• 男性更年期障害(LOH症候群)の症状と治療法について

    男性更年期障害(LOH症候群)について

    一般的に更年期障害といくと女性の症状だと思われがちですが、男性でも年齢を重ねると更年期障害になることがあります。今回は、まだあまり知られていない男性の更年期障害の症状とホルモン補充や漢方、食事などによる様々な治療法をご紹介します。
    1. 1.はじめに
    2. 2.男性更年期障害(LOH症候群)とは
    3. 3.テストステロンの減少により起きやすい症状
    4. 4.男性更年期障害(LOH症候群)の治療法
    5. 5.テストステロンの分泌が上昇する食事
    6. 6.テストステロンの分泌を促すその他の方法
    7. 7.まとめ

    はじめに

    男性にも更年期障害があることをご存知ですか?

    男性の更年期障害は、疲れやすい、眠れない、やる気が起きない、筋力の衰えなどの症状があります。

    更年期障害に対して正しい知識を持って、予防と症状の改善に役立てましょう!

    男性更年期障害(LOH症候群)とは

    更年期障害と聞くと一般的には女性の更年期障害を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?
    しかし更年期障害は男性にも起こります。男性更年期障害はLOH症候群とも呼ばれます。

    更年期障害の原因は性ホルモンの分泌が加齢とともに減少してくることに起因します。男性でいえばアンドロゲン、女性ではエストロゲン、プロゲステロンと呼ばれる性ホルモンが影響します。

    男性ホルモンであるアンドロゲンはテストステロンとジヒドロテストステロンとに分けられます。そのうち男性更年期障害ではテストステロンの減少が大きな要因となります。

    テストステロンは思春期から分泌が増加し、20代でそのピークを向かえます。その後30代から徐々に減少を始めますが、その減少率は年間で1~2%ほどといわれ女性ほど急激に減少することは少ないです。

    しかし加齢とともに減少し続けると様々な症状として現れます。

    更年期障害の治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    テストステロンの減少により起きやすい症状

    テストステロンが減少すると、下記症状を引き起こします。

    ・疲れやすい、身体がだるい
    ・夜間あまり眠れない
    ・やる気が起きない、不安になる、イライラするなどの精神症状が起きる
    ・頻尿になる(特に夜間の尿回数が増える)
    ・筋力が衰える
    ・体に脂肪がつきやすくなる
    ・性的欲求が低下し、勃起不全(ED)を起こす
    ・動悸がする
    ・集中力が低下する

    上記症状をそのまま放置しておくとますます症状が悪化していく恐れもあります。また男性ホルモンの減少とは関係がないように思えますが、心筋梗塞や前立腺がんのリスクが上昇するとの研究結果も出ています。

    それではこの男性更年期障害にはどのような治療が効果的なのでしょうか?

    男性更年期障害(LOH症候群)の治療法

    ホルモン補充療法
    泌尿器科外来に受診し、血液検査によりテストステロンの低値が判明した場合、テストステロンの補充療法が行われます。

    現在は注射による補充しか方法はありませんが、個人差はあるものの補充直後から効果が表れることもあります。効果として意欲の上昇、睡眠の質の改善、不安感の軽減などが得られます。人によっては性欲や勃起不全が回復する場合もあります。

    しかし副作用もあり、脂質異常症、睡眠時無呼吸症候群、ヘモグロビン値の上昇、赤血球が異常に上昇する多血症となる場合もあります。これらのリスクを医師と相談しながらホルモン補充療法を行うとよいでしょう。

    漢方薬による治療
    ・六味丸(ろくみがん)
    身体の機能を全体的に回復させ、泌尿器や性機能の衰えに効果があります。

    ・八味地黄色玉(はちみじおうがん)
    六味丸と同じように泌尿器や性機能の改善に効果があります。

    ・牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)
    体力の回復、身体の水分代謝を改善し泌尿器と生殖器の衰えに効果があります。

    ・柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう) 
    イライラを改善し、睡眠の改善、動悸や勃起不全にも効果があります。

    ・桂枝加竜骨牡蛎湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)
    睡眠の改善、夜間の頻尿の改善、神経の高ぶりを抑える効果があります。

