• 米国人男性の9人中1人に口腔内HPV感染

    近年、口腔内のヒトパピローマウイルス(HPV)感染が認められる頭頸部がん患者が劇的に増加している。

    こうした中、米国では口腔内にHPVが感染した18~69歳の男性が約1100万人に上るとの研究結果が「Annals of Internal Medicine」10月17日オンライン版に掲載された。
    これは、同年齢層の米国人男性の9人に1人に相当する。
    特に複数のオーラルセックスのパートナーがいる男性や、ゲイまたはバイセクシャルの男性、HPVの性器感染もある男性で口腔内HPV感染者の割合が高かったという。

    この研究を実施したのは、米フロリダ大学ヘルスサービスリサーチ学部のAshish Deshmukh氏ら。
    同氏らによると、近年、口腔内HPV陽性で、かつ頭頸部がんの一種である中咽頭扁平上皮がんを発症する患者が増えており、この20年間に中咽頭扁平上皮がんの罹患率は約300%上昇したという。
    そこで同氏らは今回、2011~2014年の米国民健康栄養調査(NHANES)のデータを用いて18~69歳の男女における口腔内HPV感染率について調べた。

    その結果、口腔内HPV感染率は男性で11.5%、女性で3.2%と女性に比べて男性で圧倒的に高かった。
    これは、同年代の米国人のうち男性は1100万人、女性は320万人が感染していることに相当する。
    また、高リスクの型として知られる16型のHPVに口腔内感染している割合も、女性の0.3%に対して男性では1.8%と6倍で、170万人の男性が16型に感染していると推定された。

    子宮頸がんに関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    特定のセックスパートナーがいる人における高リスク型のHPV感染率は男性で12.7%、女性で3.6%だったが、2人以上の同性のオーラルセックスパートナーがいる男性では高リスク型HPV感染率は22.2%と高かった。
    さらに、HPVの性器感染がみられる男性では、性器感染がない男性と比べて口腔内にもHPVが感染している割合が約4倍だった(19.3% 対 4.4%)。

    このほか、黒人や喫煙者(1日20本以上)、マリファナ使用者、生涯に腟またはオーラルでのセックスを経験したパートナーの数が16人以上という人では高リスク型のHPVに口腔内感染している確率が高いことも分かった。

    この研究結果を踏まえ、Deshmukh氏は「HPV感染の予防に有効なワクチンがあるにもかかわらず、男児の接種率は低い。また、リスクの高い男性の多くは26歳以上でワクチン接種の対象から外れている上、既にHPVに曝露してしまっている場合もあると考えらえる」と指摘。

    「がん予防のため、男児の接種率を上げる必要がある」と話している。

    なお、米国ではHPVワクチンは性的活動が始まる前の接種が推奨されており、11~12歳で6~12カ月の間隔を空けて2回接種するのが望ましいとされている。
    ただ、2014年の接種率は女児の57%に対して男児では35%にとどまっていたことが報告されている。

    一方、米ジョージ・ワシントン大学グローバルヘルス学部教授のPatti Gravitt氏は、研究の付随論説で「口腔内HPV感染については未知の部分も多い。
    例えば、口腔内HPV感染率が性器HPV感染率よりもはるかに低い理由や、女性よりも男性の方が口腔内HPV感染率が高い理由は依然として不明だ」と指摘している。
    その上で「極めて効果の高いワクチンがあるにもかかわらず、接種を勧めない医師も多い」として、「HPV感染から人々を守るために、われわれはもっと手を尽くす必要がある」と強調している。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2017年10月16日
    Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • 「細胞診の代わりにHPV検査のみでもOK」子宮頸がん検診で指針案

    米国予防医療作業部会(USPSTF)は9月12日、子宮頸がん検診に関する新たな勧告の草案を公表し、「30~65歳の女性は細胞診(Pap検査)の代わりにヒトパピローマウイルス(HPV)検査のみによる検診を選択してもよい」とする見解を初めて示した。

    また、これまでは細胞診とHPV検査の同時検査が検診の選択肢の1つとして示されていたが、今回の草案では同時検査は推奨されていない。

    今回の草案は、USPSTFが2012年に公表した勧告の改訂案としてまとめられたもの。
    2012年版では、30~65歳の女性が受けるべき子宮頸がん検診の選択肢として「細胞診を3年ごと」または「細胞診とHPV検査の同時検査を5年ごと」が推奨されていた。

    これに対し、草案では同年齢層の女性は「細胞診を3年ごと」または「HPV検査を5年ごと」のいずれかによる検診を選択することが推奨されている。なお、21~29歳の女性に対しては、これまで同様、細胞診を3年ごとに受けることが推奨されている。

    子宮頸がんの治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    米マウントサイナイ・ダウンタウン・チェルシーセンターの産婦人科医であるStephanieBlank氏は、2012年版からの最大の改訂点として「新たな勧告では30~65歳の女性に対し、細胞診とHPV検査の併用は推奨せず、いずれか一方だけでよいとしている点」を挙げている。
    草案には、このような改訂の根拠として「エビデンスに基づくと、両検査を受けた場合と一方のみの場合で死亡率に差がみられなかったため」とする説明が記されている。

