• 肩こりと腰痛が両方ある人はQOLがより低下している――弘前大

     肩こりや腰痛に悩まされている人は少なくない。いずれも生活の質(QOL)を低下させるが、両者が併存している人のQOLは、より大きく低下していることをデータとして明らかにした研究結果が報告された。弘前大学大学院医学研究科整形外科の熊谷玄太郎氏らの研究によるもので、詳細は「BMC Musculoskeletal Disorders」に1月5日掲載された。

     厚生労働省の「国民生活基礎調査」から、日本人の有訴者率(自覚症状を訴える人の割合)の高い症状の上位2位は、肩こりと腰痛の二つであることが分かっている。これらそれぞれの症状とQOLの低下との関連については既に報告されているものの、両者が併存する頻度や、併存した場合にQOLにどのような影響が現れるかは調査されていない。

    肩こり・腰痛に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

     熊谷氏らが行った研究の対象者は、同大学と弘前市などで行っている地域住民対象コホート研究「岩木健康増進プロジェクト」の参加者のうち、関節リウマチや脊椎疾患などのある人を除いた1,122人(平均年齢54.2±15.4歳、男性38.0%、BMI22.7±3.4 kg/m2)。

     過去3カ月間の肩こりや腰痛の症状の有無を質問したところ、両者いずれもない人が31.8%、肩こりのみが22.5%、腰痛のみが16.2%であり、両者が併存している人が29.4%と約3割を占めていた。また、VASスケール(痛みなしが0、想像できる最大の痛みが100)で評価した痛みの強さは、肩こりは男性36.2±23.0、女性37.4±22.0、腰痛は同順に31.0±21.1、31.6±19.8だった。

     本研究では痛みに影響を及ぼす因子の検討、および、痛みの程度とQOLを前記4群で比較検討した。QOLの評価には、身体的側面と精神的側面の双方をスコア化する「SF-36」という指標を用いた。

     まず、身体的な痛みのスコア(VASスケール)と関連する背景因子を検討すると、高血圧である場合や、降圧薬・鎮痛薬・睡眠薬を服用している場合に、肩こりや腰痛の症状が弱い(VASの値が小さい)という有意な関連が認められた。重回帰分析により、これらの因子と年齢、性別、BMIなどで調整後、肩こり(β=-0.073)と腰痛(β=0.143)はそれぞれが独立して痛みの強さと相関し、両者が併存する場合(β=0.243)は、それぞれ単独で存在する場合よりも相関が強いことが分かった。

     SF-36の評価との関連については、男性で肩こりと腰痛が併存している群では、精神的QOL(MCSスコア)が他の全ての群(肩こりのみの群、腰痛のみの群、症状のない群)よりも有意に低いことが明らかになった。また、女性では、身体的QOL(FCSスコア)は腰痛のみの群が最低だったが、併存群は2番目に低い値で、肩こりのみの群や症状のない群よりも有意に低値だった。さらに女性のMCSスコアは、併存群が最も低く、腰痛のみの群や症状のない群との間に有意差が存在した。

     まとめると、肩こりと腰痛の併存は、男性と女性双方のメンタルヘルス状態の悪化と関連しており、女性では身体的QOLが低いこととも関連していた。この結果について著者らは、「肩こりと腰痛が併存する場合、身体的・精神的QOLへの影響がより大きいと考えられる」とした上で、「この知見は、非特異的な肩こり・腰痛の予防や、QOL低下を来す疾患の鑑別に援用できるのではないか」と述べている。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2021年2月15日
    Copyright c 2021 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • 温泉療法・水中運動で痛みが改善する

     温泉などの入浴や、さらにそれに運動などを組合せた治療法(spa therapy)によって慢性疾患による痛みが軽減し、生活の質(QOL)が改善することが、国内外のランダム化比較試験のシステマティックレビュー(メタ解析を含む)の結果から確認された。東京農業大学大学院農学研究科環境共生学専攻の上岡洋晴氏らによる論文が、「International Journal of General Medicine」7月22日オンライン版に掲載された。

