• 動脈スティフネスの進行度に遺伝的要因が影響か 進行抑制には有酸素運動が効果的、産総研

    血管収縮因子であるエンドセリン(ET)受容体の遺伝子多型に特定のパターンを持つ人は、加齢に伴う動脈壁の硬化(動脈スティフネス)が増大しやすい可能性があることを産業技術総合研究所(茨城県)人間情報研究部門の菅原順氏らの研究グループが突き止めた。

    一方で、この10年間に及ぶ観察研究からは、動脈スティフネスが進行しやすい遺伝的要因があっても、有酸素運動を習慣的に行うことでこのリスクを低減できる可能性があることも示唆された。詳細は「Journal of Applied Physiology」11月2日オンライン版に掲載された。

    心血管疾患のリスク因子である動脈スティフネスは加齢とともに増大することから、心血管疾患の一次予防には動脈壁の硬化をいかに予防するかが重要と考えられている。
    また、これまで動脈スティフネスの進行予防や改善には習慣的な運動が有効とする報告がなされているが、同じ対象者を長期にわたって観察した研究はほとんど行われていなかった。
    研究グループは今回、動脈スティフネスの進行度への遺伝的な要因による個人差や習慣的な有酸素運動による影響を調べるため10年間の追跡調査を行った。

    対象は、2003~2005年に動脈スティフネスの指標である上腕足首間脈波伝播速度(brachial-ankle pulse wave velocity;baPWV)を計測したボランティアの成人男女92人。初回参加時の平均年齢は52歳で、51人が男性であった。

    動脈スティフネスに関する治験・臨床試験(新しい治療薬)情報はこちら
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    参加者には習慣的な運動習慣について尋ね、有酸素運動量を1週間当たりの消費カロリー(METs×時間)として推定した。
    また、血管の緊張度の制御に関わるET-A受容体(血管収縮作用に関与)とET-B受容体(血管拡張作用に関与)の遺伝子多型のパターンを調べた。

    解析の結果、10年間のbaPWVの増加量は、ET-A受容体の遺伝子多型がT/T型の場合と比べて、T/C型とC/C型の場合に有意に高く、ET-B受容体の遺伝子多型ではA/A型およびA/G型の場合と比べてG/G型の場合に有意に高かったことから、動脈スティフネスの進行度にはET受容体の遺伝子配列パターンが関係することが分かった。

    また、ET-A受容体がT/C型またはC/C型の場合とET-B受容体がG/G型の場合をETに関連する遺伝子リスクと仮定すると、これらのリスク因子の保有数が増えるほどbaPWVの増加量が増えていた。

    さらに、参加者を1週間の有酸素運動量で(1)運動量が少ない群(5METs×時間未満)、(2)運動量が中程度の群(5METs×時間以上、15METs×時間未満)、(3)運動量が多い群(15METs×時間以上)の3群に分けて10年間のbaPWVの増加量を比較したところ、運動量が最も多い群では他の2つの群と比べてbaPWVの増加量が3分の1程度に抑えられていた。

    有酸素運動量とET関連遺伝子の保有リスク数はいずれも独立した動脈スティフネス進行のリスク因子であることも分かった。

    以上の結果から、菅原氏らは「ETに関連する遺伝子多型に特定のパターンを持つ人は加齢に伴う動脈スティフネスの進行度が高い一方で、こうした人でも有酸素運動を習慣的に行うことで動脈硬化の進行を抑制できる可能性がある」と結論づけている。

    また、15METs×時間以上の活動量は速歩やジョギングを1日30~60分、週4~5日行うことに相当し、今回の調査で運動量が多かった参加者は運動を過去10年間継続していると回答していたことから、「こうした有酸素運動の効果は短期的なものではなく、日々の積み重ねによる継続的な効果だと考えられる」と付け加えている。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2017年11月20日
    Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • 「朝食抜き」で動脈硬化症リスク2.5倍

    朝食を取らない人は、朝食をしっかりと取る人に比べてアテローム性動脈硬化症のリスクが高いという研究結果が「Journal of the American College of Cardiology」10月10日号に掲載された。

    中年期の成人では、特に高カロリーの朝食を取ることで動脈内にプラークが沈着しにくくなる可能性が示されたという。

    アテローム性動脈硬化症は、血管内に脂肪やカルシウムなどが堆積してプラークを生じることで血管が硬く狭くなってしまう病態で、心筋梗塞や脳卒中などを引き起こすこともある。

    今回の研究では、心血管疾患の既往のない40~54歳のスペイン人を対象に無症状のアテローム性動脈硬化症に関する追跡調査を行った前向きコホート研究である「PESA研究」の一環として、冠動脈石灰化スコアと血管の超音波検査、生活習慣の調査データを入手できた4,052人の横断解析を実施した。

    3つの朝食パターンに分類した結果、対象者の3%が朝食抜き(1日のカロリー摂取量に占める朝食の割合が5%未満)で、70%が低カロリーの朝食(1日のカロリー摂取量の5%以上20%以下)、27%が高カロリーの朝食(1日のカロリー摂取量の20%超)を取っていた。

    朝食抜き群では約75%に無症状のアテローム性動脈硬化症がみられたのに対し、低カロリー朝食群では64%、高カロリー朝食群では57%にとどまった。

    動脈硬化の治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索
    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