    このほか、新たな勧告では21歳未満の女性および65歳以上の女性(ただし、それまで定期的に検診を受けてきた女性に限定)、また年齢にかかわらず子宮摘出術を受けたことがあり、子宮頸部がない女性に対しては、「子宮頸がん検診は不要」との見解が示されている。

    今回の草案をまとめたグループの一員である米カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)医学部一般内科学教授のCarolMangione氏は、USPSTFのプレスリリースで、「子宮頸がんは早期に発見、治療すれば治る可能性が高いがんだ」と強調。

    その上で、「子宮頸がん患者の多くを定期的な検診や治療を受けていない女性が占めている。
    死亡率を抑えるためには、適切な検査と治療が不可欠だ」と指摘している。

    なお、米ウィンスロップ大学病院婦人科腫瘍学のEvaChalas氏によると、欧州の一部の国では既に子宮頸がんの一次検診としてHPV検査が導入されており、細胞診は二次検診でのみ実施されているという。

    また、同氏は「前がん病変とがん病変のいずれについても、HPV検査の検出精度は従来法を上回っていると考える医師は多い」と話し、「米国の婦人科腫瘍学会(SGO)も一次検診の選択肢の1つとしてHPV検査を推奨している」と付け加えている。

    なお、Blank氏は「子宮頸がん対策ではHPV感染の予防と発見に取り組むことが不可欠」との見解を示し、「特に若年期のHPVワクチン接種は極めて重要」としている。

    その上で、「自分に合った検査の種類と頻度については、医師に相談すべき。ガイドラインは万人に当てはまるものではない」と話している。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2017年9月12日
    Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • 子宮がん検診ってすごく大事!手遅れにならないために

    子宮がん検診について

    子宮がん検診を受けて早期発見できれば早期治療ができる病気ということはご存知でしょうか?産婦人科や検診機関で受けられる子宮がん検診を定期的に受けることが大切です。本記事は、子宮がんとはから検診内容についてご説明します。

    1. 1. はじめに
    2. 2. 子宮がんとは
    3. 3. 子宮がんの症状 可能性のある人
    4. 4. 子宮がん検診の検査項目、見方、料金
    5. 5.子宮がんにならないために
    6. 6. まとめ

    はじめに

    現在、日本人の2人に1人は一生の間に一度はがんにかかると言われています。
    その中でも子宮がん(特に子宮の入り口付近にできる子宮頸(けい)がん)は検診による早期発見・早期治療により、治癒の望めるがんの一つです。
    今回は子宮がんとは何か、原因、そして検診や予防法について説明します。

    子宮癌の治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索

    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    子宮がんとは

    子宮がんってどれくらいいるの?
    2012年の1年間に子宮がんと診断された女性(罹患(りかん)数)は約25,000人います。女性の罹るがんの中では、乳がん、大腸がん、胃がん、肺がんに続いて5番目に多いがんになります。
    また、2014年の1年間に子宮がんで亡くなった女性(死亡数)は約6,400人に上ります。部位別の死亡数は大腸がん、肺がん、胃がん、膵臓がん、乳がんの順に多くなっています。

    子宮がんには2種類ある
    子宮がんは、がんのできる場所によって2種類に分類されます。子宮の入り口付近(足側)にできるがんを子宮頸(けい)がんと言います。それに対して、子宮の奥(お腹側)にできるがんを子宮体がんと言い、婦人科がんの中で最も多いのは子宮体がんです。この2種類はそれぞれ罹りやすい年齢・治療方法・予後いずれも異なるため注意が必要です。

    (1)子宮頸がんはなぜ起こるの?
    子宮頸がんの多くはヒトパピローマウイルス(HPV)に感染することによって起こります。HPVは性交渉によって感染します。しかしHPVに感染すると必ずがんに至るわけでなく、ほとんどの場合は感染しても自然に排除されます。また、喫煙も子宮頸がんのリスク要因(子宮頸がんになりやすい)になっています。

    (2)子宮体がんはなぜ起こるの?
    子宮体がんのほとんどはエストロゲンという女性ホルモンの影響を長期間受けることによって発生します。したがって子宮体がんのリスク要因として、肥満(※1)、初潮が早い(10歳以下)、閉経が遅い(55歳以上)、出産経験がない・少ないなどが挙げられます。
    ※1 脂肪細胞からエストロゲンに似たホルモンが分泌されるため。

    子宮がんの症状 可能性のある人

    子宮頸がんの多い年齢
    子宮頸がんは、年齢別では20代後半から40歳前後までの若い女性に多くなっています。最近は罹患率(がんに罹る率)も死亡率も若い世代では増加傾向にあります。この背景には性交渉の低年齢化、検診受診率の低さなどがあると言われています。

    子宮頸がんの症状
    初期症状はほとんどありません。現れる症状としては、性行為時の出血、月経の量や期間が長引く、普段とはおりものの量や性質が変わるなどです。これらの症状がある場合は、婦人科を受診しましょう。