     温泉浴や水道水を用いた一般的な入浴を活用した統合医療は、多くの国で行われており、その効果を検証するランダム化比較試験が多数報告されている。それらを対象としたシステマティックレビューも報告されているが、さらにそれらに基づき全体としてはどうなのか、ということをオーバービュー(総括)した研究はほとんど実施されておらず、上岡氏らはその最新の取りまとめを行った。

    治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

     対象論文の採用基準は、何らかの疾患の治療として温泉療法や入浴療法が施行されており、プラセボまたは他の異なる治療介入を対照としたランダム化比較試験に対してメタ解析を実施したシステマティックレビューで、2000年~2019年11月20日までに報告されたもの。アップデートされたシステマティックレビューについては新しい方を採用した。治療対象疾患は限定せず、国際疾病分類11版(ICD-11)にある全ての疾患を含めた。検索に用いたデータベースは、PubMed、CINAHL、Web of Scienceなどで、「温泉療法」「温泉医学」「入浴」などのキーワードを用いた。

     最初の検索でヒットした論文は40編で、そのうち採用基準を満たすものは18編だった。ICD-11に基づき治療対象疾患を分類すると、「筋骨格系および結合組織の疾患」が8編(44%)、「症状、徴候または臨床所見で他に分類されないもの」が5編(28%)、「循環器系の疾患」が4編(22%)、「神経系の疾患」が1編(6%)となった。

     これらの一次転帰を見ると、「痛み(疼痛)」に関しては、入浴に水中運動をプラスしていたか否かを問わず、14編の論文のほぼ全てが有効と報告していた。また「QOL」について検討した5編の論文の全てが有効と報告していた。「体力」や「身体機能」に関しては、筋力やバランス能力、有酸素性能力などが検討されており、入浴に水中運動をプラスして介入した検討では、ほぼ全てが有効性を報告していた。

     一方、水中運動を行わず、温泉浴(浸かる)などだけでは、体力や身体機能への有効性はほとんど認められなかった。「心不全」に関しては2編の論文があり、そのうち1編が有意な効果を報告していた。その他、慢性静脈不全、リンパ浮腫などへの介入効果の検討結果が報告されていたが、いずれも有意な改善は認められていなかった。

     著者らは本研究を、「温泉療法と水中運動のランダム化比較試験を対象とし、2000年代の最新のシステマティックレビューをオーバービューした初の研究」と位置づけ、一連の結果から「温泉療法は、筋骨格系疾患や結合組織の疾患による疼痛緩和に有効であり、QOLを改善することや、何より患者から受け入れられやすいことが特徴である。入浴だけでなく、水中での運動を付加することで、さまざまな疾患の患者の体力と身体機能を改善する可能性がある」とまとめている。

     また、今回の研究により温泉療法や水中運動に一定の有効性が確認されたことから、まだ臨床研究が十分に実施されていない疼痛を伴う慢性疾患における痛みを軽減する効果を発見し得る可能性があることに言及し、それを正しく評価するために「適切にデザインされた研究プロトコルで介入研究を実施する必要がある」と、今後の研究の方向性を述べている。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2020年9月14日
    Copyright c 2020 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • 幼少期の育てられ方と成人後の慢性疼痛が有意に関連――九大

     幼少期の被養育スタイル(育てられ方)が、成人後の慢性疼痛の発症や心身医学的観点での治療の必要性に関与する可能性が報告された。慢性疼痛を訴える人には、養護的ではない過干渉な育て方をされた人が多いという。九州大学病院心療内科の細井昌子氏、九州大学医学研究院の柴田舞欧氏らの研究によるもので、「Medicine」7月17日オンライン版に論文が掲載された。

     慢性疼痛は傷病による直接的な影響のみでなく、心理的因子や社会学的因子などが複雑に関係して発症し難治化することがある。他方、成人後の慢性疾患の一部は、幼少期の体験との関連が認められ、例えば幼少期に親を失うことや虐待を受けた人は虚血性心疾患、消化器疾患などのリスクが高いことが報告されている。しかし、幼少期の被養育スタイルに焦点を当て、成人後の慢性疼痛の難治化との関連を明らかにした研究はこれまでなかった。

