塩水は歯にしみる事があるという事を覚えておいて下さい。

    まとめ

    身近なことが歯の黄ばみを引きを起こす原因だと知っていただけだでしょうか?
    逆にこのことから歯をキレイにすることは特別な処置を行うのではなく、日常生活の中で行えるということです。
    少しずつ生活習慣を見つめ直して、素敵でキレイな歯を維持していきましょう。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
  • 生活習慣の欧米化でアディポネクチンに質的および量的な異常 – 遺伝的素因が共通する日系人と日本人を比較検討

    遺伝的素因が同じ日本人であっても、生活習慣が日本式から米国式に変化すると、脂肪細胞から分泌されるホルモンの「アディポネクチン(APN)」に量的および質的な異常がもたらされ、インスリン抵抗性が惹起される可能性があることが、日本在住の日本人と米国在住の日系人とを比較した研究で分かった。広島大学病院内分泌・糖尿病内科の米田真康氏らと大阪大学内分泌・代謝内科学との共同研究によるもので、詳細は「Cardiovascular Diabetology」7月6日オンライン版に掲載された。

     日本から米国に移住した日系人は日本人と共通した遺伝的素因を持つ一方で、生活習慣は異なるため、「生活習慣の欧米化」という環境要因の変化が日本人の生活習慣に関連した代謝疾患に与える影響について検討する対象として最適とされる。広島大学の研究グループはこれまでに、血清中のAPN濃度が低いことは2型糖尿病発症の危険因子であることを報告している。APN濃度の低下はインスリン抵抗性と関連することも指摘されているため、APNは生活習慣の欧米化によって生じるインスリン抵抗性に関与している可能性がある。

     そこで同氏らは、疫学研究「ハワイ・ロサンゼルス・広島スタディ」で2009~2010年の医学調査の受診者のうち、30~70歳の広島在住の日本人325人およびロサンゼルス在住の日系人304人を対象に、生活習慣の違いがAPNの量的および質的な変化をもたらし、インスリン抵抗性に起因しているのかどうかを検討した。

     75g経口ブドウ糖負荷試験(OGTT)で評価したインスリン分泌能、血清総APN濃度、さらにメタボリックシンドロームや動脈硬化性疾患のマーカーとして報告されている、血清総APN濃度に対するC1q-APN複合体濃度の比(C1q-APN/総APN比)を日本人と日系人で比較した。

     その結果、日本人と比べて日系人では正常耐糖能(NGT)群および耐糖能異常(IGT)群においてMatsuda indexが有意に低く、OGTTにおける血清インスリン濃度の総和、濃度-時間曲線下面積(AUC)が増大していた。一方、糖尿病群では同様の結果は得られなかった。また、日本人と比べて日系人ではNGT群およびIGT群で血清総APN濃度が有意に低く(量的変化)、C1q-APN/総APN比は有意に高いこと(質的変化)が示されたが、糖尿病群ではそのような結果は示されなかった。

     以上を踏まえ、米田氏らは「日本人において、生活習慣の欧米化はAPNの量的のみならず質的な変化をもたらし、インスリン抵抗性を惹起することが示された」と結論。また、糖尿病群ではこうした変化が認められなかった点については「APNは糖尿病自体による強い影響を受けるため、生活習慣の違いによる影響は検出されにくかった可能性がある」とし、さらには「日本在住の日本人であっても、糖尿病を発症した人たちの生活習慣は日系人の生活習慣とほとんど違いがなかった可能性がある」とも指摘している。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    Abstract:リンク先
    HealthDay News 2017年7月24日
    Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。