    子宮体がんの多い年齢
    子宮体がんは、40代から60代の女性の罹患率が多く、近年は食生活の欧米化や晩・非婚化などの影響もあって増加傾向にあります。

    子宮体がんの症状
    子宮体がんの症状は、不正出血(月経とは関係なく出る性器からの出血)、おりもの、排尿痛や排尿困難、性交痛、骨盤の痛みなどがあります。これらの症状がある場合は、婦人科を受診しましょう。

    子宮がん検診の検査項目、見方、料金

    上述したように、がんの症状が出ることもありますが、子宮がんの初期症状はほとんどありません。そのため、自覚症状がなくても定期的に検診を受けることが早期発見のために重要となってきます。
    対象者
    20歳以上の女性になります。2年に1度は検診を受けましょう。
    検査項目

    • (1)問診

    質問項目に答えるものです。主な質問項目は、子宮がん検診の受診有無、妊娠・出産歴、不正出血や痛みの有無、月経周期などです。

    • (2)視診

    クスコ(膣鏡)という専用の道具を膣に入れて、子宮頸部の状態を診ます。炎症の有無やおりものの状態などを確認します。
    ちなみにクスコにも色々なサイズがあり、例えば経産婦(出産経験のある人)さんとそうでない人では使用するサイズを変えます。その人のサイズにあったクスコを使用しているため、特に痛み等はありません。

    • (3)細胞診

    専用の綿棒を膣から入れて子宮頸部や膣部の粘膜を採取した後、顕微鏡で観察します。1、2分かけて軽くこすり取るような感じで検査します。月経直前・直後は検査ができないため(細胞診に必要な細胞の採取が難しくなります)、細胞診をする際は注意しましょう。
    細胞診によって、がん細胞になる前段階の正常でない細胞を見つけることができるのが強みです。

    • (4)内診

     一方の手(指)を膣から入れて、もう一方の手で腹部を押さえて挟み込むようにしながらしこりや腫れがないかを触診します。この方法を双合(そうごう)診と言います。

    • (5)コルポスコープ(膣拡大鏡)検査

    (1)~(4)の検査を行って必要があると判断された場合に追加で行うことの多い検査です。コルポスコープという機器を使って子宮頸部や膣部の表面を拡大して細かく観察します。
     
    これらの検査項目は血液検査や胃カメラなどとは異なり、食事の有無に関わらず検査することができます。
    いずれの検査も基本的に痛みを伴うものではありません。しかし、炎症やただれなど子宮頚部から膣部にかけて何らかの異常がある場合は、痛みや検査後の軽度の出血など苦痛を伴うことがあります。

    料金
    検診を受ける機関によって料金は変動するものの、問診・視診・細胞診・内診のセットで3000円から4000円程度のところが多いです。
    住んでいる自治体または職場から補助金がもらえる場合がありますので、自治体のホームページなどを確認しましょう。

    検診を受けられる場所
    婦人科のある病院または健診機関になります。

    子宮癌の治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索

    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    子宮がんにならないために

    子宮がんに罹らないためには、がんのリスクを高める要因を一つ一つ排除していく必要があります。
    ここでは子宮がんの予防法について説明します。

    不特定多数の人と性交渉しない
    子宮頸がんはほとんどがヒトパピローマウイルスに感染することによって起こります。実はヒトパピローマウイルスにも100種類ほどあり、その中の数種類のみが子宮頸がんの発生に関わるとされています。そのため、自分やパートナーが多くの人と性交渉をすればするほど、がんの原因となるウイルスに感染する危険性が増すことになります。

    ヒトパピローマウイルスに感染しても、子宮頸がんになる可能性は高くありませんし、がん化するまでに5年から10年の時間を要すると言われています。しかし、すでに不特定多数の人と性交渉の経験がある女性は、毎年がん検診を受けることをお勧めします。

    性交渉の経験がある人は検診を受ける
    最近は初めて性交渉をする年齢がどんどん若くなっており、それが20代から30代の若い世代に子宮頸がんが増加している一因とされています。そのため、たとえ20歳未満であっても性交渉の経験がある人はがん検診を受けましょう。

    禁煙する
    子宮がんに限ったことではありませんが、様々ながんは喫煙によってリスクが高まります。禁煙によって、非喫煙者レベルまで子宮がんの発生を抑えることができると言われています。

    子宮頸がんワクチンを受ける
    現在日本の子宮頸がんワクチンには、サーバリックスとガーダシルという2種類のワクチンがあります。これらのワクチンによって90%以上の子宮頸がんを予防したとされています。インフルエンザワクチンなどと同様に、予防効果は100%でなく、接種したからといって子宮がんに罹らないということではありません。接種後も検診と合わせた予防対策が必要です。

    しかし、ごく一部ですが以下のような症例があります。予防接種後に慢性疼痛や神経障害などの副反応が数十例ほど出ていると報告があり、2013年に厚生労働省は因果関係を否定できないものの、現在は積極的な接種勧奨はしないとしています。

    まとめ

    20代から60代という若い世代に増加している子宮がんを予防し、早期発見・早期治療につなげるためには、好発年齢やリスク要因、症状、予防接種のメリット・デメリット、検診について知識を得て、自分に合った方法を取ることが大切です。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。