    慢性疼痛に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

     細井氏らの研究は、慢性疼痛患者および一般住民を対象として、幼少期の被養育スタイルに関するアンケート調査を行い、その結果を解析したもの。調査対象は以下の4群。慢性疼痛治療のため九州大学病院心療内科を受療中の入院患者50人、同外来患者50人、および、地域住民対象コホート研究である久山町研究の参加者のうち慢性疼痛のある人100人、慢性疼痛のない人100人。いずれも35歳以上とし、精神疾患のある人や日本語を理解できない人は除外し、年齢と性別がマッチするよう調整した上で、コンピューター生成乱数により抽出した。

     被養育スタイルは、親子関係の調査に頻用されるPBI(Parental Bonding Instrument)を用いて対象者自身に16歳までの体験を評価してもらい、養護因子および過干渉因子をそれぞれスコア化した。慢性疼痛は「過去3カ月以上続く痛み」と定義し、過去1週間の痛みの強さをビジュアルアナログスケール(VAS)で評価してもらった。

     被養育スタイルのうちの養護因子スコアを前記の4群で比較すると、慢性疼痛のない地域住民、慢性疼痛のある地域住民、外来患者、入院患者の順で点数が低くなるという有意な関係が認められた(父親についてと母親について、ともに傾向性P<0.001)。それとは反対に過干渉因子スコアは、同順に点数が高くなるという有意な関係が認められた(父親と母親ともに傾向性P<0.001)。

     次に、養護因子スコアと過干渉因子スコアを、既報に基づく以下のカットオフ値でそれぞれを2群に分類した。養護因子については、父親は24.0点未満、母親は27.0点未満を「低養護」と判定、過干渉因子については同順に12.5点以上、13.5点以上を「過干渉」と判定。その上で、「低養護かつ過干渉」に養育された人の割合を検討したところ、慢性疼痛のない地域住民、慢性疼痛のある地域住民、外来患者、入院患者の順に、その割合が増えるという有意な関係が認められた(父親と母親ともに傾向性P<0.05)。

     続いてロジスティック回帰分析により、年齢、性別、配偶者の有無、教育歴、疼痛レベル(VASスコア)を調整の上、慢性疼痛のない地域住民を基準に、「低養護かつ過干渉」に養育された確率のオッズ比(OR)を算出した。その結果、母親については、慢性疼痛のある地域住民がOR2.76(95%信頼区間1.06~7.16)、外来患者がOR5.79(同1.71~19.61)、入院患者がOR6.77(同1.74~26.25)であり、いずれも「低養護かつ過干渉」に該当する確率が有意に高かった。一方、父親については、慢性疼痛のある地域住民がOR1.83、外来患者がOR3.05であったがともに有意でなく、入院患者のOR4.43(同1.24~15.84)のみが有意だった。

     これらの結果を細井氏は、「16歳までの幼少期に受けた養育体験が、中年期以降の慢性疼痛の有無や、それによる心身医療の必要性に影響している可能性がある」とまとめている。なお、本研究の限界点として、疼痛の原因や持続期間を調査していないため、それらの影響が不明であることを挙げ、「この仮説の確認のため、さらなる研究が必要とされる」と述べている。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2020年8月24日
    Copyright c 2020 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • 長引く痛みによる抑うつ状態に、過剰なCRFが関与

    痛みが長引く「慢性痛」では、しばしば気分が落ち込む「抑うつ状態」になることはよく知られている。あたかも当然と思われがちな両者の関係は、実はこれまで詳細なメカニズムが不明だったが、脳内で分泌されるCRF(コルチコトロピン放出因子)という物質が脳内報酬系を抑制するために引き起こされることが新たな研究でわかった。北海道大学薬学研究院薬理学研究室の南雅文氏らの研究グループが明らかにしたもので、詳細は「The Journal of Neuroscience」8月26日オンライン版に掲載された。