    朝食を取っている人たちは他の面でも健康的で、果物や野菜、魚介類、脂の少ない肉を食べる頻度が高く、肥満や高血圧、糖尿病、脂質異常症のある比率も低かった。
    しかし、こうした従来知られている心血管リスク因子を考慮して解析しても、朝食を抜くこと自体が全般的なアテローム性動脈硬化症のリスク上昇に関連することが分かった(オッズ比2.57、95%信頼区間1.54~4.31)。

    この研究は朝食抜きが血管に害を及ぼすという因果関係を証明しているわけではないが、研究を率いた米タフツ大学フリードマン栄養科学政策学部のJose Penalvo氏は「朝食を食べないことがアテローム性動脈硬化症リスクに影響する理由はいくつか考えられる」と指摘。
    「多くの場合、朝食を抜くことは悪い習慣の一端に過ぎない。朝食を取らない人は外食も多い傾向があり、栄養学的に好ましくないインスタント食品を選びがちだ。
    さらに、食欲を調節するホルモンや血糖値、インスリンの分泌にも、朝食を抜くことが悪影響を及ぼす可能性がある」と説明している。

    Penalvo氏は「健康的な朝食を取ることは、楽しみながら心疾患のリスクを低下させる手段になり得る」とした上で、「全般的な食生活に気を配り、定期的な運動など他の良い習慣を取り入れることも欠かせない」とアドバイスしている。

    治験に関する詳しい解説はこちら

    治験・臨床試験は新しいお薬の開発に欠かせません。治験や疾患啓発の活動を通じてより多くの方に治験の理解を深めて頂く事を目指しています。治験について知る事で治験がより身近なものになるはずです。

    治験・臨床試験についての詳しい説明

    参考情報:リンク先
    HealthDay News 2017年10月2日
    Copyright c 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。
  • 手指の関節可動制限が頸動脈アテローム性硬化症と関連 -日本人2型糖尿病患者で検討-

    日本人2型糖尿病患者では、手指の関節動作が制限される関節可動制限(limited joint mobility)は頸動脈アテローム性硬化症と関連し、特に頸動脈エコー検査で評価したプラークスコアと強く関連することが、市立大津市民病院(滋賀県)内科の峠岡佑典氏と京都府立医科大学大学院内分泌・代謝内科学の橋本善隆氏、福井道明氏らの研究グループの検討で分かった。

    日常診療で診断しやすい手指の関節可動制限の有無は、2型糖尿病患者における無症候性動脈硬化症の有用な評価指標となる可能性があるという。詳細は「Diabetes Research and Clinical Practice」7月20日オンライン版に掲載された。

     糖尿病患者を含めた心血管疾患高リスク患者の転帰を改善するには、無症候性の動脈硬化症を早期に発見し治療することが重要とされる。峠岡氏らは今回、糖尿病合併症の1つに挙げられ、細小血管合併症との関連が指摘されている「手指の関節可動制限」に着目。2型糖尿病患者を対象とした横断研究を行い、手指の関節可動制限と頸動脈内膜中膜肥厚(IMT)およびプラークスコアで評価した頸動脈アテローム性硬化症との関連を調べた。

    2型糖尿病の治験・臨床試験(新しい治療薬)情報をsmtで検索

    郵便番号を入力すると、お近くの治験情報を全国から検索できます。

     峠岡氏らは、2012~2014年の連続した外来2型糖尿病患者341人を対象に頸動脈エコー検査を行い、頸動脈IMTとプラークスコアを評価した。手指の関節可動制限の診断には、prayer sign(指を伸ばして両手を合わせ、両手指の間に隙間が空かないかを確認する)とtable test(テーブルの上に手指を隙間なく置けるかを確認する)を用いた。

     その結果、全対象患者のうち72人に手指の関節可動制限が認められた。解析の結果、手指の関節可動制限が認められた患者では、可動制限が認められなかった患者に比べて頸動脈IMTとプラークスコアが有意に高かった(それぞれ1.45±0.66mm対1.14±0.68mm、P=0.013、8.0±5.3mm対5.4±4.8mm、P<0.001)。

     また、多変量線形回帰分析の結果、年齢や性、糖尿病罹病期間、BMI、HbA1c値などの複数因子を調整しても手指の関節可動制限はプラークスコアと有意な正の関連を示すことが分かった。

     以上の結果を踏まえ、峠岡氏らは「2型糖尿病患者に併存する心血管疾患やそのリスクを予測するサロゲートマーカーとしては頸動脈エコー検査でIMTやプラークスコアを測定することが重要であるが、外来で簡便に確認できる手指の関節可動制限の有無も無症候性動脈硬化症の有用な評価指標となる可能性がある」と述べている。

    糖尿病の基本情報についての詳しい解説はこちら

    糖尿病とは? 血糖値や症状に関する基本情報。体内のインスリン作用が不十分であり、それが起因となり血糖値が高い状態が続いていきます。症状など分類別に解説しています。

    糖尿病とは?血糖値や症状に関する基本情報

    Abstract:リンク先
    HealthDay News 2017年8月28日
    Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.
    SMTによる記事情報は、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。
    病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。
    記載記事の無断転用は禁じます。