    ・抑肝散(よくかんさん)
    神経の高ぶりを抑え、筋肉のこわばりを緩めリラックスした状態にします。

    ・加味帰脾湯(かみきひとう)
    不安や緊張を鎮め、睡眠を改善します。

    ・酸棗仁湯(さんそうにんとう)
    神経の高ぶりを鎮め、睡眠を改善します。

    これらの漢方薬の効果は非常に個人差があります。また場合によってはいくつかの漢方を組み合わせて処方されることもあります。漢方薬は副作用も少なく安全性の高い薬です。主治医と相談しながら漢方薬による治療も進めていくとよいでしょう。

    テストステロンの分泌が上昇する食事

    亜鉛は人にとって必須のミネラルです。そしてこの亜鉛はテストステロンの分泌を促すという効果もあります。亜鉛は動物性たんぱく質に多く含まれており、米、パンなどの炭水化物、野菜が中心の食事だと不足しやすい栄養素でもあります。

    それでは亜鉛を多く含む食品にはどのようなものがあるでしょう。

    100g当たりの亜鉛含有量が多い食品
    ・牡蠣 13.2g
    ・豚レバー 6.9g
    ・牛肉(肩) 4.9g
    ・卵(卵黄) 4.2g
    ・たらばがに 4.2g
    ・たらこ 3.8g
    ・プロセスチーズ 3.2g

    これらの食品が亜鉛を多く含んでいます。テストステロンの分泌を促すためにも積極的に摂取するといよいでしょう。

    テストステロンの分泌を促すその他の方法

    筋トレ
    負荷を掛けた筋トレがテストステロンの分泌を促します。約10回の反復で限界が来るような筋トレが一番効果的だといわれています。

    スクワットや腕立て伏せをして、10回が限界という人は男性ではあまりいないかも知れません。そこでスポーツジムなどに行って負荷を掛けた筋トレを行うのが効果的です。

    しかし、仕事で忙しい人にはジム通いは難しい場合もあるでしょう。そうした時には腕立て伏せを10回でも限界がくるようにゆっくりと行う、スクワットも同様にゆっくり行うなど自重での筋トレも効果的です。

    逆にジョギングなどの長時間に及ぶ運動はテストステロンの分泌にあまり効果がないようです。

    更年期障害の治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    体重の適正管理
    肥満体型の人はテストステロンの量が少ないという研究結果があります。適切に減量するとテストステロンは上昇します。極端な減量は必要ありませんが、標準体重を目指してダイエットするのも一つの方法です。

    睡眠を十分とる
    質の良い睡眠を十分にとるとテストステロンの分泌が上昇するという研究結果があります。一般的に推奨されている睡眠時間は7時間前後です。ノンレム睡眠が得られる環境下でぐっすりと眠ることが効果的です。

    過度なアルコールは控える
    アルコールに関してはそれほど神経質になる必要はありませんが、それでもテストステロンが飲酒により減少することがわかっています。

    アルコール依存症の人は一般の人と比較して50%ほどテストステロンが減少していることもあります。出来れば深酒は避けた方がよいでしょう。

    ストレスを貯めない
    ストレスが溜まってくるとコルチゾールという副腎皮質ホルモンが上昇します。コルチゾールとテストステロンは正反対に機能し、コルチゾールの上昇に伴いテストステロンは減少してしまいます。
    ストレスをコントロールできる生活習慣を獲得しましょう。

    まとめ

    食事や睡眠、運動などによりテストステロンの分泌をある程度維持することは可能です。
    しかし、加齢によりホルモンのバランスが崩れるのはどうしても避けがたい現象です。

    様々な男性更年期障害の症状に苦しまれている人も多いことでしょう。一人で悩まずに病院にて受診し、適切な治療を受けることが大切です。

    更年期障害の基本情報についての詳しい解説はこちら

    更年期及びそれに伴う更年期障害という言葉をニュースなどで耳にする機会も多くあると思います。だれでも訪れる更年期という期間ですが、必ずしも何か症状が起きるわけではありません。更年期のメカニズムを詳しく解説しています。

    更年期障害に関する基本情報

    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
  • 更年期障害の注意点と簡易チェック。感情の起伏がある症状

    更年期障害という言葉はテレビやニュースで取り上げられ最近、耳にすることが増えてききています。認知度としては広く知られていると思いますが「名前は知ってるけど…」と詳しい症状まで知っているけど、どういったことを注意すればよいのか詳しく解説していきます。