    CRFは、さまざまなストレスを受けた時に脳内で分泌されるペプチドで、ストレスホルモンの遊離を促し、全身性のストレス反応を引き起こすことが知られている。また扁桃体などで分泌されるCRFは、不安や恐怖などのネガティブな情動の発生にも関与している。

    慢性痛に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    お近くの治験情報を全国から検索できます。

    研究グループはまず、慢性痛のモデルラットを作製。それを用いた検討から、慢性痛によって脳内の分界条床核という部分の神経情報伝達に乱れが生じることを見いだした。そしてこのモデルラットでは、分界条床核、および分界条床核と機能的に関連している扁桃体中心核という領域で、CRFの遺伝子発現が増えていることを確認した。

    続いてラットの分界条床核にCRF受容体拮抗薬を投与し、CRFの働きを抑制する実験を行った。すると、CRFを抑制すると慢性痛により生じていた神経情報伝達の変化が回復することがわかった。このことから、慢性痛によって生じる分界条床核内の過剰なCRFが神経情報伝達の乱れの原因であることが示唆された。

    次に、分界条床核内のCRFによって乱れた神経情報伝達を遮断し、脳内報酬系への影響を検討した。脳内報酬系は、ヒトや動物が報酬を与えられた時などに活性化する神経系で、その活性化にはドパミン神経が重要な役割を果たしている。今回の検討の結果、乱れた神経情報伝達の遮断によって、ドパミン神経の活動が上昇することが明らかになった。

    ドパミン神経の活動低下はうつ病と関連すると考えられている。また、慢性痛によってドパミン神経活動が低下することが報告されている。研究グループでは、これらの知見と今回の検討結果をあわせて考察し、慢性痛時に分界条床核内でCRFが引き起こす神経情報伝達の乱れが、脳内報酬系で中心的な役割を担っているドパミン神経を持続的に抑制し、抑うつ状態が引き起こされると考えられるとまとめている。

    脳内報酬系は「快情動」や「やる気」を司っており、うつ病では脳内報酬系の機能が低下するために、楽しいはずのことが楽しくなくなる(快情動の喪失)、やる気がなくなるといった状態が引き起こされると考えられている。CRFをターゲットとした今後の研究により、慢性痛による抑うつ状態だけでなく、うつ病の新規治療薬の創薬も期待される。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先リンク先2
    HealthDay News 2019年10月7日
    Copyright c 2019 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • 一般的な肩の手術、偽手術を上回る効果認められず

    肩の痛みに対して実施されている一般的な手術の有効性に疑問を投げかけるランダム化比較試験(RCT)の結果が「The Lancet」11月20日オンライン版に掲載された。

    肩甲骨の一部である肩峰の痛みが続いている患者を対象に関節鏡視下肩峰下除圧術を実施しても、手術を実施しない場合を上回る症状の緩和はみられなかったという。

    肩の痛みは仕事や家事などに支障をもたらし、深刻な問題となりうる。
    米国では肩の痛みによる受診件数は年間450万件に上る。肩の痛みの約7割は肩峰の痛みが原因とされているが、その治療法の一つとして広がっているのが関節鏡視下肩峰下除圧術だ。
    これは、関節鏡と呼ばれる内視鏡を皮膚にあけた小さな穴から挿入し、関節の内部を確認しながら肩峰を削って関節内の摩擦や引っ掛かり(インピンジメント)を軽減するというもの。
    英国ではその実施件数は2000年の2,523件から2010年には2万1,355件に増加したという。

    痛みに関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    お近くの治験情報を全国から検索できます。

    今回報告されたRCTは、この手術の有効性について検証するために英オックスフォード大学教授のAndrew Carr氏らが英国内の32施設で実施した。
    試験では、理学療法やステロイド注射などの非外科的治療を受けても肩峰の痛みが3カ月以上続いており、回旋筋腱板の腱の接触が認められる患者313人(平均年齢53歳、女性が50%)を(1)関節鏡視下肩峰下除圧術群(以下、手術群)、(2)偽手術群、(3)経過観察のみの群―の3群にランダムに割り付けた。
    偽手術群では関節鏡を用いて関節の内部を確認するが、手術は行わなかった。