    更年期障害の多い年代

    更年期障害は、多くが50歳前後、女性でいう閉経が起こる時期になる方が多いと言えます。
    誰でもがなる可能性のある更年期障害。その症状やチェック方法、注意点をあげていきます。

    なぜ更年期障害が起こるのか?原因と判断方法

    更年期障害の症状として自律神経に関連するもの多い傾向があり、これは、男女ともにホルモンバランスが崩れることによって起こるとされていることが大きく影響しているといわれています。

    更年期障害に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    自律神経の乱れにより、身体の暑さや寒さを異常な程に感じやすくなったり、精神の落ち着きを乱れさせてイライラしたり突然悲しみだしたりとネガティブな感情を抱きやすくなったりする症状が現れ、男性は男性ホルモンのひとつであるテストステロン、女性は女性ホルモンのひとつであるエストロゲンの減少によって症状が起因となり現れるとこのホルモンの分泌の減少と閉経が重なることが多いので、「更年期障害」というと女性の病気だと勘違いしている方も多いですが、実は男性にも更年期障害は起こりうる可能性もあります。

    もし、いつもと違う…と思うことが増えてきたら以下でまとめたチェックリストを参考に自分の症状を見てみるのもよいかもしれません。あくまでもチェックなので長くおかしいと感じることが該当すれば病院へ行くのが何より最善です。

    更年期障害が引き起こす症状例

    抜け毛が増える
    イライラしやすい
    以前よりも痩せたor太った
    寝つきが悪い、眠れない
    耳鳴り、頭痛、めまいがある
    記憶力や判断力の衰えを感じる
    動悸、息切れすることがある
    吐き気や腹痛がある
    腰、肩、手足や背に痛みを感じる
    トイレが近くなった
    以前よりも疲れやすくなった
    憂鬱な気持ちになりやすい
    汗をかきやすくなった
    のぼせる、ほてる(ホットフラッシュ)
    肌がカサカサする
    手足が冷えやすくなった

    上記で上げた内容は、更年期になっていても殆ど感じない方もいれば、日常生活をしていくことが困難になるレベルまで重症化してしまう方もいます。ならないために注意することは普段の食べ物やサプリなどの健康面で回避できる人もいれば、まったく効果がない人もいます。
    対策・改善・対処法も病院の診断で異なりますが、当人はいつまで続くのと不安になっていたりわかっていても感情が抑えられないといった状態であることもあります。何より更年期障害は、家族が理解してあげること。これが非常に大切であるといえます。

    更年期障害の基本情報についての詳しい解説はこちら

    更年期及びそれに伴う更年期障害という言葉をニュースなどで耳にする機会も多くあると思います。だれでも訪れる更年期という期間ですが、必ずしも何か症状が起きるわけではありません。更年期のメカニズムを詳しく解説しています。

    更年期障害に関する基本情報

    参考サイト:リンク先
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。

  • 更年期障害にならない人の特徴から改善方法を考察

    更年期は女性ホルモンの減少が大きくなっていく時期を閉経前後10年前後の時期をさしています。人により個人差はありますが、40代~50代が一つの目安で、更年期のホルモンの影響で発症する代表的な病気が更年期障害です。
    主にエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンの低下により、イライラや感情の起伏が激しくなり怒ったり、うつ症状等も発症します。これに合わせて、身体のバランスが崩れることにより、多汗や火照り、自律神経が過剰に刺激されることにより自律神経失調症やそれに伴うめまいや頭痛、耳鳴りなども引き起こす場合があります。病気の原因と言われている女性ホルモンや起因となる症状を検証し、なりにくい人、ならない人の特徴を解説していきます。

    ポジティブ思考やストレスのない生活を送る人は症状が軽い症例

    女性ホルモンのバランス以外にもストレスなどの精神的な影響が強いといわれており、ネガティブな性格だと症状が重く感じる人が多く、ポジティブ思考の人はなりにくいと広くいわれています。職場の環境。家庭慣用など人とのコミュニケーションなど人との繋がりのよる問題を抱えて、その対人ストレスを多く抱えている人ほどやはり更年期障害になりやすかったり、症状が深刻化しているケースが多いといわれています。カウンセリングもストレス緩和にはよく用いられる改善方法の一つです。

    更年期障害に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    医学的にはその結びつきはまだ謎の多い部分で、解明はしきれていませんが専門医の見解現段階での実証で、一般的に関連性が強い、可能性が高いとされているケースとなります。
    身体をリラックスさせるという意味では、整体、ツボ、鍼灸など自律神経のバランスを整えるために併用すると症状が軽くなるという人も多いといえます。

    ホルモンバランスによる影響の症例

    更年期障害の一つの治療として行われるホルモン補充療法。サプリメントの不足する部分を補うことも有効とされています。普段から健康に気を使い、栄養バランスを整えている人や睡眠をきちんととり、適度な運動をしている人も更年期障害の症状が出にくいといわれています。

    更年期に起きる更年期障害は年月の経過とともに自然と治まっていきます。始まりも終わり方も人それぞれで個人差があります。自然となりにくい人と自身を比べて、何が自分に負担がかかっているのかチェックも重要です。特に症状がひどい場合はは軽減負担のために、何か一つでも初めて見ると症状が軽くなるかもしれません。出来れば医師と相談できる環境も理想であるといえます。

    更年期障害の基本情報についての詳しい解説はこちら

    更年期及びそれに伴う更年期障害という言葉をニュースなどで耳にする機会も多くあると思います。だれでも訪れる更年期という期間ですが、必ずしも何か症状が起きるわけではありません。更年期のメカニズムを詳しく解説しています。

    更年期障害に関する基本情報

    参考サイト:リンク先
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。

  • 更年期障害が起きるその原因症状のメカニズムを解説

    更年期障害は閉経前後(生理が起きる時期にもあります)に起きる女性ホルモンの減少により、自律神経、脳の指令機能と身体のホルモン分泌のバランスが崩れることで身体的な症状や精神的な症状が現れる可能性が高くなっていきます。女性ホルモンの減少は年齢を重なると誰でも起きる自然なことなのですが、この急激な減少により体がついていけず更年期障害と呼ばれる病気を発症してしまいます。症状は必ず誰もが発症するものでなく、まったく更年期に入っても症状が起きない人も当然いらっしゃいます。更年期障害とは何か、メカニズムを詳しく解説していきます。

    更年期障害を及ぼす女性ホルモン「エストロゲン」の減少について

    女性ホルモンはプロゲステロン、性腺刺激ホルモン放出ホルモン、卵胞刺激ホルモン、黄体形成ホルモン、オキシトシン、プロラクチン(乳汁分泌ホルモン)といくつもありますが、特に更年期障害に関してはエストロゲンが強く関係しているのではないかと考えられています。メカニズムの一つとして、脳の視床下部(性腺刺激ホルモン放出ホルモン)がホルモン減少を察知。これに伴いエストロゲン(卵胞ホルモン)やプロゲステロン(黄体ホルモン)を分泌させようと働きかけるが減少しているので正常に機能せずに、再度同じ指令を繰り返し続けることにより、指令を出すが分泌されず。分泌されないから指令を出すと、この仕組みが正常に機能しないことにより、身体的や精神的なバランスを崩してしまうことが考えられています。

    更年期障害に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。
    どういった症状が起きるの?

    身体のバランスが崩れることで自律神経も刺激され続け、副交感神経(リラックスさせる神経)のバランスが乱れてしまい、精神的なうつ症状、イライラしたり、めまいや吐き気さまざまな症状を引き起こします。ちょっとしたストレスでも、怒りやすくなったりと抑制感情も効かない場合もあります。
    他にも身体がほてるようなホットフラッシュ。ひどい肩こり、耳鳴り、不眠、他の精神疾患(自律神経が起因)ものなど併発してしまう可能性も決して少なくはありません。症状により、ホルモン補充療法(HRT)、漢方、抗うつ剤。ツボやマッサージなど副交感神経を高める方法等、医師のチェックの元、薬を使うものや使わないもの療法もさまざまあります。メカニズムは違いますが女性だけでなく、男性でもなり得ます。
    いつもと違う不調を感じた場合は、病院へ行き、きちんと診断を受けることで適切な予防策や治療が見つかりますので、更年期障害かもと不安にならずにならずに必ず診断を受けることをおすすめします。

    更年期障害の基本情報についての詳しい解説はこちら

    更年期及びそれに伴う更年期障害という言葉をニュースなどで耳にする機会も多くあると思います。だれでも訪れる更年期という期間ですが、必ずしも何か症状が起きるわけではありません。更年期のメカニズムを詳しく解説しています。