    試験開始から6カ月後および12カ月後には患者に肩の症状(痛みと機能)の程度を0~48点(点数が高いほど症状が軽い)で評価してもらった。

    その結果、6カ月後および12カ月後のいずれの時点においても、経過観察群を含む全ての群で肩の症状が改善していた。
    6カ月後の症状の評価スコア(平均)は手術群で32.7点、偽手術群では34.2点で、両群間に有意差はなかった。
    一方、経過観察群の評価スコアは29.4点で、手術群および偽手術群と比べると有意に低かったが、実際の症状に明らかな差はなかった。

    Carr氏は同誌のプレスリリースで「関節鏡視下肩峰下除圧術は肩の痛みを訴える患者の症状を緩和し、有害事象や合併症のリスクは低いと信じられ、30年以上にわたって実施されてきた。

    しかし、今回のわれわれの試験から、全く治療をしない場合と比べればわずかに効果がある可能性はあるが、偽の手術を上回るベネフィットはないことが分かった」と説明している。

    この試験結果に対し、ラドバウド大学医療センター(オランダ)のBerend Schreurs氏は、同誌の付随論評で「信頼に足る研究グループによる今回の報告が、今後の日常診療に変化をもたらすことを期待している。
    合併症リスクが低くても得られるメリットがなければ高額な外科手術を実施すべきではない」としている。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2017年11月21日
    Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • 中国式マッサージ専門のロボットが登場

    将来、背中や腰の痛みを軽減するためのマッサージはロボットが担当するのが当たり前という時代が来るかもしれない。

    シンガポールで開発されたロボットのマッサージ師“Emma(Expert Manipulative Massage Automation)”が、同国内の中医学(Traditional Chinese Medicine;TCM)を専門とするクリニックで治療を開始したという。開発者らによると、Emmaによるマッサージの質は経験豊富なマッサージ師と同等だという。

    Emmaを開発したのは、南洋理工大学(シンガポール)の研究者らが立ち上げたベンチャー企業AiTreat。
    ヒトの手のひらと母指を模したアームの先端を動かし、背部や膝に対して推拿(すいな)と呼ばれる中国式マッサージを行う。

    Emmaには腱と筋肉の硬さを感知するセンサーが装備されており、それぞれの患者に最適なマッサージを行うだけでなく、患者ごとに治療の経過も記録される。
    アームの先端はシリコン製で柔らかく、暖めて使用すれば機械が触れることによる不快感はないため、プロのマッサージ師による施術とほとんど区別がつかないという。

    Emmaは既にシンガポールのノバヘルス中医学クリニックで10月9日から使用されている。
    AiTreatの創設者で開発チームを率いたAlbert Zhang氏は、「大きな労力を要するマッサージをEmmaに任せることで、現在いるマッサージ師はEmmaには対応できない頸部や四肢、関節などのマッサージにより時間をかけることができ、これまで以上に質の高い治療を提供できる。
    また、Emmaを導入すれば、より少ないスタッフでクリニックを運営できる」と説明。
    今後、人口の高齢化で増加するとみられている慢性疼痛に対し、低コストで一定の質を保ったマッサージを行えるようになるのではないかと期待を示している。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2017年10月12日
    Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • 運動で膝の痛みを緩和      

    膝に痛みがあるときは、運動せずに休んだ方がよいと思うかもしれませんが、定期的な運動をすると膝が強化され、痛みを緩和することができます。以下の点に注意しながらトライしてみましょう。

    • 最初は少しずつ運動を始めましょう。時間をかけて、筋力がついたと感じたら反復回数や負荷を増やしていきましょう。
    • ある程度の苦痛があるのは正常ですが、痛みがあるのは問題です。痛みを感じるときは運動を中止しましょう。
    • 翌日に痛みが出るほど無理をしてはいけません。
    • どのくらいの頻度で運動すればよいか、どのような種類の運動をするべきかを医師に相談しましょう。
    運動に関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    お近くの治験情報を全国から検索できます。

    情報元:米国整形外科学会(AAOS)
    HealthDay News 2017年6月28日
    Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。