    更年期障害に関する基本情報

    参考サイト:リンク先
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。

  • 更年期障害のめまい・立ちくらみ症状・特徴について

    更年期中(男性でも女性でも)に起きる肉体の異変のメカニズムは、主にホルモンが急激に減少することにより、脳の視床下部(ししょうかぶ)、自律機能を司る部分が通常はホルモンバランスを整えるように指令を出している場所が、ホルモンの低下で正常に機能しなくなり、血管の運動部分に機能障害をきたし、めまいや立ちくらみ、ふらつきの症状を起こすようになります。
    他にも耳鳴り、吐き気、頭痛などの障害もありますが、今回はめまいと立ちくらみについて詳しく解説していきます。

    更年期障害が及ぼすめまいの特徴的な症状

    更年期障害によるめまいは代表的なものは2種類ありそれぞれの症状が異なります。

    回転性めまい
    車酔いや船酔いの症状にも似ており視界がグルグルと回るようなめまい症状です。これは一時的なものであり、個人差はありますが1分程度で治まるまります。

    更年期障害に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    浮動性めまい
    回転性めまいと違い、こちらの症状は身体がふわふわしている症状です。長時間乗り物に乗っていると体がどことなく、上下に動くような違和感がある状態が続き、比較的めまい自体も長く頻発するケースがよくあります。

    更年期障害によって引き起こすめまいは、更年期時期のみ一定期間だけ発症する症状と言われています。ただめまい症状が出る場合、メニエール病、突発性難聴(両者ともに耳鳴り症状も併発する可能性も)、動脈硬化、高血圧などの病気が潜伏している可能性があるため、念のため医師の診断を受けておくことをおすすめします。

    更年期障害のめまいの対処法

    めまいの症状の場合、上記で文末で上げた可能性がない場合、精神的なストレス負荷が影響を及ぼしていることが非常に多いといえます。
    偏った食事、過度なストレス、心労を避けるというのも非常に大事です。
    スポーツ、趣味、睡眠時間の確保など身体の副交感神経が健康的な生活を送ると活発化になり、自然治癒力も高まります。
    偏ったバランスを整えるのに漢方、サプリメントで不足栄養分を補ってあげたり、身体の治癒力を高めるためにツボや鍼灸といった外部的な改善アプローチも効果的(人によっては効果が高い人も)に行うことで症状を緩和・改善治療をすることができるので、抱え込みすぎず病院と並行して活用するのも良いでしょう。

    更年期障害の基本情報についての詳しい解説はこちら

    更年期及びそれに伴う更年期障害という言葉をニュースなどで耳にする機会も多くあると思います。だれでも訪れる更年期という期間ですが、必ずしも何か症状が起きるわけではありません。更年期のメカニズムを詳しく解説しています。

    更年期障害に関する基本情報

    参考サイト:リンク先
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。

  • 更年期障害でイライラする。その原因のメカニズム

    更年期、更年期障害の症状でイライラしたりする。そういったお話しを聞いたことはあると思います。そのイライラや落ち込み、身体だけでなく精神的に与える影響は決して不自然なことではありません。

    更年期は女性、男性問わずに誰でも訪れるもの。ただ人によって個人差があり、抑制きできる人もいれば抑制しきれない人もさまざまです。更年期障害にならない人もいます。

    どういったことでイライラしたりするのか?そのメカニズムを解説していきます。

     

    更年期のイライラはホルモンバランスの影響が強い

     

    更年期に向かい40歳ぐらいから~55歳ぐらいにかけて、特にこの時期に女性ホルモンが低下していきます。これは誰でも同じであり、閉経の時期の前後にかけて更年期と呼ばれる最も減少し、不安定な時期に入ります。

    ホルモンの減少すると、脳にから発せられる伝達物質が神経に作用し、特にノルアドレナリン(闘争や感情の高ぶり)に作用する物質でこの神経伝達物質が過剰分泌されることによって、イライラしたり、小さなことでも興奮したりという症状を引き起こします。

    過剰分泌と同時に、セロトニンと呼ばれる精神を落ち着かせる物質を極度に低下させてしまい高ぶりが抑えられなくなってしまいます。

    この影響により、職場で受けるストレスや家族が与えるストレスにより、通常感情を抑えることができる状態がホルモンバランスによる、それぞれが及ぼす影響によりイライラという感情が起きやすくなり、冷静に対応できなくなってしまいがちです。

    更年期障害に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

     

    ビタミン・カルシウムの摂取などの対処

    イライラするとカルシウムが足りない。なんて日常で言葉を聞くと思いますが

    カルシウムは感情のコントロールをしやすい効果があり、積極的に摂取すると効果的です。合わせて、ビタミンCはストレスに抵抗する成分が含まれています。

    健康にいいと言われているエネルギーは、感情部分に対しても影響する作用があります。

    サプリメント、薬によるコントロール、漢方薬など今は世の中で摂取しやすい環境は整っているので自分の体にあったもので調整するのがおすすめです。

     

    更年期障害は足りないものを補えば抑制することも十分可能です。日々のリラックスでストレスをためないことも大事ですが、仕事や家事などで避けられない場合は自分にあった方法で試してみるのも良いかもしれませんね。

    更年期障害の基本情報についての詳しい解説はこちら

    更年期及びそれに伴う更年期障害という言葉をニュースなどで耳にする機会も多くあると思います。だれでも訪れる更年期という期間ですが、必ずしも何か症状が起きるわけではありません。更年期のメカニズムを詳しく解説しています。

    更年期障害に関する基本情報

    参考サイト:リンク先
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。

  • 更年期障害とは?原因や症状そのメカニズムは?

    誰でも経験することになる更年期。更年期障害はこの時期に肉体的、精神的に不調をかかえる病気のことをさします。更年期と呼ばれる時期は、生理(月経)の時期も含め、閉経前後する10年の歳月のことをさしており、時期は多少前後はしますが、初潮と同じように閉経の時期も個人差がありタイミングも異なりますが、一つの年齢的な目安として、45歳から55歳ぐらいの時期を主に更年期といった総称の呼び方をします。

    更年期は、加齢とともに女性ホルモンは年々減少し、主にホルモンの一つエストロゲンの影響が密接に関係していて、卵巣機能が40代前後で急激に低下していきます。
    この体のメカニズムの変化についていけないことにより「更年期障害」がおこります。
    若年性などの言葉も色々ありなる可能性は誰でも等しくあり、女性だけではなく別のメカニズムではありますが男性も発症の可能性を秘めています。

    更年期障害に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。
    更年期障害の不調の症状はどういったものがあるの?

    身体の温度が急激にあがりほてりを感じたり、多汗、突然の大量の汗をかいたり、気分の落ち込みやイライラ。めまいや倦怠感など症状は人それぞれまったく感じない人もいれば、重度に症状が重くのしかかることもあります。
    頭痛や手足のしびれ、耳鳴りや動機などどういった症状が実際この時期に発症しやすいのかも個人差もあり全部を発症する人もいれば、ごく一部、またはまったく発症しない人もいます。
    精神的な症状や肉体的な症状を更年期という言葉ではひとくくりにするのは難しく、更年期の時期に、脳の視床下部、下垂体(かすいたい)の体のメカニズムに働きかけ指令を出しますが女性ホルモンのエストロゲンの低下でうまく伝わらなくなります。
    その指令に対して脳が混乱をきたし、自律神経にも悪影響を与え、それに伴い体に不調症状がでるようになります。
    通常は昼間は仕事もスムーズに行うための自律神経(緊張状態の集中モード)が活発に、夜間は副交感神経(リラックスや睡眠を司る神経)が交互にバランスよく正常な人は機能していますが、更年期の自律神経への働きにより、過敏に自律神経が刺激されて、副交感神経よりも優位に働く状態が継続。そうなってしまうと、副交感神経の働きが鈍くなりリラックスや体を修復する自然治癒力の効果が落ちてしまい、身体が様々な不調を感じるようになります。

    身体に症状をきたした時は診断を受けてどういった問題があるのかきちんと知っておく必要があります。サプリメント、漢方、薬など緩和することもでき、いつまで続くの?かと悩んで不安を抱えてしまうよりは、上手に付き合っていくように考えるのも良いかもしれません。

    更年期障害の基本情報についての詳しい解説はこちら

    更年期及びそれに伴う更年期障害という言葉をニュースなどで耳にする機会も多くあると思います。だれでも訪れる更年期という期間ですが、必ずしも何か症状が起きるわけではありません。更年期のメカニズムを詳しく解説しています。

    更年期障害に関する基本情報

    参考サイト:リンク先
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。